私がこのサイトを立ち上げた理由

私がこのサイトを立ち上げた理由は、市販の育毛剤による薄毛治療に失敗し続けた私が、自身の体験で判明した事実を知ってもらうためです。金銭的リスクと時間的リスクを伝え、本来治る症状の薄毛の人が手遅れになるのを防ぐためです。

発毛しなければ意味が無い、治療原理はどこも同じ

薄毛を改善する方法は、現状2つしかありません。現在の毛髪再生医療では、薄毛を改善する原理は自毛植毛やかつらを抜きにすると、2つしかないんです。

1.DHTを抑制する
2.血行促進により毛母細胞を再活性させる

これは、市販の育毛剤でもAGAクリニックによる通院治療でも同じです。薄毛を改善する方法は、上記の2つを行うこと以外に、することがありません。

ですから、世の中に多くの育毛剤が売られており、多くのAGAクリニックがありますが、そのほぼ全てに1と2を行う主旨が説明されているはずです。

つまり、1や2をすることが大切なのではありません。1や2をしない育毛剤やAGAクリニックなど存在しないからです。

問題は、その治療法で本当に改善するのか?というただ1点です。

例えば市販の育毛剤の場合、センブリエキス、M-034、天草などいろんな育毛有効成分が配合されています。それらはDHTを抑制したり血行を促進します。

ただ、それで毛が生えてくるのか?毛が無かったところに「満足するまで」「傍から見てあきらかにフサフサに」改善するのか?ということです。

AGAクリニックでは通院したかなりの割合の人が「著しく」改善しています

原理は同じでも効き目に差がある、これが対人医療&医薬品の強みです。もちろん、AGAクリニックでも100%の人が私のように改善する訳では無いかもしれません。

でも通院したかなりの割合の人が「著しく」改善しています。「本当かよ」と思うのであればクリニックで証拠を見せてもらってみてください。

一方で市販の育毛剤は、うまく行っても「薄毛の進行が止んだ」「産毛が生えてきた」程度です。少なくとも私が知るかぎりでは、フサフサになった人など聞いたことも見たこともありません。

もちろん、どこかにフサフサになった人もいるかもしれません。だとしてもその割合が低すぎます。お金と時間をかけて改善する確率が低すぎます。

医薬品の副作用が過度に煽られている

ミノキシジルやフィナステリドは副作用のリスクは有ります。しかし実際に副作用が発症する人はかなり低い確率です。また発症しても使用をやめれば問題ありません。

市販の育毛剤は、医薬品を使用できないので副作用を過剰に煽る宣伝をしていると、個人的には感じています。

確率の低い(起きたとしても対処すれば全く問題ない)副作用を過剰に煽ることで効果のない治療を続け、時間とお金、治るはずの薄毛が治らなくなるといった現状に我慢ができないのです。

専門医は個人の体質を見ながら治療していきますから、当たり前ですが万が一副作用が出た場合でも適切な対応をとりますし、その患者にあった別の方法に切り替えます。

市販の育毛剤はAmazonのレビューを見れば真実が分かる

私は5種類の市販の育毛剤を試しましたが著しい効果はありませんでした。これはたまたま私の体質が市販の育毛剤に合っていなかったのでしょうか?

そうであれば全く問題ないのですが、そうとは思えません。これはAmazonのレビューを読めばハッキリと分かります。

市販の育毛剤の良いレビュー(星が4~5つ)には3種類のパターンがあります。このレトリックを見抜いて下さい。(レビュアーがサクラだとか批判しているわけではありません)

1.喜ぶのが早い
2.どうでもいいことを評価している
3.数少ない「著しく改善した」というレビューには同意数が少ない

このレビューのレトリックは市販の育毛剤はAmazonのレビューを見れば真実が分かるに詳しくまとめましたのでお読み下さい。特に育毛剤の購入を検討されている方には必読です。

市販の育毛剤に夢を見るのはやめて、クリニックに通院すれば問題は解決する

私が主張したいのは、「AGAクリニックへ通院し、その後ジェネリック医薬品に切り替える」ことが最も時間とお金の効率がよく、改善する可能性も高いということです。

ミノキシジルやフィナステリドの副作用を不安視される方もいますが、それは個人輸入代行を利用して自己流で服用するからです。

専門医にかかれば、あなたに合った適切なmgの医薬品と、それに付随するサプリメントなどの栄養分。遺伝子や感受性から来るデータ。そして生活習慣など総合的な観点から医薬品を摂取できます。

あなたの症状を、体内データを分析した上での処方ですから、そもそもの副作用の心配も少ないですし、万が一副作用が発生したとしても適切な対処で何の問題にもなりません。

費用が気になるのであれば、短期間で通院をやめればいいわけです。そこからジェネリックに変えると、それこそ市販の育毛剤の何分の一の費用ですみます。私も実践中です。

私の毎月の維持費(薬代)は合計3,120円です。効果の怪しい育毛剤より随分安いです。AGAクリニック通院後は、ジェネリック薬に切り替えるのがおすすめに詳しく書いてあります。

専門医にかからないでいきなり個人輸入代行を利用すると、副作用が出た時の心配や、そもそも何mgのものを飲めばいいか、また自分自身の体内データもありません。

薄毛は治りますので、毛母細胞が死んでしまう前に、AGAクリニックへ相談した方がいいというのがこのサイトで一貫してお伝えしていることで、サイトを立ち上げた理由です。

私の失敗の二の舞いにならないでください。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談