増毛の費用はいくら?維持費用は?大手を比較

増毛は手軽で即効性のある薄毛対策ですが、自毛に人工毛を結びつけているため、メンテナンスが必要でなかなか高額です。大手各社の費用比較や、増毛のメリット・デメリット、植毛との違いや他の薄毛対策の費用比較も行います。

増毛費用相場はどのくらい?

増毛は自毛の根元に人工毛を結びつけて髪の毛を増やすもの。自毛に人工毛を約2~4本結んで毛量が増えたように見せる方法です。サロンに行って2時間程度でフサフサになれる手軽さがメリットです。

増毛費用は平均すると、1年間で約30万円程度。(3,000本の場合。初期費用+メンテナンス費用を含む)                 

増毛本数と、商品の種類によって費用が増減しますので、あくまで参考価格です。スヴェンソンやアデランスは定額プランもあります。費用は初期費用に加え、月1回はサロンでメンテナンスが必要。毎月費用がかかります。

各社ごとの費用は次の項で説明します。

なぜメンテナンスが必要なの?

増毛は髪の毛に結びつけているだけなので、自毛が抜けると一緒に抜け落ちます。また自毛が伸びると結びついている髪の毛の結び目も上がってきてしまいます。

髪の毛は1ヶ月に1センチ以上は伸びるので、地肌から増毛した結び目が1センチ以上持ち上がってくると、指に引っかかったり見た目も不自然になって来ます。

メンテナンスでは、
・結び目の下で髪をカットし、また根元に人工毛を結びつける
・洗髪
・希望に応じてパーマやカラーリング
この作業を専門のスタッフが行ってくれます

大手3社の増毛費用比較

全国展開している人気の大手3社で費用を比較して見ました。薄毛の人は最低3,000本以上の増毛をしないと見た目に満足はできません。ここでは、現実的な費用を比較するため3,000本の増毛をするケースの最安プランで比較しています。

2-1 アデランス

アデランス バイタルEXマイクロリターン(3,000本)の場合    

・初回148,000円 (毛材138,000円 + 取付費 10,000円)
・メンテナンス代 12,000円(月々10,000円×12回)
→合計年額 268,000円
◆1本あたりの費用…約89円    

★年会費制の増毛システム「アデランスヘアクラブ」もある
年会費をまとめて払う必要がありますが、こちらの方がお得です。範囲によって3タイプに分かれます

●25~200c㎡:初年度171,720円  2年目166,320円
●201~380c㎡:初年度206,820円  2年目199,820円
●381~529c㎡:初年度228,960円  2年目221,400円                

2-2 スヴェンソン

マイヘアプラスの場合    

・初回18万円 (毛材4,000本16万円 + 取付費 20,000円)
・メンテナンス代 150,000円(月12,500円×12回)
→合計年額 330,000円
◆1本あたりの費用…約130円   

★月額定額制の「ラインスタイルイージー」もある
これは一本一本結びつける増毛方法とは異なりますが、スヴェンソン独自の部分ウィッグを糸で自分の髪の毛に完全固定する、編み込み式の増毛法。ウィッグといっても取り外すタイプでなく自分の髪の毛のように扱えます。増毛本数が増えても価格が一定なので、本数が増えていく場合こちらがおすすめ。

・初回50,000円
・月額12,000円 ×12 = 144,000円
・メンテナンス(10,000×12 =12,000円)
→1年目の合計年額 314,000円
→2年目以降 264,000円
◆1本あたりの費用…104円

2-3 アートネイチャー

マープ増毛法の場合    

アートネイチャーの増毛法は料金を公開していません。体験者の口コミを集めて計算しました。
・初回300,000円
・メンテナンス30,000円(2,500×12回)
→合計年額 33,000円
◆1本あたりの費用…110円    

増毛のメリット・デメリット

ここまで増毛は3000本程度で30万程度かかることがわかりました。1ヶ月25000円程度あれば良いと言えます。予算感がわかったので、ここからは、増毛のメリットデメリットを確認していきます。

増毛のメリット

・即効で髪の毛の量を簡単に増やせる
・少しずつ増やすこともできる。周囲にバレにくい
・頭髪のダメージがない
・お風呂やスポーツもOK    

増毛のデメリット

・自毛が生えていないと、結びつけるタイプの増毛ができない
・1ヶ月ごとにメンテナンスが必要でコストが高い    

ちなみに自毛が生えていない人には、他の増毛もあります。 側頭部や後頭部の薄毛になりにくい部分の髪の毛に糸を編み込み、その糸を地肌に這わせて人工毛を結合させるなど、各社色々な増毛アイテムがラインナップされています。

植毛と増毛の違いは?他の薄毛治療と費用を比較

ここでは、「植毛」「投薬治療」と「増毛」を比較してみます。一度手術すれば継続して毛が生える「植毛」と、コスト面と効果で人気の「投薬治療」の中長期費用も比較してみます。

植毛とは?

自毛植毛は頭髪の毛の部分だけを植えるのではなく、頭髪を作る毛根の組織ごと移植する手術です。後頭部から毛根の組織を毛髪ごと採取します。

移植された毛髪(とその組織)は手術後、元々の髪の毛のように正常なヘアサイクルで成長し、退行し、休止します。このように、抜けてもまた生えてくる事が自毛植毛の大きなメリットです。

●植毛のメリット
・抜けてもまた生えてくる

●植毛のデメリット
・局所麻酔を使用した外科手術である
・施術直後は出血があるので包帯を巻き帰宅し、翌日に包帯を取りに病院に行く必要あり
・術後毛穴から新たに生える毛が生えそろうまでは6~8ヶ月必要

AGAクリニックでの投薬治療とは?

AGAクリニックで薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンを抑制する内服薬と、発毛効果の高い内服薬と外用薬で治療する方法です。

●投薬治療のメリット
・確実な効果が見込める
・医師による患者それぞれの発症原因を探るための問診や触診がある
・医師が月1回状態をチェックする

●投薬治療のデメリット
・薬の副作用が起こる場合もある
・根本治療でなないので、薬は飲み続ける必要がある

5年間の費用で比較

費用が安い順に
1) AGAクリニックで投薬治療…75万円程度
2) 増毛…150万円程度
3) 植毛…116万円~164万円
となっています。

10年間の費用

費用が安い順に
1) AGAクリニックで投薬治療…150万円程度
2) 植毛…116万円~164万円
3) 増毛…300万円程度
となっています。

10年スパンで見るとAGAクリニックと植毛が同じくらいの費用に対し、増毛はそれらの倍の費用となってしまいます。 増毛はあくまで一時的な利用に向いており、長期的な利用にはコスト面では向いていないことがわかります。

見積もりは無料カウンセリングを活用

ここまで費用とメリットデメリットや長期的な費用をみてきました。増毛に興味がある方は、まずは各社の無料キャンペーンや体験増毛を受けて見ることをおすすめします。

その際に自分にあった本数やプランをシミュレーションしてもらえるので、自分にあったプランはどのくらいの費用がかかるのか見積もりをしてもらいましょう。

費用の他に、店舗の雰囲気や技術のほか、通いやすいか(営業時間・アクセスの良さ・交通費)もチェックしてください。

アデランス バイタル EX増毛マイクロリターン体験

・無料体験 120本 (ひとつまみ程度)が無料
・1000本が9600円で試せるコースもあり
※見た目が変化するために3000本は必要です
アデランス公式サイト

スヴェンソン マイへアプラス体験

・最大400本までお試し価格で5,000円(通常は20,000円)
スヴェンソン公式サイト

アートネイチャー マープ体験

・100本無料体験
・1000本1万円
アートネイチャー公式サイト

まとめ

増毛は即日フサフサになれる手軽さがあります。一本一本手作業で髪の毛を結合するため、コストがかかることに加え、髪の毛が伸びればメンテナンスが必要という面もあります。

1年で30万円程度かかるとされる増毛ですが、薄毛の悩みに即効性があり、体や頭皮に全く負担がかからないという面は優れています。

自毛の薄毛が進行していくと増毛に必要な本数も増えていきます。費用はずっと一定とは限りませんので定額制のあるプランの会社を選ぶことも大事です。

自分にとってベストな薄毛対策を見つけ出し、薄毛の悩みから1日でも早く克服できることを祈っています。薄毛に悩んでいるならまずは行動あるのみです。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談