人の毛生やす実験に成功、米コロンビア大チーム

アメリカのコロンビア大は毛髪再生医療の最先端を研究しています。その研究チームが人の毛を生やす実験に成功しました。ただしマウスの背中にヒトの毛を生やすという実験の成功であり、実用化されるまではまだまだ時間が必要とされます。

ヒトの毛乳頭細胞をマウスの背中で立体培養

米コロンビア大のチームが2013年10月21日に、人間の毛根下部にある「毛乳頭細胞」を取り出し、立体的に培養して毛を増やすことに成功したと発表しました。

しかし実はこれ、あくまで培養したのは「マウスの背中で」というもの。でもすごいことですよね。人間の毛根をマウスに移植して毛が生えてきたというわけですから。

今回、米科学アカデミー(PNAS)に公表された研究結果について、ニューヨーク・コロンビア大学のアンジェラ・クリスティアーノ(研究の共著者)は、この技術研究が進めば、将来的には人間の毛髪を大量に再生できる可能性があるとしています。人間への適応が早く進むことを祈ります!

再生科学で毛髪を作り出せたら、薄毛業界の地図は大きく塗り変わる

毛髪再生技術の研究は、世界各国で日々行われています。なかなか難しい分野なのですが、少しずつ前進しているのは間違いありません。 特に近年は「再生医学」という分野が確立しており、人体の細胞を再生させる再生医療研究は医学研究者たちの間でも花形であり、トレンドです。

再生医学は毛髪の再生だけでなく、人体のあらゆる器官の再生を可能にすると期待されています。例えば「遺伝子操作をした豚の体内でヒトの臓器を養殖する」なんてとんでもない話も、ド真剣に研究されているんです。

もし将来的に毛母細胞の再生が可能になった場合、これまで何千年と人類が悩まされてきた薄毛問題に終止符が打たれることになります。 なにせ、有史以来薄毛の悩みはつきまっとっています。紀元前1,000年のエジプト人も薄毛で悩んでいた証拠が、古文書から発見されています。

ですから、薄毛問題を解決したらノーベル賞なんて確実でしょう。世界中のハゲを救うことになるわけですから、当然だと思います。

育毛剤も全て無くなる。医療用カツラもなくなる

そうなると当然、発毛という考え方がなくなるでしょうね。現在広く流通している育毛剤・発毛剤は全て無くなるでしょう。 植毛も無くなるし、かつらもなくなるでしょうね。薄毛業界のビジネスモデルが根本から大変化を起こすのは間違いありません。

はやくそういう日が来てほしいものですね。私が生きている間に来るのでしょうか。。?

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談