薄毛が改善するメカニズム

薄毛を改善するためには、ヘアサイクルを正常化させれば良いわけです。毛母細胞には寿命があり、死んでしまうと発毛は不可能ですが、 寿命が尽きる前であれば、単に休止期にあるだけですので、見た目に毛が生えていない個所でも発毛が可能です。

ヘアサイクルを元に戻せば薄毛は改善する

薄毛が改善するのは、ヘアサイクルが通常の状態に戻ったときです。つまり、弱っていた毛母細胞が再び活性化し出せば、ヘアサイクルは通常の状態に近づき薄毛が改善します。

プロペシアが行っていること

毛母細胞を再び活性化させるには、DHTの攻撃を止めさせればいいわけです。そのためにはDHT自体が発生しないように対策をします。そこでプロペシアです。

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分には、テストステロンと5αリダクターゼを結びつくのを阻害する効果があります。つまりフィナステリドのおかげで、薄毛の原因である憎きDHTの発生を阻止できるんです。

DHTの発生が抑えられるということは、毛母細胞が通常通り働き、ヘアサイクルも正常化するということです。

フィナステリドが阻害するのはⅡ型だけ

ただし、フィナステリドが阻害するのは2種類ある5αリダクターゼの、Ⅱ型のみです。Ⅱ型はよしとして「Ⅰ型には対処しなくていいの?」と疑問だと思います。

これは専門医の間でも意見が割れており、Ⅰ型は薄毛治療に関係無いから無視で良いとする立場と、Ⅰ型にも対処すべきだという考えがあります。

Ⅰ型にも対処できる薬は「デュタステリド」という医薬品です。しかしこの薬はすでに薄毛治療薬としての開発は中止されています。そのため充分な臨床データが無いために、副作用などが未知数です。

また専門医の多数派はⅡ型のみの対処で良いと考えていますので、初めからⅠ型まで対処することを視野に入れる必要はないと思います。

プロペシアの効果や原理を分かりやすく紹介した動画

以下の動画はプロペシアの効果を専門医がバラエティに登場して分かりやすく説明しています。是非御覧ください。

ポイントは、あくまでプロペシア(フィナステリド)を単体で使用した時の効果です。それについて専門医が、ざっくばらんに嘘偽りのない話をしています。

動画はプロペシアが日本に入ってきた当初のもので、かなり昔の動画です。現在は、AGAクリニックの開院などにより治療法がより進化し(ミノキシジルやサプリとの併用や、メソセラピーなどの注入治療など)、改善度や改善率がかなり増しています。

それでもプロペシア単体としての効果は当時から変化はありませんので、参考になると思います。プロペシア単体でも「4人に1人は激変する」のです。

ミノキシジルが行っていること

ミノキシジルはよく「血管を拡張させる効果がある」と説明されていますよね。 これはもっと詳しく言うと、血管を新生させることで休止期にある毛根を成長期へ促している、という状態です。

新生とは、既存の血管から新たな血管の枝が分岐し、血管網を構築する現象をいいます。 このようにして密集した毛細血管が生まれます。

ヘアサイクルの休止期には、毛根の周辺に毛細血管が殆どありません。 しかし成長期に入ると、毛細血管が激増し、毛母細胞が活発化します。 この成長期の状態を、ミノキシジルを用いて意図的に作ろうというわけです。

毛細血管が増えるのは、毛乳頭が「血管を増やせ!」という指令を出しているからです。 具体的には、毛乳頭がVEGF(血管内皮増殖因子)というシグナルを出すことで血管新生が起こります。

で、ミノキシジルは、毛乳頭に「血管を増やせ!という指令」を出すことを促します。つまりVEGFを出すのを促すんですね。

その結果、毛細血管が増えて、休んでいた毛母細胞が再び活発になり、 毛のなかった毛根から再び毛が生えて、成長期に移行していくというわけです。

その他の栄養素が行っていること

薄毛に効果があると言われている栄養素は沢山あります。もうすごい種類ありますよね。栄養素は、食事からでもサプリメントからでも摂取が可能です。

でも栄養素って「ヘアサイクルの正常化のために、具体的に何の役に立っているのか?」がイマイチふんわりしていますよね。

これまでに述べたことは全て細胞の出来事ですよね。人間は細胞の集まりですから。で、細胞は私達が口から入れる食事・栄養素が元となって出来ています。

ですから当然、健康で活発な細胞を作るには「どんな栄養素を体内に取り込むか」が大きく影響しています。

もうひとつ、血管が栄養素をスムーズに運べるように、血管の働きを健康的にする・血行を良くするということも大切です。

つまり薄毛治療に対して栄養素が行っていることと言うのは、

1.健康で活発な細胞を作る(毛母細胞など)
2.健康で血行の良い血管を作る(栄養素をスムーズに運び渡す)
3.健康で太い髪を作る(毛自体を構成するアミノ酸やタンパク質の摂取)

この3点に要約されます。

では具体的にどんな食事や栄養素を摂取すればいいのでしょうか。これは種類が多すぎるので別ページで整理して説明します。薄毛に効果のある栄養素と、日常生活で摂りにくいもの一覧にまとめました。

ただし、栄養素はある意味でどんな食物にも幅広く含まれています。細かく気にし過ぎると継続も出来ません。よって大まかな目安で捉えておき、基本的には健康によいバランスの良い食事をすることがポイントです。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談