薄毛に亜鉛が効果的な理由

薄毛に亜鉛が効果的だとされていますが、その理由は何か、また、亜鉛不足がなぜ薄毛に影響するのか等、疑問点が多くあると思います。過剰摂取となることはあるのか、1日の推奨量はどの程度なのか等を踏まえ、疑問点を解消していきます。

1. 亜鉛不足で薄毛になる理由

亜鉛は、髪にとって”最も大切な栄養素”だというのをご存知ですか? この亜鉛というは、細胞分裂や新陳代謝の活性化などに不可欠となっているミネラルのことです。 その新陳代謝を高めるという働きが、薄毛と関係しているのです。

実は、亜鉛は食事などで摂取したタンパク質を、髪の毛にしてくれるというとても大切な役割を担っています。 そのため、亜鉛不足となると、いくらタンパク質を摂取したとしても、そのタンパク質を髪に変える働きをする栄養素がないために、髪にならないのです。

このような事が関係し、亜鉛不足で薄毛になるという理由になっています。

2. 薄毛に亜鉛が良い理由

薄毛に亜鉛が良い理由というのは、先ほどの説明から何となく分かっていただけたかと思います。 亜鉛は髪を作る役割と、タンパク質の吸収そのものを高めるという役割があります。

前述したように、亜鉛が不足していると、多くのタンパク質を摂取しても、髪の毛に変えてもらうことが出来ません。 そのため、亜鉛を積極的に摂取しておくことが大切になります。

では、亜鉛をとにかくたくさん摂取すればいいのかと思う人も居るでしょう。 ですが、そうではありません。

実は、亜鉛の過剰摂取はあまりよくないのです。その事に関しては、後に記載します。 また、亜鉛だけ摂取すればいいというわけではありません。

3. 亜鉛は食事からは不足しやすい栄養素

薄毛改善のために必要となる亜鉛は、食事から摂取することが可能となっています。 ですが、亜鉛は吸収率がとても悪い栄養素の一つですので、食事で摂取した量の少ししか吸収されないのです。

人が健康な食生活を送るためには、緑黄色野菜や食物繊維が豊富な食材を食べることになります。 ところが厄介な事に、この亜鉛は、緑黄色野菜と一緒に摂取した場合に吸収率が下がってしまい、食物繊維が豊富な食材と一緒に摂取しても、無駄になってしまうという特徴があります。

また、吸収率が悪いというだけではなく、亜鉛はすぐに消費されてしまうことがあるのです。 疲労や飲酒、ストレスなど、様々なことが関係し、亜鉛が多く消費されてしまうことになります。

亜鉛が豊富な食材を摂取しようとしても、コンビニなどの食事が多くなってしまう食生活の中では、なかなか摂取しづらいという面があります。 では、どのような食材を摂取すれば、亜鉛を多く摂る事ができるのでしょうか。

3-1. 亜鉛が豊富な栄養素一覧

亜鉛が豊富な食材は、主に貝類だとされています。 貝類の中でも、牡蠣はとても多くの亜鉛を含んでいますので、積極的に摂取したいところです。 その他、亜鉛を多く含む食材としては、以下のようなものがあります。

・ほたて
・蟹
・鰯
・レバー(豚肉)
・チーズ
・アーモンド
・納豆
・ココア
・ゴマ
・牛肉

など、このような食材にも亜鉛が多く含まれています。 とはいえ、やはりこのような食材を意識して摂取することは難しく、前述したような緑黄色野菜や食物繊維が豊富な食材と一緒に摂取すると、吸収率が悪くなってしまいます。

4. 薄毛改善には、1日に何mg亜鉛をとればいいの?

さて、亜鉛を多く摂取したいところですが、過剰摂取は良くないという事をお伝えしました。では、この亜鉛は1日に何mgとればいいのでしょうか。

まず、亜鉛の1日の摂取量の上限は、50mgとされています。 この摂取量を越えると急性亜鉛中毒に陥る可能性があり、嘔吐・めまい・発熱などの症状を引き起こします。 ですから、この上限いっぱいいっぱいまで摂取するのではなく、そこからかなり落とした、推奨されている摂取量があります。 それは、1日に12mgという量です。

ただ、過剰摂取となるような量は、普段の食事でとれるものではありませんので、食事から摂取する場合にはあまり心配はいりません。 12mgより低くても問題ありません。経験的には、1日に7mg~12mgの間を目安に摂取すると良いと思います。

5. 亜鉛と合わせて摂取することが望ましい栄養素

薄毛に良いとされる亜鉛ですが、亜鉛だけを摂取しても、あまり意味がありません。 亜鉛は単体で摂取しても、体内への吸収率が悪いからです。せっかく摂取してもほぼ無意味となってしまっては元も子もありません。

さらに、亜鉛は運動や喫煙などによって大量に消費されてしまいます。 よって亜鉛は、それを補うようなものと一緒に摂取することが望ましいんです。

では、亜鉛と合わせて摂取することが望ましい栄養素には、どのようなものがあるのでしょうか。

亜鉛の吸収率を良くするためには、ビタミンやクエン酸などと一緒に摂取することが望ましいです。 例えば、亜鉛を多く含む牡蠣にレモンをかけて食べるという方法であれば、亜鉛とクエン酸とビタミンを摂取することが出来ます。

クエン酸やビタミンと一緒に亜鉛を摂取することによって、吸収率の悪い亜鉛を吸収しやすくしてくれる働きがあります。 そのため、このような栄養素と一緒に摂取することが望ましいと言えます。

6. おすすめの亜鉛サプリメント

これらをすべて踏まえた時に、やはり亜鉛はサプリメントで摂取するのがお勧めです。 食生活で同じ分量を取ろうとすると桁違いの食費や手間がかかりますし、その作業自体が薄毛にとってストレスになるでしょう。

ここでは、人気がある亜鉛サプリメントを「薄毛に効果があるか・コスパがいいか」という目線で比較しました。 基本的に亜鉛は、精力増強や気力体力を上げるものとして販売されています。 それを薄毛治療に特化した目線で比較し、お勧めのサプリを出しました。

亜鉛サプリの比較

順位 サプリ名 亜鉛量 亜鉛以外 費用
(税抜)
返金
保証
1位 牡蠣王 10mg ビタミンB1(2mg)
ビタミンB2(2mg)
ビタミンB6(2mg)
ビタミンB12 (2μg)
すっぽん粉末
ブランドにんにく
5,800円 あり
2位 海乳 12mg タウリン(8.8mg)
鉄分(8.5μg)
ビタミンB群
1,900円 なし
3位 カキプラスZ 7mg カキエキス(600mg)
黒ゴマ抽出物(10mg)
ブルーベリー葉エキス(50mg)
クルクミン(50mg)
ビタミンB1(4mg)
ビタミンB2(4mg)
ビタミンB6(4mg)
ビタミンB12(4μg)
9,000円 あり

上図はすべて1ヶ月分の費用、1日あたりの栄養素です。お勧めの1位は牡蠣王です。これの良いところは、価格と栄養素のバランスが最も優れているところです。 前述した通り、亜鉛はビタミンと一緒に摂取することが望ましいのですが、そのビタミンも豊富に含まれています。 また、スッポンやニンニクなど精力のつく要素も同時に摂取できるのも魅力です。(ちなみに、精力がつく=男性ホルモンが増える=ハゲる、ということではないので心配いりません)

価格だけ見ると海乳が最もリーズナブルで、しかも亜鉛量が一番多いのですが、ビタミンB群の含有量が少なく、mgが表記されていません。(一応入っているのですが量が少ない)

亜鉛以外が最も充実しているのはカキプラスZですが、亜鉛量が若干少ないのと、価格が他と比べかなり高いです。 このように考えると、一番バランスが良いのが牡蠣王で、日常的に野菜を多く食べる習慣のある人なら、海乳で良いと思います。

亜鉛サプリは便利なので、薄毛治療に使用されることが定番のアイテムになっています。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談