ここまで進化した!AGA治療の現在

AGAの治療って実際どうなの?とお考えの方も多いと思います。現在はAGA治療技術も進化しています。 ただし薄毛は個人で進行状況などが違いますから、状況によって対策が異なります。がここでは薄毛治療の現状をお伝えします。

1. AGAって本当に治るの?どのくらい改善するの?

AGAって本当に治るのか、ですが、手遅れでなければちゃんと発毛し大きく改善します。しかし手遅れな場合は満足のいくように発毛することは不可能です。 つまり、ポイントは手遅れか・手遅れでないかとなります。手遅れの基準が大切になってきます。

1-1 AGAが手遅れな状態とは?

AGAが手遅れな状態とは、言葉で定義すれば「毛根が死んだら」もう少し専門的に言えば「毛母細胞が死んだら」となります。 死んだ箇所からは生えて来ない、ということです。しかし、毛母細胞が死んでいるかどうかは、肉眼では確認することができません。 ですので、自分で判断するのではなく、専門医に見てもらう必要があります。

1-2 AGAが手遅れかどうかを判断する方法とは?

ただ、自分で判断できないと言っても、大まかな判断は可能です。 つまり頭がサザエさんの波平状態でもう何年も前に禿げ上がってツルツル、というわけでなければ、一応可能性は残されています。

そしてAGA治療が効率的に進むのは、早期発見・早期治療です。ですから、気になった時点が最も治療コストが安いということです。 これは虫歯と同じです。虫歯にも手遅れかそうでないかはありますが、専門医が診てみなければわかりません。 そして虫歯になった当日と、半年後であれば、とうぜん当日の治療の方が簡単で費用もかかりません。それと似ています。

1-3 AGA治療の成功率

これも一言で回答するのは難しいです。なるべく分かりやすく説明したいのですが、手法ごとに異なるからです。 AGA治療を市販の育毛剤に頼った場合、成功率は限りなく低いと言って良いでしょう(管理人の周りでは改善率0%です)。

次に、早期治療をAGAクリニックで行った場合、改善率はかなり高いと思います。クリニックによっても差があると思いますが、9割以上は改善すると見込めるでしょう。 次に、治療が少し遅くなった場合、AGAクリニックに通院すると、成功率は落ちると思います。

病院の皮膚科でプロペシアをもらって治療する場合、早期であれば成功率は高いと思いますが、それでもAGAクリニックよりはかなり低いはずです。 プロペシアを渡す以外の治療法を持っている皮膚科がほとんどないからです。 このように成功率はあなたの状況と、選ぶ治療法によって変動します。

2. AGA治療の方法一覧

AGA治療には、大きく分けて「自分で治療する」方法と「通院して治療する」方法の2つがあります。また、自分で治療する場合、医薬品を使用するかしないか、といった選択肢があります。 ここでは、あなたがAGA治療を考ている場合に取れる選択肢の全てをお伝えします。

2-1 どんな人にも共通の方法

どんな人にも共通なのは、シャンプーを髪や頭皮に負担を与えないシャンプーに変えることです。つまり通常のシャンプーから、育毛シャンプーまたはオーガニックシャンプーに置き換えること。この部分はどんな治療法を選ぶ場合にも共通しています。

2-2 市販の育毛剤を使用して治療

ここからは個人の選択となります。市販の育毛剤とは、つまりネット上で販売されている育毛剤のことです。チャップアップ、ブブカ、薬用プランテル等。。 ただしこれらの育毛剤で大きく発毛するといった話は、管理人は聞いたことがありません。上手くいって「抜け毛を少なくする」が限界だと思います。 つまり、抜け毛を止めたい人には向いていますが、今よりもAGAを改善させたい人、発毛させたい人には向いていません。

なぜ発毛を見込めないかの理由は簡単で、医薬品成分が入っていないからです。医薬品成分は副作用のリスクがありますが、その分発毛率がとても高いです。 副作用のない成分で大きく発毛することは消費者に求められていることですが、残念ながら現状ではそのような成分はありません。 毎年のように新しい育毛剤がそれにチャレンジしていますが、上手くいっていないので、これで発毛する、といった定番商品がありません。

2-3 個人輸入代行を通し、医薬品を取り寄せて治療

ミノキシジルやプロペシアといった医薬品を、個人輸入代行業者を利用して、個人で海外から取り寄せる方法です。こういうと大げさに聞こえますが、 単にECショップで購入するのと手順は何ら変わりません。この方法のメリットは、専門医を通さずに直接医薬品を購入できるので、初診料や中間マージンが発生せず、 安く手に入れることが出来ることです。また、ジェネリック医薬品も豊富に揃っており、治療薬代を大幅に抑えることができます。

管理人も、AGA改善後の維持には、この個人輸入代行を利用し、ジェネリック医薬品で維持費を大幅に抑えています。 デメリットは偽物をつかまされる可能性があるということですが、現在大手のオオサカ堂であればそういった心配はまずありません。 いきなり利用するには、どの薬を使用すればいいのか分からないのでオススメはしませんが、維持の段階で使用することは、管理人もオススメしています。

2-4 病院の皮膚科で治療

病院の皮膚科は全国各地にありますが、近年ではその多くでAGA治療を取り扱うようになりました。 が、そのほとんどが、単にプロペシアやミノキシジルを渡す、といった状況になっています。 価格もAGAクリニックに比べると相場が数千円高く、知識や経験も少ないです。よって病院の皮膚科に行くことはあまりオススメしていません。 メリットは、全国各地にあるので、おそらくお悩みのユーザーさんの住まい近くにもあるということです。AGAクリニックはまだ全国隅々にまでありませんので、 立地・アクセスという面はメリットです。

2-5 育毛サロンで治療

育毛サロンには薄毛の専門医が滞在していないので、医薬品を処方することができません。ある意味で非常に中途半端なポジションです。 主にオリジナルの育毛剤(医薬品ではない)や、頭皮マッサージなどを中心として治療を行いますが、効果があったという声はほとんど聞いたことがありません。 通院や治療費も高額になるので、注意が必要です。

2-6 AGAクリニックで治療

通院するならば一番のオススメが、AGAクリニックです。薄毛治療の専門医が在籍しており、症例実績も圧倒的に他の機関よりも豊富です。 多くのAGA患者が大きく発毛し満足の結果を得ています。薄毛の進行状態によって治療法に違いがありますが、基本的にはプロペシアやミノキシジルといった医薬品を使用します。 その上で、それをサポートするようなサプリメントやビタミン剤、また直接頭皮に医薬品成分を注入するなどの治療によって、大きな効果を上げています。

特に直接注入する治療(メソセラピーなどと呼ばれます)には多大な効果があり、現在のAGA治療で最も効果的な治療法となっています。 デメリットは、全国各地にあるわけではないということと、費用がかかることです。ただし非常に効果が高いために、ニーズは多く、 数年前よりAGAクリニックは全国各地に開院され、拡大しています。

3. 治療にかかるコスト

AGA治療にかかるコスト、気になるところです。ポイントは、費用は方法によって変わりますが、期間はどの方法を選択しても大差ないということです。 改善はヘアサイクルという、人間の生理面に密接に関係しているからです。そのため期間を大きく短縮することはできません。

3-1 AGA治療の治療費

治療費の計算方法ですが、個人がどこまでの状態まで改善させたいかによって差があります。また比較的早い時期に効果を見込める人と、時間がかかる人など、 現在の薄毛の進行状況によって差があります。体質による差もあります。

よって、費用の計算方法は基本的に総額計算ではなく、「月額」計算となります。 月にいくらかかって、それを最低半年〜2年ほど継続するのが一般的です。理想的な改善までどのくらいの期間必要かは、あなたの状況によって異なります。

それを踏まえて、

3-1-1 市販の育毛剤を利用

月額4,000〜12,000円ほどです。価格差は、育毛剤の種類によって変わります。ただし前述したように、抜け毛を止める・少なくする効果は見込めても発毛は見込めないので過度な期待は禁物です。

3-1-2 個人輸入代行を利用

月額2,000〜6,000円ほどです。ジェネリック医薬品を使用した場合です。他と比べて圧倒的に低価格ですみます。医薬品なので効果的です。ただし、専門医の診断なしにいきなりこれを選ぶと、 本来のポテンシャルほど改善しないケースも多く、もったいないので、まずは専門医の診断を受けてからをオススメしています。

3-1-3 病院の皮膚科を利用

月額8,000〜24,000円ほどです。価格差は、プロペシアの場合と、プロペシア+ミノキシジルを選択した場合の差です。プロペシア単体だと相場は8,000〜12,000円です。

3-1-4 育毛サロンを利用

月額50,000〜200,000円ほどです。非常に高額です。また価格差が大きいのは、どこまでの治療を受けるかによります。前述したように、管理人は育毛サロンをオススメしていません。

3-1-5 AGAクリニックを利用

月額6,000〜80,000円ほどです。価格差は、プロペシアのみの処方の場合、またはその他の薬治療も入れた場合、またはメソセラピーなど注入治療も混ぜた場合でかなり差があります。 自分に何が一番適しているかは、専門医と相談の上、予算も踏まえて決めることが一般的です。とくにHARG治療などは高額になります。

3-2 AGA治療にかかる期間

どの治療方法を選択したとしても、治療にかかる期間は1〜2年ほどです。効果が見えてくるのは半年後あたりからが一般的です。ただし早い人であれば3ヶ月後から効果が見えてくる人もいます。 とはいえ、その後完全に改善するまでの一般的な期間は1〜2年ほどですし、ここを無理に短縮することはできません。ヘアサイクルとともに改善します。

3-3 改善後、維持にかかる費用

改善後の維持にかかる費用は、通院を続ければ継続して費用が発生しますが、多くの場合、ジェネリック医薬品に切り替えるので非常に安価となります。 AGA治療は一生の付き合いになりますので、維持費が高いと厳しいです。しかしジェネリック医薬品を使用すれば、月3,000〜5,000円ほどで維持が可能です。 人によっては、1,500円/月ほどで済ませられる場合もあります。

3-4 保険や医療費控除は効くのか

どの方法を選択しても、保険はききません。自由診療となり自己負担です。確定申告で医療費控除にできるかどうかは、ケースによります。 どんなケースが控除対象にできるかはAGA(薄毛)の治療に保険は効く?確定申告で医療費控除は出来るか?に詳しくまとめてあります。

4. パターン別、適した治療方法

薄毛は進行状況によってどの程度までの回復が可能か、どの治療法が最適化が異なります。よってここでは あなたの進行状況に応じで治療方法を考えていきたいと思います。

4-1 抜け毛が気になる程度、抜け毛を止めたい

抜け毛を止めたい、減らしたいといった、比較的ライトな悩みの場合、市販の育毛剤(ブブカ、チャップアップ、ポリピュアなど。。)を購入しても良いかもしれません。 ただし、それでも効果があるかどうかは自信を持ってオススメできません。実際にネット上の口コミを総点検しましたが、効果がないという口コミも非常に多いです。

あとは食事療法や、生活習慣の改善なども大切ですが、プロペシアを飲むのも良いと思います。プロペシアの処方だけであれば、AGAクリニックは安いです。 いきなり個人輸入代行でプロペシアやそのジェネリックを試すのもありですが、まず専門医に診断してもらうことで失敗する確率は激減します。

4-2 M字(前頭部)や頭頂部の薄毛が気になってきた

M字であろうが頭頂部であろうが、場所は関係ありません。薄毛が気になってきた場合はすぐにAGAクリニックの専門医に相談されることをオススメします。 この段階で市販の育毛剤に手を出すと、その効果を体験するまでの半年ほどの時間が経過してしまいます。 そうなると本来簡単な治療で改善したものも、改善にコストがかかるようになってしまいます。

AGA治療が最も効率的に進むのは、早期発見・早期治療の時です。 この段階はまだ早期治療に当てはまるので、治療したいのであれば、なるべく早くAGAクリニックに相談してください。 まずは無料のカウンセリングを受けることをオススメします。多くは、注入治療を利用しなくても薬治療で大きく改善します。 その場合は月2〜3万円が相場です。

4-3 結構進行している、発毛させ昔のように戻りたい

ここまできた場合は、薬治療のみで満足するレベルまで改善することは難しいかもしれません。 それでも人によっては大きく改善することもままありますので、諦める必要はありません。 また、メソセラピーといった注入治療を併用することで、大きな改善を見込めます。 注入治療には、メソセラピー、グロースファクター再生療法、HARG治療などいくつかの種類があり、クリニックによって得意分野が違います。 そのあたりは注入治療の費用と成分を、クリニック別に比較してみましたにまとめてあります。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。AGA治療の技術的進化は、日々求められることですが、現状ではAGAクリニックに通院することが最も精度や改善率が高いです。 費用は企業側の努力によって、年々リーズナブルになっていますが、管理人がオススメするのは、通院を終えたらジェネリック医薬品に置き換える方法です。 そうすることで大幅に費用を安く済ますことができます。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談