発毛効果のある発毛剤が欲しい人へ。育毛剤との違いとは

薄毛が気になり、まずはオススメの発毛剤を試したいあなたへ。「育毛剤」と「発毛剤」の違い・効果・メリットとデメリットを解説。市販で購入できる発毛剤リアップの分析も。発毛剤の役割をきちんと理解した上で薄毛ケアを始めましょう。

育毛剤と発毛剤の違い

薄毛が気になって、まずは市販の発毛剤の購入を考えているのではないでしょうか。しかし、実際に試す前にちょっと待ってください。薄毛に効く薬剤には「育毛剤」と「発毛剤」の2種類あることをご存知ですか?

育毛剤と発毛剤は似ているようで、配合されている成分も、髪への効果も異なります。あなたの毛髪にとって必要なほうを選ばなければ、充分な効果を得られないばかりか、お金が無駄になってしまう恐れもあるのです。正しい知識を身に着けて、しっかりと髪へ有効成分を届けてあげましょう。

こちらでは、「育毛剤」と「発毛剤」の違いについてまずは簡単に説明します。

育毛剤の働き

育毛剤は今ある髪の毛そのものの成長を促したり、頭皮の環境を改善し、健康な髪の毛が育ちやすくするための成分が主に含まれています。

医薬部外品に指定されたものが多いです。現存する髪の毛を育毛するためのものなので、新しく発毛を促すための成分はほとんど含まれていないか、含まれていた場合でも含有量は少ないです。

・頭皮の毛母細胞に働きかけ、新陳代謝を活性化して育毛を補助する
・頭皮の血行を促進し、栄養補給をして髪の毛の成長を促す
・頭皮を保湿し、血行を促進して、健康な髪が育つ環境を整える
・頭皮環境を整え、脱毛を予防する

発毛剤の働き

発毛剤は髪の毛を作り出す毛母細胞に作用して、発毛を促すための成分が主に含まれています。直接的に発毛に作用する効果があるため、育毛剤より効果が高く、薬事法で医薬品に指定されたものを指します。

発毛に効果のある成分が多く含まれているため、今ある髪の毛を太く育てる育毛効果の点では育毛剤より低くなります。

・新しく髪の毛を生やすために毛母細胞に働きかける
・頭皮の血行を促進し、発毛を促すための栄養を届ける
・頭皮を保湿し、血行を促進して健康な髪が育つ環境を整える
・頭皮環境を整え、脱毛を予防する

発毛剤の種類

発毛剤には「飲むタイプ(内服薬)」と「塗るタイプ(外用薬)」の2種類があります。飲むタイプは簡単に言えば「育毛・発毛を阻む原因となるものを、体の内側から排除する」ことを目的としています。発毛そのものというよりも「発毛を邪魔しているもの」をやっつけて、頭皮の発毛力を助けることが目的です。

塗るタイプのほうは、飲むタイプと働きはほぼ同じですが、頭皮へ浸透させて効果を出すので、育毛を邪魔する要因を排除するという点では内服薬よりは効果が劣ります。しかし、頭皮に直接塗布するので、頭皮環境を整えるという点では内服薬より効果がでやすいのが特徴です。

内服薬と外用薬

・内服薬
発毛剤の内服薬は、体の中から有効成分が頭皮や毛根に働きかける治療薬です。体の内部から作用するため効果が高いのが特徴です。

発毛させるというよりは、頭皮を発毛しやすい環境に整えるための下地作りをしてくれる治療薬です。外用薬よりも効果が期待できる反面、副作用がでる恐れもあるため、服用の際は医師に相談、もしくは医師の処方を受けることがおすすめです。

・外用薬
発毛剤の外用薬は、体の外側から薬剤を浸透させ、頭皮環境を整える治療薬です。直接頭皮に塗布するため、頭皮をケアするにはとても効果が期待できます。

内服薬と比べて体内へ薬剤を浸透させる効果は薄いため、頭皮を発毛に適した状態に整えることがメインとなります。

効果は内服薬と比べると少し弱めではありますが、副作用などが起こりにくく、気軽に始めることができます。発毛剤を試す際は、まずは塗るタイプから始めるのがおすすめです。

有効成分

・ミノキシジル
元々は高血圧の治療薬として開発されたのですが、臨床試験で発毛効果が認められたという経緯のある薬です。頭皮の血管を広げて血行を促進させ、毛根に栄養をしっかりと届ける効果があります。

また、毛乳頭細胞を刺激し、発毛に必要な成分の分泌を促進させる効果もあります。女性でも男性でも、どちらも使用することができますが、男性で最大5%濃度まで、女性で最大2%程度の濃度までが配合量の上限に設定されています。

・プロペシア
AGA(男性型脱毛症)の最大の原因だと言われる男性ホルモンのひとつDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあります。DHT生成の抑制によって薄毛や抜け毛の進行をできるだけ遅らせるための成分です。

こちらは男性用の成分なので、女性に処方されることはありません。

人気発毛剤リアップの実力は

市販で購入できる「国が認可している発毛剤」は唯一リアップのみです。誰でも一度はテレビCMでで見たことがあるのではないでしょうか。「リアップX5」は臨床データによると、使用開始から約6か月後には、使用者の9割に改善が見られ、数多くの薄毛抜け毛に悩む方から支持されています。

  

有効成分ミノキシジルを最大濃度5%まで含むことで効果が出るリアップX5プラスについて詳しくご紹介します。

リアップX5プラス

「リアップ」は2015年10月に従来品である「リアップX5」が販売を修了し、更に発毛効果をパワーアップさせた「リアップX5プラスローション」としてリニューアルしています。リニューアル後のリアップの実力について何が変わってきたのか詳しく見ていきましょう。

まずリアップについての簡単な紹介です

   
   
販売名 リアップX5プラスローション
種別 第1類医薬品
容量 60ml 約1ヶ月分
本体価格(税抜) 7,048円
   
リアップの対象 壮年性脱毛症(主に頭頂部の薄毛・抜け毛)
対象 主に30代以上の男性向け、
女性はミノキシジルの濃度制限により購入不可(女性用リアップ「リアップリジェンヌ」のみ)
発毛効果 臨床データによると、使用開始から約6か月後には、使用者の9割に改善が見られる
副作用 頭皮のほてり、かゆみ、湿疹

リアップX5プラスの有効成分

有効成分 薬効
ミノキシジル 毛乳頭細胞を増殖させる、毛母細胞の死滅を抑制、毛組織の血流改善
ピリドキシン塩酸塩※ 頭皮を健康に保ち、皮脂の発生を抑制、湿疹抑制
トコフェロール酢酸エステル※ 頭皮の酸化を防ぎ、頭皮を健康な状態に維持する
l-メントール※ 塗布時に頭皮に清涼感を与える、頭皮の炎症抑制、鎮痒作用
  

※印がリニューアル後新たに配合された成分です。どの成分も頭皮の状態をより正常に、健康にして、ミノキシジルの成分をより浸透しやすく、発毛しやすい頭皮に導いてくれる効果があります。

リニューアル後のリアップX5プラスローションでは、発毛成分ミノキシジルの効果がより発揮できるような頭皮環境にしていくための成分がプラスされており、更なる発毛効果が期待できます。

安く購入できる方法はあるのか

長く続けていくためには、少しでも安く購入したいのは当然です。発毛剤の効果を実感するためには、最低でも3~4か月、できれば半年以上の継続使用がおすすめなので、長期的に見て効果と価格のコストパフォーマンスに優れた商品を選びたいですよね。

あまり安くても効果が期待できませんし、効果が高くても値段が高すぎるようでは継続が難しくなります。こちらでは、発毛剤の中でも店舗や通販で購入可能な人気の発毛剤をできるだけ安く購入するための方法についてご紹介します。また、安く購入する際の注意点なども併せて説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

発毛剤は定価販売が基本

リアップなどの発毛剤は基本的に定価販売なので、大きな割引などを行っていません。一部の通信販売限定の発毛剤は定期購入や初回購入特典として割引を受けられる商品もあります。

ただし、定期購入は「最低3カ月以上の継続に限り割引を適用」などの条件が決まっていることもありますので、サイトはよくチェックしてから購入するようにしてください。安さだけに釣られて効果がない発毛剤を数か月分購入することになっては意味がありません。

Amazonなどの通信販売サイトでは定価で購入することになりますが、ネットサイトのポイント付与がつくため実質5~10%ほど安く購入できます。また、商品代金に応じてポイント付与を行うドラッグストアでも同様です。上手に活用してお得に購入してください。

個人輸入は避けたほうが無難

ミノキシジルやプロペシアといった薄毛や抜け毛に効果のある商品は、実は海外から個人輸入して使用することもできます。その場合、価格は国内で購入するより安価で済むのが最大のメリットです。

ですが、海外の商品は日本の薬事法などとは一切関係がないため、日本では人体に影響がでる恐れがあるとして禁止されている成分や濃度の商品も多数出回っています。その商品を使用して万が一のことがあった場合、賠償や補償などは当然ながら一切求めることができませんので、全てが自己責任になります。

たとえ安価で購入できるのだとしても、それで自分の健康を害するような事態になればその代償はかなり高くつくことになりますから、私個人としては、個人輸入は絶対におすすめできません。

発毛剤にもデメリットがある

発毛剤は効果が高く、薄毛や抜け毛に悩む方にとってはおすすめしたい商品ですが、内服薬、外用薬ともに副作用がでる恐れがあります。持病がある方やなんらかの治療中の方、常用している薬がある方は医師から使用を止められる場合があります。必ず使用、服用前に医師に相談するようにしてください。

また、薄毛に有効なものではありますが、すぐに効果が実感できるわけではなく、じっくりと有効成分が効いてくるため根気よく継続しなければなりません。1ヶ月ほど使用して効果がないからと諦めてしまうのではなく、最低でも3~4か月以上は継続するようにしてください。

有効成分の副作用

薄毛や脱毛に有効となる発毛剤の成分ですが、稀に副作用を起こす場合があります。発毛剤に含まれる成分とその成分が引き起こす恐れのある副作用についてしっかりと理解したうえで服用、使用するようにしましょう。

また、プロペシアを服用する場合は、健康診断の際プロペシアを服用中であることを必ず医師に申告してください。プロペシアの影響で男性ホルモンの検出数値が少なくでることで、誤診を招く恐れがあります。

●ミノキシジル
<外用薬の副作用>
ミノキシジルを塗布した場所に湿疹や赤み、痒み、かぶれ、ふけの発生、頭痛などの副作用がでる場合があります。
<内服薬の副作用>
元々は高血圧用の薬ということもあり、循環器系に影響がでることがあり、動機やめまい、不整脈、むくみなどが起こる恐れがあります。                  

   

●プロペシア
<内服薬の副作用>
プロペシアにはごく稀に肝機能に障害を起こす恐れがあります。また、男性ホルモンの生成を抑えることによって性欲減退や勃起不全などEDの症状が起こる恐れもあります。また、精液の量が減ったり濃度が下がる、精子の運動が鈍る、奇形が出るなどの恐れがあるため、男性不妊の原因になる場合があります。年齢的にまだ若い方、子供を希望する方は使用は避けたほうがいいかもしれません。                  

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談