薄毛にワックスは大敵?上手な整髪料との付き合い方

薄毛にワックスが大敵だという噂を耳にしたことはありませんか?実は、全てが敵というわけではないのです。 正しい使い方・選び方をすることによって、ワックスと上手に付き合うことが出来ます。整髪料との付き合い方等を見てみます。

1. ワックスが薄毛に悪い理由

ワックスなどの整髪料が薄毛に悪いと聞いたことがある方もおられると思います。 もちろんそれには理由があるのですが、理由を知っていますか?これから書いていきます。

1-1. ワックスには界面活性剤が入っている

まず、一つ目の理由としては、ワックスなどには界面活性剤が使用されているという事が挙げられます。 この界面活性剤は、髪をやわらかくして、セットしやすい状態にするために配合されているものなのです。

それが何故薄毛に悪いのかというと、その働きに問題があるからです。 問題というのは、髪を作っているタンパク質を壊してしまうというものです。

一度や二度であればまだしも、ワックスを常に使用し続けることによって、タンパク質をどんどん減らしてしまうことになります。

つまり、界面活性剤が入っている整髪料(ワックス等)は、抜け毛などを促進してしまう可能性があるという事です。

1-2. 洗い流す際に、洗いすぎになりやすい

もう一つの理由としては、洗い流す際に、洗いすぎになりやすいという点です。 頭皮についたワックスを十分に洗い流せていないのも、それはそれで薄毛に悪いです。しかし洗いすぎも良くありません。

ヘアワックスを使用すると、髪がベトベトするために、入念に洗い流そうとする方も多いと思います。

ですが、洗いすぎてしまうと、必要な油まで取り除いてしまいますので、頭皮がどんどん乾燥していきます。 そうなると、フケや抜け毛の原因に繋がってしまいます。

また、ベトベトするワックスをキレイに洗い流そうとするあまり、強めのシャンプーを使用する方もいます。 この強めのシャンプーで洗いすぎることも、髪にとっては良くありません。

シャンプー自体を洗い流しきることが出来ず、毛穴を詰まらせてしまうことになってしまいます。 そうなると、毛の先まで栄養が届かなくなってしまいますので、こちらも薄毛の原因となりかねません。

1-3. ジェル系のワックスではウエット感が出て、髪が少なく見える

ジェル系のワックスの場合には、ウエット感が出るために、髪が少なく見えるという点があります。

薄くなってしまった髪をセットして、少しでもボリュームを出そうとする方が多いのですが、これは逆効果とも言えます。

ウェット感が出てしまうと、髪がぺっとりと濡れているように見え、薄毛をさらに際立たせる事にもなってしまいます。

さらに、ぺっとりとしている髪はなんとなく清潔感がないようにも見受けられてしまいますので、薄毛に悪いと言えます。

そして、髪の毛が束のようになってしまうこともあり、薄毛であることから余計に頭皮と髪の間隔が広がって見えてしまいます。 そのため、薄毛を自分から目立たせてしまうような事にもなりかねません。

ヘアワックスが髪そのものに悪いというのも理由なのですが、やはり見た目の問題というのも大きな理由です。

2. ワックスと上手に付き合う方法

とは言え、やはり「ワックスなどで髪をセットしたい!」という方もおられると思います。 では、ワックスと上手に付き合う方法について、見ていきたいと思います。

2-1. おすすめは、マット系のワックス

薄毛におすすめできるワックスとしては、マット系のワックスがあります。

マット系のワックスは、つけることで髪のボリュームが多く見えるというメリットがあります。 ジェル系のヘアワックスなどに比べ、油分が少なくなっているという理由から、髪が少なく見えることがありません。

もちろん、必要以上に多くの量をつけてしまうと、髪の毛が束になってしまうことがありますので、使用する量は少量に抑えてください。

やはり、”いかにも無理矢理セットしている”というような髪型になってしまうよりも、自然な感じのスタイリングを楽しみたいところです。

2-2. 上手なワックスのつけ方

では、薄毛の方のための上手なワックスのつけ方について、見ていきたいと思います。 ヘアワックスははげるという考えも、使用するワックスとつけ方によっては覆すことが出来ます。

上手なワックスのつけ方としては、ポイントが何点かあります。

1.つけすぎない
2.頭皮につけない
3.つけたまま寝ない

この3点がとても重要となります。このポイントを守れて居ない場合、ワックスハゲになることもあります!

まず、つけすぎないという点についてです。

ワックスをつけすぎてしまうと、どのようなタイプのワックスであってもベタついたり、髪が束になるために更に頭皮が見えてしまったりするのです。

また、上記で述べたように、ワックスを落とそうとシャンプーをする際に、洗いすぎてしまうことがあったり、逆に流しきれていなかったりすることもあります。

何事もやりすぎは禁物です!ワックスも適量(出来れば少量)で使用することを心掛けてみてください。

次に、頭皮につけないという点についてです。

こちらも先ほど述べたとおり、界面活性剤が入ったワックスを直接頭皮につけてしまうようなことがあると、頭皮の詰まりや抜け毛の原因となります。

頭皮にワックスがつかないようにするためには、手に少量のワックスをとり、髪の毛先に向けて揉むようにつけることが重要です。

何度も言いますが、頭皮にワックスが付いている状態は、毛穴を詰まらせる原因にもなり、薄毛を促進させ、はげる可能性があります。

そして最後に、つけたまま寝ないという点についてです。

ワックスをつけたまま寝てしまうと、髪と枕に挟まってしまうために、頭皮にワックスの成分がこびりついてしまうのです。

そうなると、ワックスに含まれている油分を好む雑菌などが頭皮で繁殖してしまうので、薄毛を促進させることに繋がります。 このような事に注意すると、薄毛であってもワックスと上手に付き合うことが出来る様になります。

3. 薄毛に最適なワックスを紹介

さて、この辺で、薄毛に最適なワックスの紹介を行っていきたいと思います。 薄毛とワックス、両方と上手に付き合えるようになるためにも、一度試してみてください。

3-1. ミストワックス(UNOのフォグバー)

UNOのFOGBER(フォグバー)は、ミストワックス(霧状の整髪料)となっています。 種類は以下の4種類が用意されています。

・ベリーショート向き(立ち上げを保つ)
・ショート向き(クセ感を出す)
・ミディアムショート向き(ラフに仕上げる)
・ミディアム向き(ふんわりまとめる)

この4種類が用意されており、それぞれを自分の目的別に使用することが可能です。

フォグバーの特徴としては、まず、セット力・キープ力がすごい!という事が挙げられます。 髪一本一本をコートするために、髪同士が吸い付くようにまとまるのです。

そのため、セットした髪が崩れても、いつでもすぐに元通りにすることが出来ます。 つまり、とても自然な髪型を作る事が可能となりますので、簡単に自然な毛の流れが作れるということです。

さらに、霧状に噴射しますので、髪も手もべたつかないという特徴があります。そのため、直接頭皮に塗りこんでしまう心配もありません。 とはいえ、やはり頭皮には近づけすぎないように気をつける必要があります。

3-2. デューサー/ドライペーストワックス

デューサーは、1~6までの種類が用意されており、それぞれに特徴があります。 その中でも、ドライペーストワックスである「デューサー ドライペーストワックス 6g」がおすすめです。

この商品は、強いセット力があるのですが、ドライペーストとあるだけにベタつかず、ボリュームを出すことが可能となっています。 無造作な動きを出したいという際に、部分的に使用することも出来ます。

ただ、セットした髪が崩れることがほぼ無いだけに、洗い流しが大変ということがあります。

ツヤなどがほぼ出ませんので、髪全体がぺったりとして見えるようなこともありません。 そのため、薄毛の方にとても最適と言えるワックスとなっています。

3-3. ウェーボ/デザインキューブ・ドライワックス

こちらのワックスは、全部で10種類が用意されています。 その中でも、ウェーボのデザインキューブ ドライワックスをご紹介します。

こちらは、ドライとあるだけに、やはりツヤはありません。 ですが、セット力とキープ力に優れ、ハードな髪型を楽しみたいという際にはとてもおすすめです。 男性用ですが、女性の中でも高い人気を誇っているワックスです。

サバサバしたような手触りと見た目になりますので、薄毛であってもしっかりセットすることが可能です。

4. まとめ

薄毛とワックスは良い付き合いをすることが大切です。 もしワックスを使わなくて良いのであればそれが一番ですが、髪型的に必要な場合は、上記でおすすめしたワックスを参考にしてください。