FUE植毛センター銀座の評判・評価・口コミ

FUE植毛センター銀座は自毛植毛専門のクリニックです。 最大の特徴は、最新のFUE法である「メガセッション植毛」を行っていることです。 これにより従来1,000株が限度と言われていたFUE法が、最大3,000株まで可能になりました。

FUE植毛センター銀座

全1院:東京(銀座)

FUE植毛センター銀座

FUE植毛センター銀座公式サイトへ

マイクロFUE植毛で、FUE法でも広範囲の植毛が可能に

FUE植毛センター銀座の植毛法は、切らない・痛くない先端技術であるFUE法です。しかしこのFUE法にはメリットとデメリットが有り、メリットは自然で繊細な植毛が可能、デメリットとしては広範囲の植毛には向いていないことでした。

しかしFUE植毛センター銀座では「メガセッション植毛」を取り入れたことにより、広範囲の植毛も可能としました。

従来1,000株が限度と言われていたFUE法が、最大3,000株まで可能となったんです。これがこの自毛植毛クリニックの最大の特徴だと思います。

従来のFUE法を独自に進化させたこの手法を「マイクロFUE植毛」と呼んでいます。さらにこの3,000株の植毛も、1日で終えてしまうことが出来るようです。

極小のチューブパンチだから高密度に植毛が可能

FUE法は細いチューブ状の器具を使用し毛根を(毛包単位で)採取していきます。ポイントはこの器具の性能です。

器具の性能によって、採取できるサイズが異なってきます。サイズが小さければそれだけ細かい採集が可能なので繊細な植毛が可能ですが、かといって小さければ小さいほど良いというわけでもありません。

頭髪の流れや患者一人一人の状態に合わせたサイズ選びが大切です。大きいサイズが合っている箇所には大きいサイズのほうが効率的だからです。

FUE植毛センターでは、通常はワンサイズのことも多い器具を、3種類のサイズを用意しています(0.8mm、0.85mm、0.9mm)。特に0.8mmの器具は世界最小サイズの毛根採取器具です。

これら3種類のパンチ(毛根採取器具)を使用することにより、高密度で繊細な仕上がりを実現しています。

FUE法に可能性を見出した自毛植毛クリニック

現在の植毛の主流はFUT法とFUE法ですが、このクリニックはFUE法に限定し専門に扱っています。

そういった意味では、FUE法に自毛植毛の未来の可能性を見出して、経営資源を集中しているクリニックと言えると思います。

どちらの技術が良いのかは個人の症状や、その技術を扱うクリニックの質によりますが、両方を均等に扱うというよりも片方を深く研究しているという意味で、管理人は評価しています。

無料カウンセリングで、従来のFUE法とどこがどう違うのか、他の自毛植毛治療との違いなどを医師から直接聞けば、評判の理由が分かると思います。

FUE植毛センター銀座公式サイトへ