AGA(薄毛)の治療に保険は効く?確定申告で医療費控除は出来るか?

AGAクリニックや病院で薄毛治療をする場合、保険は効くのでしょうか?また処方されたプロペシアなどの医薬品も保険で安くなるのでしょうか? そしてそれら全ての費用は、確定申告の際に医療費控除を受けられるのでしょうか?

薄毛治療に保険は効きません

残念ながら、薄毛治療(AGA治療)は自由診療なので保険は適用されません。医療目的ではなく、美容目的と判断されるからです。 つまり具体的に言うと、AGAクリニックで処方を受けるプロペシアやミノキシジルや栄養剤やオリジナルの発毛剤などに保険は効かないということです。

これは病院の皮膚科であっても同じです。

また、HARG療法(ハーグ治療)やメソセラピーなどの注入治療にも保険は効きません。自毛植毛にも保険は効きません。

よって、なるべく安く治療を受けたいのであれば、そもそも料金が安いクリニックを選択するか、キャンペーン割引を行っている期間を利用するしかありません。

ただ、AGAではない一部の特殊な脱毛症の場合は、保険が適応される可能性もあるようです。

医療費控除の対象になるかどうかは、ケースによる

いっぽう、医療費控除の対象になるかならないかは、ケースによります。簡単に分けると、「医師から受けた治療は医療費控除の対象になる」「それ以外は医療費控除の対象にならない」と言えます。

医療費控除になるケース

●AGAクリニックで
・プロペシアやミノキシジルなどの処方を受けた
・サプリや発毛剤、その他の処方を受けた
・HARG療法(ハーグ治療)を受けた
・注入治療(メソセラピー、グロースファクター再生療法など)を受けた
・自毛植毛を受けた
●病院の皮膚科で
・プロペシアやミノキシジルなどの処方を受けた

これらのケースは全て医療費控除の対象となります。以前は曖昧な部分もありましたが、AGAが浸透してきた現在では「税務署や担当者による」ということもなく、概ね全国で統一されています。

ただし税務署職員が新人などで知識不足の場合「医療費控除の対象にはなりません」と言われる可能性が無いとは言えません。

そういった場合でも、しっかりと医療費控除になるはずであるということを伝えると、だいたい通ります。

もちろん、クリニックや病院でもらった領収書が必要です。

ハーグ治療や注入治療は金額が大きいこともあり、場合によっては後日税務署から直接問い合わせがあり「診断書」の提出を求められる可能性があります。

その場合には診断書をクリニックに作成してもらう必要があります。

ただし、診断書の作成には別途費用が発生しますので(相場は5,000円位)、税務署から問い合わせがあってから発行をお願いすればいいです。

問い合わせがなければ、診断書がなくても医療費控除の対象として通ります。なので事前にこちらから診断書を用意する必要はありません。

医療費控除にならないケース

●ドラッグストアで
・育毛シャンプーを買った
・育毛剤を買った
・リアップなどの医薬品を買った
●インターネットで
・育毛シャンプーを買った
・育毛剤を買った
・リアップなどの医薬品を買った
・個人輸入代行業者を利用し、海外からAGA治療薬を買った

これらは全て医療費控除の対象になりません。いくら領収書を持っていてもダメです。 「税務署によっては医療費控除の対象になる」ということもありません。全国統一で、医療費控除の対象外です。

税務署の担当者が知識不足なために、一旦は医療費控除の対象として通ることはありえます。 しかしその場合でも、後日「これは対象外です」と修正が来る可能性が高いです。

10万円以下でも医療費控除が受けられる場合

医療費控除は、医療費の合計額が必ずしも10万円以上必要、というわけではありません。所得が低い場合には、10万円以下でも医療費控除が受けられます。

サラリーマンで給与所得のみの場合、年収ベースで311万6000円未満だと、医療費合計が10万円以下でも医療費控除を受ける事ができます。

自営業や個人事業主の場合は、課税標準の金額が200万円未満だと10万円以下でも医療費控除が受けられます。

初めから10万円以下だから無理、と思わずに少し計算してみるのも良いかもしれません。