薄毛を漢方で治すことは可能か?

噂で聞いたことがあるであろう薄毛と漢方の関係性、気になりませんか?薄毛を漢方で治すことは可能なのか、漢方はどのように作用するのか、プロペシアとの併用は可能なのか等、薄毛治療においての気になる点を解明していきます。

1. 薄毛を漢方で治すことは可能?

薄毛を漢方で治すということは可能なのか、効果があるのかどうかという点は、とても気になる部分です。 結論から言えば、漢方の考え方で見ると、治す事が可能だと言えます。人によって・症状によっては、漢方が効果的であることもあります。

ただ、漢方は生薬となりますので、効果が現れるまでには時間がかかります。

効果的とされる漢方にはいくつか種類があり、それぞれを自分の薄毛の特徴に合わせて服用することが大切になります。

漢方というのは、東洋医学の薬の事です。この東洋医学での薄毛に対する考え方は、以下のようなものがあります。

◎血行が悪く、髪に栄養が行き渡っていない・・・「血虚」
◎湿気が多く、頭皮に脂が多くある・・・「湿熱」
◎身体の老化が進んでいるためにホルモンバランス等が崩れている・・・「腎虚」

以上、この3種類の考え方が存在しています。これらのうち、自分の薄毛がどれに当てはまるのかによって、服用すべき漢方は異なってくるのです。

ちなみに、治療の際には、種類別に以下のような漢方が効果的とされています。

「血虚」・・・婦宝当帰膠B・当帰芍薬散・十全大補湯など
「湿熱」・・・黄ごん・柴陥湯など
「腎虚」・・・八味地黄丸・何首烏末・天王補心丹など

どんな薄毛の人にも完全に効果があるというわけではありませんが、治療法の一つとして存在しています。血行を促進するなどの治療では、とても効果的です。

2. 漢方(東洋医学)と医薬品(西洋医学)のアプローチの違いは何?

では、漢方(東洋医学)と医薬品(西洋医学)のアプローチの違いというのはどのようなものがあるのか、その点について見ていきたいと思います。

まず、東洋医学と西洋医学の違いとして、物理的なものを重視するのか、自然的なものを重視するのかという点が挙げられます。

例えば、体内に病気の原因が見つかったという場合、西洋医学ではその原因を機械で調べ、手術によって取り除こうとします。

ところが、東洋医学では、自然治癒力を高めて、病気の原因を治療しようとするのです。 身体にメスを入れることなく、身体全体のバランスを整えることによって、健康的な身体を作ろうとするものです。

これは、薄毛に対しても全く同じことが言えます。 薄毛の原因を調査し、頭皮に直接髪の成長因子を注入したり、植毛したりするのが西洋医学です。

それに対し、薄毛の原因を知り、身体の中からその原因を取り除いて、気の流れを変えることによって、自然な流れで髪や頭皮を健康にしようとするのが東洋医学です。

女性の薄毛や白髪、抜け毛などにも、漢方が効果的とされている事があります。 副作用などが無く安心して服用できるという事もあり、薄毛の男性・女性問わず、人気のある薄毛治療方法にもなっています。

3. 漢方とプロペシアなど(治療薬)の併用はOK ?

これら漢方は、プロペシアなどの治療薬との併用は可能なのかどうか、その部分も気になるところです。 結論としては、基本的に併用は可能です。

例えば、漢方とプロペシアの併用も特に問題ありません。 というのも、漢方はもともと飲み合わせに関して大きな問題が無いとされているからなのです。

プロペシアに関しても、飲み合わせの際の注意点や、危険となる薬などの指定はありません。 そのため、漢方とプロペシアは併用することが出来ます。

ただ、やはりどちらも薬ですので、身体に何かしらの影響が無いとも言い切れません。 併用する場合には、医師の説明を受けてからの方が安心です。

4. 薄毛を漢方で治療したいときはどこに行けばいいの?

漢方について少し理解したところで、薄毛を漢方で治療したいという場合には、どこに行けばいいのかという事をご紹介します。

漢方で薄毛を治療したい場合には、AGA薄毛治療専門クリニックに通うことで、漢方薬での治療を行うことが出来る場合があります。

プロペシア等の治療薬に加え、薄毛治療の効果を高めて発毛を促進するために、血行を良くしたり、頭皮の状態を改善したりといったような治療も併せて実施しているクリニックもあります。

自分のはげの原因に合った漢方を処方してもらうことによって、育毛にさらなる効果を実感することができるはずです。

間違っても、皮膚科などには行かないよう、AGA専門のクリニックで治療を行うようにしてください。

5. 漢方治療の費用はどのくらい?

漢方治療を行う際の費用というのは、やはり気になる部分だと思います。 AGAクリニックの中に、漢方を取り扱っているクリニックも稀にですがあります。 そこでは専門医の診断のもと、自分の薄毛に合った漢方薬を処方してもらうことが可能です。

価格ですが、人によって処方される漢方が異なりますので、費用もそれぞれ差が生じてきます。

例えば、漢方を取り扱ったあるAGAクリニックでは、一種処方の二週間分で4,000円~6,000円、一ヶ月分で8,000円~12,000円程度です。 費用相場の目安として参考にしてください。

生活習慣や、体質、薄毛の症状などから、オーダーメイド処方となりますので、この費用は妥当だとも言えます。

体質などを考えて薄毛治療を行えるというのは、東洋医学の漢方ならではの治療方法でもあります。

6. まとめ

ここまで、薄毛と漢方の関係性や治療方法などについて、ご説明してきました。 官報は効果を実感するまでに多少時間がかかるとはいえ、確かに発毛を実感している方がおられます。

気の流れを変え、身体の中から自然にキレイにするという東洋医学では、西洋医学で治療することが出来ない部分にも届くという意味でも、とても良い治療法だと言えます。

ただ、薄毛の漢方治療を自己判断で行うのではなく、やはりAGA専門の医師に診察してもらい、どのような原因で薄毛になっているのか、生活習慣や体質などはどうか等、しっかり把握する必要があります。

AGAクリニックに通院することで、どのような治療法が自分の薄毛に適しているのかを知ることが出来ます。

私は経験から、半年はAGAクリニックに通い、その後は治療薬をジェネリック医薬品に変えることをおすすめしています。 しかしここで述べたように、漢方薬を使う方法も試してみる価値があると思います。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談