注入治療って何?

注入治療とは、現在の薄毛治療において切り札とも言えるメインの治療法です。 プロペシアやミノキシジルを飲むだけではなく、直接頭皮に注入することで劇的な発毛効果を得ます。 メソセラピーやHARG療法も注入治療の一種です。

注入治療とはなにか?

AGAクリニックでの通院治療で、大きな特徴の1つに、注入治療があります。これは発毛・育毛に必要な成分を頭皮に直接注入することで、より高い効果を期待するものです。

プロペシアやミノキシジルタブレットなど、内服のAGA治療薬の原理は「錠剤を体内に入れ、成分が血液に運ばれて頭皮へ働きかける」というものです。しかしこの方法だと、成分が血液に乗って全身を駆け巡るために、量を間違えると体にリスクが生じます。

よって「フィナステリドやミノキシジルって、含有量が多ければ多いほどいいんじゃないの?」とはならない訳です。規定の量を著しく超えると、副作用が問題になってくるからです。

(現在のフィナステリドは1mg、ミノキシジルは1~5mgが規定量です。この量を使用している限りにおいては、副作用の心配はかなり少ないです)

一方、リアップなどの塗り薬(ミノキシジル外用薬)にしても、頭皮の表面から塗りこむだけなので、頭皮に直接注入するほどのインパクトはありません。

つまり、AGA治療薬は効果があるけど「効率が悪い」治療法でもあるのです。

それに比べ、直接頭皮にフィナステリドやミノキシジルを注入すれば、毛母細胞などにダイレクト伝わる、という訳です。AGA治療薬と併用することによって大きな効果をもたらし、現在のAGAクリニックではこの治療法が人気で一番のメインとなっています。

ちなみに管理人の私も、注入治療を受けることによってAGAが劇的に改善しました。

注入治療を行う場合と行わない場合の、発毛の差

注入治療を行う場合と、行わなずにAGA治療薬(内服薬・外用薬)のみでの薄毛治療を比較した図があります。(ルネッサンスクリニックによる図参考)

メソセラピーの効果図

※メソセラピーとは注入治療のことです。

このように、AGA治療薬のみと比べ、注入治療は早い段階で大きな効果を発揮します。そして、治療の初期で発毛促進を早めてから、増えた毛に対し維持・育毛という形でAGA治療薬を利用していきます。

各社ややこしいネーミングだが、要するに注入治療

注入治療は、各社、注入する成分が微妙に違います。微妙に違うために呼び名を変えているんです。私たち患者側からすると、ネーミングが違うと全く違う治療なのだと勘違いしてしまいがちですよね。

以下の呼び名のものはどれも「要するに注入治療」です。

・メソセラピー
・育毛メソセラピー
・AGAメソセラピー
・スマートメソ
・グロースファクター再生療法
・Dr’sメソ治療
・HARG療法

それぞれ、注入する成分が「微妙に」違うだけです。HARG治療も注入治療の一種、ということです。

また、注入する方法には2種類あり、針を使うか使わないかです。

針を使わない場合は
・ノーニードル
・電気穿孔法
・エレクトロポレーション

などと呼ばれます。これも違いはなく、要するに針を使わず電気を利用して注入する方法です。

針を使う場合は、事前に麻酔をした上で
・注射器
・ダーマローラー(ダーマスタンプ)

の2つの内、どちらかを使います。ダーマローラーとは、非常に細い小さな針が剣山のように沢山付いているローラーを転がして頭皮に注入する仕組みの器具です。

当然、針を使わないほうが痛みが無いです。針を使用する場合でも極力麻酔で痛みを消したりが可能ですが、麻酔のお陰で治療中に痛みはなくても、麻酔が切れた後痛みが発生することも良くあります。

ただしその痛みの感じ方は個人差があるので、痛いと思う人とそんなに気にならない人がいます。

注入治療が適しているケース

注入治療は、上手く使用することによってAGA治療薬だけでは考えられないほどの爆発的な発毛効果を期待できます。以下は、注入治療が適している例です。

【1】頭皮が透けるほどAGAが進行し、全体のボリュームが少ない人
【2】植毛までは費用がキツイが、効果的な治療を望んでいる人
【3】プロペシアを使用しているが、改善に限界を感じている人
【4】植毛をしたけど、満足の行く密度になっていない人
【5】植毛を複数回繰り返し、これ以上の自毛植毛は困難なケース
【6】男性のようにプロぺシアが使用できない、女性の薄毛
【7】植毛ではカバーしきれないほど広範囲の発毛が必要な人

注入成分は大きく分けて2つの傾向

さて、注入治療は各社「成分」が微妙に違うと書きました。ではどのような成分が注入されているかと言うと、これも各社日進月歩で研究しているために変動しています。

ですが、大きく2つの傾向に分けられます。

1.フィナステリド、ミノキシジル、毛髪再生因子、その他の成分

フィナステリドやミノキシジルが成分に入っていることはもちろん、VEGF、IGF-1といった毛髪再生因子、その他ビタミンやコエンザイムQ10、ヒアルロン酸といった育毛有効成分をブレンドして(カクテルと呼ぶ)います。

2.幹細胞

幹細胞は、自分自身で自己を複製する能力をもつ細胞です。また多分化能という能力も持っています。多分化能とは、多くの細胞に(異なる性質を持つ細胞)分化することが出来る能力です。

究極の多分化能を持つ細胞に、卵子があります。卵子はもともとたった一つの細胞です。この卵子が受精すると、最終的には90兆個とも呼ばれるほど途方も無い数の細胞にまで増え、人体を構成します。

たった1つの細胞が、様々な異なる役割を持つ細胞に変化(=分化)しながら数を増やします。考えてみるとスゴイですよね。このように高い再生能力をもった幹細胞から、タンパク(タンパクAAPE)を抽出し注入します。

タンパクには強力な成長因子が含まれているため、これによって発毛を促進します。

どちらの成分がいいのか?

1と2、どちらの成分が優れているかという厳密な比較は、現状ではそういった検証データがないので出来ません。ですが、大きく分けて上記の2つの成分の傾向に分かれていることは知っておいて損はない情報だと思います。

現在AGAクリニックにおいては、どちらの成分を取り扱うクリニックであっても、注入治療は人気がありますので、両方とも、それなりに効果が出ているということだと思います。

それでは、より詳細に、クリニック別に注入治療の費用と成分を比べてみました。どのクリニックの注入治療がどんな内容なのかが、クリアになると思います。