AGAクリニック通院と、育毛剤・育毛シャンプーで自分で治療するのは何が違うのか?

通院治療と自分で治療することの最大の違いは「治療中の微調整」です。これに尽きると思います。 個人治療だと改善しない時、何がいけなかったのか原因がサッパリ分かりません。 運に任せて育毛剤や育毛シャンプーなどを使うことしか出来ません。

専門病院と自分で治療することの違いを知る

市販の育毛シャンプー・育毛剤をドラッグストアやネットで購入し、自分で薄毛治療をするのと、薄毛治療の専門医がいるAGAクリニックへ通院し治療するのでは、何がどう違うのでしょうか。

この違いが分かっていないせいで、私はずっと自分で効果の出ない育毛剤を使用し続けていました。ですので、是非この違いを伝えたいと思います。

薄毛治療の基本は2つの行動のみ

基本的に薄毛治療はおおまかに言うと単純です。もちろん個々人の対処は多岐にわたって原因も違うのですが、結局のところ、発毛させるには2つの行動しかありません。

1.現在の脱毛を止める
2.発毛を促進する

(発毛を促進するというのは、詳しく言うとヘアサイクルを正常化する、ということなのですが、細かい話はややこしくなるので置いておいて、とりあえず発毛を促進すると考えます。)

自分で治療しても、AGAクリニックに通院しても、基本的にやることはこの2つです。

自分で治療する場合、効果が出ない時に「何が悪いのか」が分からない

市販の育毛シャンプーや育毛剤を使用して効果がなかった場合、一体何が悪かったのか自分では分からないということが問題なんです。

私はまず、2006年(当時22歳)から丸1年間、「モウガシナジーX」という市販の育毛剤を使用しました。1年後、私はこの育毛剤の効果を感じることが出来ず、かなり落胆していました。(念のため言っておきますが、あくまで私のケースであり、この育毛剤で効果があった人もいるかも知れません)

効果を感じられなかった私が考えたのは、「あの育毛剤は自分の頭髪に合わなかったんだ」という発想でした。細かい分析など出来るはずもなく、ただ「自分には合わなかった」としか考えることが出来ませんでした。でもこれはしょうがないと思います。誰もが素人なわけですから。でもそれが問題なんです。

そして私は、自分にとって2つ目の育毛剤となる「柑気楼」に手を出しました。こちらは10ヶ月使用を継続しました。しかしこれも私個人としては、効果を感じることが出来ませんでした。また同じようにぼんやりこう考えます。「この育毛剤も、自分の頭髪に合わなかった」と。

育毛剤を祈るようにして乗り換えた

このようにして結果的に私は、5つの市販の育毛剤を試すに至ったのですが、どれも効果を感じることが出来ませんでした。

なぜ5つも育毛剤を乗り換えて試し続けたのか、それは効果がなかった時に「何がいけなかったのか」を分析することが出来なかったからです。ぼんやりと、各育毛剤メーカーの商品ページで説明されている育毛有効成分なるものを眺めて、今までとは違う成分だから、ということでしか対応することが出来なかったんです。

ただ単に願うようにして次の育毛剤にかけるしかありませんでした。(その間、育毛シャンプーに関しては5つどころではなくかなり色んな物を試しています)

AGAクリニックでは、何が上手く行ってないかを分析しながら治療を進める

私が、ついに薄毛の専門治療を受けるためにAGAクリニックに通った時、一番衝撃を受けたことがあります。それは毎月頭髪をマイクロスコープなどの専門器具で確認して、肉眼では確認できない発毛状況をしっかりと把握しながら進めるという治療法でした。

そして思うように結果が出ない時は、「脱毛を止める」ことが上手く行っていないのか、もしくは「発毛を促進する」ことが上手く行っていないのかを詳細に検査して治療の度合いを変えていきました。

これによって、無駄な治療を感覚だけで延々と続けるということが無くなりました。また薄毛治療のエキスパートである専門医の豊富な経験から、信頼できる判断を貰うことが出来ました。現在の自分の薄毛の改善状況について、毎月詳細に、科学的に教えてもらうことが出来ました。

そうすると、例えば効果があまり見られないというような月でも、安心して治療生活を続けることが出来ます。

専門医は症状を見れば何をすればよいかが分かるようだった

また、医薬品成分であるミノキシジルやフィナステリドも、服用したり外用薬として塗ったり、ポイントで直接頭皮に注入するという治療も挟んでいきます。こうすることによって自分では絶対にできないような発毛促進を行うことが出来ました。

医師は、私達素人と違い、多くの症状を改善してきているので、判断力が全く違います。私達素人から見たら何も代わり映えしない状態でも、医師の目から見ると状況が改善しているのか、退化しているのか、停滞しているのかは一目瞭然のようでした。

自分で治療することはリスクが大きすぎる

結果的に1年4ヶ月程通院し、思いっきり満足できるレベルに改善できた私ですが、今から考えると薄毛を自分で治療しようというのはリスクが高すぎます。

薄毛というのは、はるか昔から人類共通の問題でしたが、近年になってやっとAGAという医療用の専門用語が広く知れ渡り、AGA治療専門のクリニックも増えてきました。こんな時代に生きていることは本当に幸運だったと思います。

私にはスキンヘッドの10歳上の先輩がいますが、先輩が30代前半で禿げてきた時には今のようなAGAクリニックは無かったと言っていました。その先輩も幾つもの育毛剤を試して、結局あきらめてスキンヘッドにしました。(ある意味潔いです)

せっかく専門の治療医療施設がある時代になったのに、昔と同じように自分で市販の育毛剤を使用し続けているのは、全くナンセンスだと思います。

冷静に考えてみてください、もし育毛剤で薄毛が直るとするならば、毎年のように次から次へと新しい商品が発売されるでしょうか?

本当に効果のある育毛剤が1つあれば、それでもう新商品は必要ないですよね?みんなその育毛剤を使用すれば良いのですから。ですが毎年成分を変えながら様々な育毛剤が発売され続けています。

でも専門クリニックで処方されている治療薬は、もう10年以上前から変わっていません。なぜ変わっていないのかといえば、効果があるからではないでしょうか?効果がなければどんどん新薬が試されていたはずです。

自分の経験から、「AGAを自分で治療するのはリスクが高過ぎる」と断言したいと思います。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談