これで安心!薄毛対策・予防に必要な行動3選

薄毛対策や予防を行うことで、薄毛の進行を遅らせたり、止めたりすることができます。 また治療を行うことで、発毛させ、元の頭髪の状態に戻すことも可能です。ですが時間がたつほどに改善には大きなコストが必要となります。

1. 薄毛対策・予防の種類

薄毛対策・予防と一言で言っても、様々な方面からの対策があります。 髪が生えるというのは身体の生理機能の一部です。 ですから頭部だけに焦点を当てるのではなく、体全体を考えることが大切です。

1-1. 育毛シャンプーによる対策

育毛シャンプーに変えることで、頭皮や髪への負担を減らすことができます。育毛シャンプー単体で発毛することはあり得ませんが、抜け毛が増えるのを防止する、髪へのストレスを減らすといった意味では必需品です。 ただし、自分に合った育毛シャンプーを選ばなければ、逆に頭皮に負担をかけてしまうケースもあるので、選択自体が難しいところでもあります。

1-2. 育毛剤による対策

育毛剤によって、抜け毛を減らしたり止めることができる。。と、言われています。しかし実際のところ、管理人の周りではほとんど良い評判を聞いたことがありません。 またネット上の口コミを精査してみても、ほとんどがあまり試していないのに高評価をつけている怪しい評価か、まったく効果がなかったというようなものばかりです。 このような状況から、管理人は育毛剤に対してかなり疑惑の目を持っています。詳しくは別ページ育毛剤の真実をごらんください。

1-3. 医薬品による対策

プロペシアやミノキシジル、リアップといった医薬品を用いた方法です。現在明確に効果がある方法としては最もポピュラーなものです。 またジェネリック医薬品を利用することで、同じ成分の治療薬を格安で手に入れることができます。薄毛対策には最も効果が高いです。 ただし抜け毛がきになる程度であれば、いきなり医薬品を使用することはないでしょう。

1-4. サプリメントによる対策

サプリメントによって、普段食事から摂取しにくい育毛有効成分を、体内へ摂取します。 内側からケアするので、ヘアサイクルの正常化に有効だと思われます。 主なサプリメントは、亜鉛、ノコギリヤシ、ビタミン、リジン、カプサイシン、ローヤルゼリー、ヨウ素、イソフラボンなどです。

1-5. 食事による対策

食事によって育毛に有効な成分を摂取します。食事からの摂取は最も理想的なのですが、 毎日の準備も大変なので大まかに意識する程度が長続きするコツだと思います。 また、和食中心の食生活にする、というのも良い心掛けです。和食は育毛に有効な栄養素をバランス良く摂取することができます。 そのほか、牛や豚のレバー、うなぎ、卵黄、海苔、種実類は育毛万能食品と言われています。

1-6. 頭皮を柔らかくすることによる対策

頭皮は頭皮の血行が良くなることで柔らかくなります。 運動も効果がありますが、やはり最も手っ取り早いのは、頭皮マッサージをすることです。 頭皮マッサージの方法はいくつか種類があるので、自分が一番気持ち良く継続できそうな方法を選んで実践してみてください。 頭皮マッサージは継続がポイントです。継続しにくい方法は避けるようにしてください。

1-7. 睡眠時間による対策

髪が最も成長するゴールデンタイムは、22時〜深夜2時の4時間と言われています。 この時間帯にしっかり睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され髪が成長します。また睡眠の3時間前まで食事を足らないことも大切です。 ただそうなると、夕食は19時までに済ませ、19時以降は一切の食事をとってはいけないことになり、 忙しい社会人の場合、現実的にはなかなか難しいと思います。できる範囲で睡眠も大切にすることが重要だと思います。

1-8. ストレスを回避することによる対策

精神的なストレスは薄毛の大敵です。精神の健康は体全体の健康につながり、生理機能を正常化し、ヘアサイクルにも影響を及ぼします。 よって、薄毛対策として、ストレスを溜めないような物事の捉え方の習慣を身につけることをお勧めします。 ストレスがかかるのは現代社会では避けられませんが、物事の捉え方を変えることで、ストレスと感じることなく前向きに生きることができるからです。 薄毛対策から始まって、性格まで前向きになる人までいるのです。

1-9. 禁煙による対策

喫煙者の方は、禁煙をおすすめします。とはいえ禁煙もなかなか難しいものですので、 本数を減らしたりといった部分から徐々に始めていくと良いでしょう。 喫煙が薄毛対策に悪い理由は、タバコ一本につき25mgのビタミンCが奪われるからです。 また血行が悪くなり、頭皮への栄養補給が滞ります。頭皮の硬直化にもつながります。

2. 薄毛の進行状況別

薄毛の進行状況は人それぞれです。基本的には、どのような状況であっても、 すぐにAGAクリニックの専門医に無料カウンセリングで診てもらうことがベターです。 なぜなら、薄毛は早期発見、早期治療が最も費用がかからず短期間で改善するからです。

2-1. 抜け毛の本数が気になる

最近抜け毛が多いな、と感じたら、すぐに専門医に診せるべきです。 抜け毛が多いから、育毛剤でも使用してみよう、という発想になりがちですが、育毛剤を使用するとあっという間に半年ほど経ってしまいます。 もしその育毛剤に効果がない場合、早期治療から半年間の遅れを取ってしまうことになります。

2-2. 剃り込み部分が後退して来た気がする

この場合も、早期治療となりますので専門医に診断してもらうのがベストです。その他は、食事や生活習慣を見直すことで進行を弱めることができます。 ただし、あくまで進行を遅くするというだけであり、後退した剃り込み部分を元に戻したいのであれば、やはり専門医の診断が必要です。 診断後、必要であれば自分でジェネリック医薬品を使用することもありです。

2-3. 前髪が後退してきた気がする

前髪が後退してきた気がするといった程度ならば、これも早期治療となりますのでまずは専門医の診断を受けてください。 結局どんな状況でも専門医の専門医の診断を受けることが、現代AGA治療にとって最も効果的です。

2-4. 明らかにM字になってきた

育毛剤で改善させようとはしないでください。ほとんどが、時間とお金を無駄に使ってより進行するという事態になります。 まずは専門医に相談し、適切に自分の状況を把握してください。なんとしても自分で治療したい場合も、闇雲に育毛剤を買っても良い結果は生まれません。 AGAクリニックであればかなりの確率で克服が可能です。

2-5. 髪全体のボリュームが少なくなってきた

髪全体のボリュームが少なくなったなら、これもとにかく専門医の診断を受けてください。 専門医が直接出てくるクリニックにいけば、無料で診断してくれますし、診断料が発生する場合も5,000円程度です。 この金額を惜しむか惜しまないかによって、その後の治療が全くわかってきます。闇雲に育毛剤を使用するとあっという間に数万円なくなります。

2-6. 頭頂部が薄くなってきた

頭頂部が薄くなっても、AGAクリニックでは克服が可能です。よって専門医の診断を受けてください。 この段階では、とにかく早急に行動することが、費用対効果の高い治療に結びつきます。

2-7. 頭頂部は地肌が透けるようになってきた

この段階では、AGAクリニックに通院しても、薬治療だけでなく、メソセラピーなどの注入治療が必要になるかもしれません。 現代では針を使わない無痛の注入治療もあります。どちらにせよ、医師との相談の上、医師が判断します。 頭頂部が透けていても十分回復することは可能です。ですが刻々と毛母細胞は死滅していっている状態でもあるので、猶予はないと思ってください。 急ぎの行動が鍵です。

2-8. 頭頂部が完全にハゲ、前髪の後退とつながった

この状態では、AGAクリニックに通院しても、確実に元の状態まで回復するとは言い切れません。 ただし見た目以上に毛母細胞が生きていることもありますので、専門医の診断を受けてください。 技術と実績のある専門医であれば、著しく改善させることも不可能ではありません。諦める必要はありませんが、とにかく急ぐことが大切です。

3. 親族が薄毛だから早めに対策したい

親族が薄毛だから、自分もいつか禿げるのではないか、と不安が先立って、 「まだ薄毛ではないが先手を打って対策をしておきたい」という方も多いとおもいます。 その場合は、日頃から髪にストレスを与えないように、そして頭皮の血行を良くしておき、育毛に良い栄養素を意識的に摂取しておくことです。 これらは全て薄毛の予防になります。予防こそは最高の治療でもあるのです。