薄毛が改善してから激変した3つのこと

私がAGA治療をして薄毛が改善してから、変わったことは沢山あります。 例えば結婚できたとか物凄く分かりやすいものであったり(笑) 小さな変化は沢山あるのですが、激変レベルで変化したことが3つあるので、まとめました。

1. 服が圧倒的に似合うようになった

私は元々服が好きでした。AGAが発症する前の20歳の頃など、週に3回は代官山や下北沢に通っていました。アパレルのECショップが発達してからは、ファッション通販のZOZOTOWNを見るのも大好きです。

だから余計に、薄毛が進行してからはファッションが台無しになるのが悲しくて仕方がありませんでした。

ファッションはトータルのコーディネートが命です。どこか一部分がおかしいと、そのファッションは台無しになりますよね。よく「お洒落は足元から」などと言われますが、それは「髪の毛があって当たり前」という前提の、恵まれた人の考え方です。

私にとっては、足元よりも髪型が大問題でした。靴は買えばいいだけです。いくらでもお洒落出来ます。しかし薄毛になった頭は、帽子を被る・坊主にする・スキンヘッドにする、以外の有効な活かし方が、未だにファッション業界でも確立されていません。

いえ、薄毛でもおしゃれな人はいるんです、TVの中とかに。でも正直参考になりにくいです。だいたいが髭を生やしていたり、ちょっと特別な業界だからこそ可能なようなアクセントでお洒落になっているんです。

また、帽子で隠している場合は、脱いだ時のインパクトがギャップになって恥ずかしいんですよね。もちろん何度もあっている相手ならいいですよ。そうではなく初対面の人とか、新しく出会った女性などに対して、薄毛を隠していた帽子を脱ぐ瞬間というのはなかなかドキドキするものです。

薄毛が改善してからは、圧倒的に似合う服が増えました。帽子も絶対必要、ではなくなったので、コーディネートに合わせて被りたければ被ればいいです。服が好きであった私自身、この変化は劇的なものでした。薄毛になる前の懐かしい感覚が蘇りましたね。

2. 明らかに女性受けが変わった

やっぱりココだと思います、肝は。薄毛になったことがない人はよく言うんですよ。

「薄毛なんて誰も気にしてないよ」「俺は気にしないよ」「彼氏がハゲても嫌いになることはない」etc… だから自分が思うほど心配する必要はない、それよりも堂々とした内面が大事だと。

わかります。非常に言いたいことは分かります。しかし、私が問題にしてるのはそこじゃない。そこじゃなかった。

初対面の女性が、彼氏を選ぶ際にハードルになる

ということが問題なんですよ!ここはハッキリとハンデになると断言させて頂きます!なぜ、結婚前の女性が、それも男を選べる時期の女性が、自分の彼氏に、「あえて」薄毛を選びましょうか?

薄毛で無い男性も大勢いるのに。まだ内面は知ってもらえていません。でもだからこそ、シャットアウトされることがどれだけ多かったか。もちろん薄毛だけのせいにするつもりはありません。でも私がこれまで何度も目にしてきたアンケートでも以下の結果が出ていることは事実です。

20代独身女性の半数が、薄毛は恋愛対象に「ならない」と答えています。

それで、前述した「彼氏がハゲても嫌いになることはない」という女性。すでに付き合った後に禿げてきても、嫌いにならないんですよ。それはそうですよね。愛情を深めた後であればアバタもエクボになっていくものですから。

でも、初対面でハゲている というハードルはなかなかのものですよ。

実際に薄毛が改善してからは、ハゲていた頃の自分と大きく女性ウケが変わりました。薄毛だと髪の毛の手入れをしていても、どうしても髪がまばらになるので「不潔」に見えやすいということもありました。不潔なのは女性が嫌う大きなポイントなので、そういった面が改善されたのも大きいと思っています。

このブログで書いている通り、私はその後女性と出会って無事結婚できました。私のように「薄毛が改善してその後めでたく結婚」なんて出来過ぎかもしれませんが、事実起こったことなんでしょうが無いです。

薄毛が改善すると女性ウケが変わるというのは間違いないです。思い切り間違いないです。もともと薄毛をカバーするほど魅力的な男性であれば、薄毛が改善すると一層モテるのも間違いないと思います。

あと単純に、年齢が10歳前後若く見られるようになりました。

3. 内面(自己認識)が変わった

外見が変わることの自信から内面が良い方へ変わった、というのも大きくありますね。自己認識ですよね。自信を持っているというか、女性が整形をして自信を持つみたいな話と割と近いのかもしれません。ああ、こういうことなんだな、というのが体験してみて実感できます。

簡単に言うとですね、鏡を見る度にテンションが上がると言うことです。

私は全く美形じゃないですしモテるような外見ではないのですが、それでも、髪が薄かった状態から→改善した状態になると、鏡を見た時に、以前の自分より明らかに若々しく、バージョンアップした自分がそこに写っているわけです。

これはテンションが上りますよ。

昔は鏡を見る度に落ち込んでいました。だからなるべく鏡を見たくない。でも、薄毛なりにセットした髪が崩れていないかは確認したい。

薄毛の髪が崩れるとそうとうキツイことになります。なので、「相当きついことになっていないか」を確認するために本来見たくない鏡を見る、という感じでした。この矛盾からも開放されます。

以前よりも自分に自信を持てるようになったおかげで、コミュニケーションも自然に変わってきて(ここがポイントです。無理してというのではなく、自然に変われる)、より社交的になったのは間違いありません。大げさかもしれませんが、人生が充実したのも間違いありません。

恋愛を意識していない人へ

薄毛かどうかが最も影響するのは、恋愛だと思います。正直、恋愛を除けば、本人が気にしなければ周りもそんなに気にしていないことが多いです。

ヘアスタイルは正直「慣れ」だと思います。私は一時期、いっその事坊主やスキンヘッドにしようかどうか悩みました。しかし坊主やスキンヘッドが似合う顔だとは到底思えないし、なにか変な目で見られるのが怖く、踏ん切りがつきませんでした。

でも私の先輩は、薄毛治療を諦めて、スキンヘッドにしました。先輩とは長い付き合いだったので、最初はインパクトや違和感がありまくりでしたが、3ヶ月で慣れました(笑)

その先輩の奥さんも、始めは「こんなのと歩くのは嫌~!」と言っていましたが、今では昔の髪の毛があるほうが違和感があるようです。結局は慣れなんですよね。だた、前述したとおり、恋愛となると話は変わってくるんです。

あと仕事的に、坊主やスキンヘッドにすることで人相が悪く見えることがあります。そういう人は営業職(特にルート営業ではなく新規開拓)はキツイと思いますし、場合によっては会社からNGが出ると思います。

もちろん歓迎してくれる会社なら問題ないのですが。。この辺りは業種や社風によると思います。

状況によって違うと思いますが、坊主やスキンヘッドが可能であれば、潔くそれをするのも1つの改善策だとも思います。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談