AGA(薄毛)の治療期間は?

AGA(薄毛)の治療期間は最低でも半年間は必要です。薄毛治療は短期間で結果が出るものではありません。しかし正しい方法で継続することでしっかりと改善されていきます。3ヶ月とかで結果は出ません。返金保証が30日間の育毛剤など意味が無いのです。

治療期間の意味を定義

薄毛は「どこまで生えたら納得か」が人によって違います。かつ、人によって「最大どこまで発毛するか」も違います。 よって、単に治療期間というだけでは曖昧なので、治療期間という言葉の定義が必要です。

ここでは治療期間を「治療開始~その人にとって最大限発毛した状態」までの期間と定義します。

治療期間を終えたら、その後はその「最大限発毛した状態」を維持することが必要です。この維持の作業は、その後ずっと必要です。

治療法別の治療期間・一覧

治療法別の治療期間・一覧

治療法 詳細 治療期間
治療薬(医薬品) フィナステリド + ミノキシジル など 6ヶ月~2年
注入治療 + 治療薬 注入治療=メソセラピー、グロースファクター再生療法など 3ヶ月~2年
HARG(ハーグ)療法 HARG療法 3ヶ月~2年
自毛植毛 切る植毛と切らない植毛(FUTとFUE) 1年

プロペシアやミノキシジルといった治療薬での薄毛治療は、一般的に6ヶ月~2年の治療期間が必要です。 幅があるのは、人によって個人差が大きいためです。

メソセラピーやハーグ療法は3ヶ月と早い段階で発毛することも多いです。 直接頭皮に注入するために、効果が出るのが早いためです。

ただその後、その患者にとっての最大限まで発毛するには、期間が必要です。 初期効果が早い分、全体の治療期間が短くなる傾向はあります。

自毛植毛は少し性質が違い、施術自体は1日で終わります(朝から夕方までというイメージ)。 その後移植した部分の毛が一旦抜け落ちてから、新しい髪が生えてくるという経過をたどります。 全ての毛が生え揃うまでは、施術範囲や大きさにもよりますが、だいたい1年ほどです。

よって1年間経過を見るという形で、AGAクリニックと付き合うことになります。 ただ、モニターなどでない限り、定期的に通う強制はなく、その都度自分で予約して診察を受ける形が多いです。

市販の育毛剤のトリックに騙されるな

ネットで購入できる市販の育毛剤の多くは「返金保証」がついていますが、そのほとんどが30~60日間です。 最も期間が長いものでもたった90日間です。

しかし、そもそも30~90日では効果は出ません。

多少早く結果が現れる体質の人であっても、最終的な発毛確認は3ヶ月程度では分かりません。 「最初の1ヶ月で抜け毛が減ったと思い期待したけど、その後何も変化がない」というケースも非常に多いからです。

つまり、育毛剤を本当に保証するのであれば、最低6ヶ月~1年間の返金保証期間が必要なのです。 30~60日間程度では、使用者が効果があるのか確認できる前に、保証期間を過ぎてしまいます。

このトリックがあるために、返金保証を使用する人は殆どいないのです。

30日間で効果を実感できるなどと謳っている育毛剤もみかけますが、 AGA治療の原理から言ってそのようなことはあり得ません。(最近はその表記も削除されたようですが…)

何故なら市販の育毛剤もAGAクリニックも、薄毛治療のアプローチは基本的に同じだからです。 ただ、アプローチは同じでも成分が違い、成分が違うことで効きが全く違うのです。

当サイトでは一貫して市販の育毛剤には大きな効果はないと、実体験から主張しています。 私がこのサイトを立ち上げた理由参照。

市販の育毛剤に「上手く行ったとして、抜け毛を多少減らす」以上の効果があるとは到底思いませんが、仮に使用するとしたら、半年以上は使う必要があります。

維持のための薬の使用は一生必要

AGAの治療期間を終えると、最大限発毛した髪を「維持」する必要があります。でもこれは「ジェネリック医薬品」を用いることで月3,000~5,000円程で可能です。

ハーグ治療やメソセラピーを行った人でも、維持は薬の使用のみで問題ありません。継続してハーグやメソセラピーを受ける必要はありません。

つまり「一生必要」と言っても、それほど金銭的な負担はありません。 この当たりの詳細はAGA(薄毛)治療ってやめたらリバウンドするの?一生続けないとダメなの?を御覧ください。

このようにAGA治療は、どんな治療法を採用するにせよ、最低半年間は期間を見込む必要があります。 短期間で効果を出したいと焦ると、変な商品を掴まされることになりかねませんので気をつけて下さい。

どうしても短期で治したいなら、治療より隠す

例えば1ヶ月後に同窓会がある、お見合いやデートがある、などイベントが有る場合。 その時だけは懐かしい知人・友人に会うから「どうしてもハゲたと思われたくない」というケース等。

こういう場合は、その日に合わせて治療するのでは間に合わないので、即席ですが「隠す」ことをオススメします。 意外と隠すのは有効です。特に頭頂部の薄毛はパウダーやスプレーで、かなり自然に隠すことが出来ます。

現在薄毛隠しで人気なのは「スーパーミリオンヘアー」と「マジックパウダー」ですが、おすすめはマジックパウダーです。 ミリオンヘアーよりも安くコスパがいいからです。隠しの自然さは両方同じくらいです。

マジックパウダー↓

薄毛を隠していることがバレると逆に思い切り恥ずかしいのでリスクが高いと思われるかもしれません。 しかしかなり自然な出来になりますので、余程ジロジロ見られない限りはバレません。

特に同窓会やイベント等、普段会わない人達とその日1日をやり過ごすのであれば、薄毛隠しは持ってこいです。状況により「治療」と「隠し」を使い分けて下さい。