【AGAクリニック通院体験談】薄毛から生還された「松本さん」にインタビューしてきました

AGAクリニックに通院して薄毛が劇的に改善した人って周りにいますか? 本人は隠していることも多いので、なかなかお目にかかれないと思います。 そこで今回は実際に通院治療をして薄毛から生還された患者さんにインタビューをしてきました。

通院して薄毛が治った患者さんに、体験談をガッツリ取材してきました!

このサイトでは私の体験談をメインに情報発信して来ましたが、ずっと思っていたことがありました。 「私以外のクリニック通院患者の体験談を載せることができれば、もっと広く信用してもらえるはずなのに!」・・・と。

近年では「AGAクリニックで薄毛を治すことができる」ということが以前より遥かに浸透してきました。

にもかかわらず、まだまだ「私、ハゲを治すためにクリニックに通院しています」とは明かしづらいため、 通院患者さんから直接体験談を聞くという機会は、なかなか無いものです。

なので薄毛に悩む人は、周囲の誰にも本気で相談することができず、一人で悶々としています。この状況が、本当に勿体無いと思っているんです。

ですがそんな中!

同じ薄毛で悩んでいる方に希望を持ってもらうため、 勇気を持って出演してくれる患者さんへのインタビューに成功しました。(顔にモザイクをかけるという条件です)

ここで重要なポイントは、インタビューした松本さんは「沢山の患者さんの中でたまたま薄毛が治ったレアケース」ではありません。 AGAクリニックの患者さんとしては「ごく一般的なケース」ということです。

それでは生の声をご覧ください。

薄毛が治った松本さん(仮名)の詳細

詳細データ

現在の年齢 35歳
薄毛が気になり
始めた年齢
28歳
通院期間 1年半
通院した
AGAクリニック
AGAヘアクリニック(=東京・秋葉原の徒歩3分)※遠隔治療も可
薄毛の症状 頭頂部の薄毛
治療内容 最初の1年:フィナステリド(内服薬)
次の半年:デュタステリド(内服薬)、ミノキシジル(内服薬・外用薬)
治療費用 最初の1年 5,500円/月
次の半年 31,000円/月
※18ヶ月通院なので月平均14,000円

↓治療前(スマホだと2本の指で拡大可) 薄毛患者松本さんの通院治療前

↓治療後(スマホだと2本の指で拡大可) 薄毛患者松本さんの通院治療後

↓全身 薄毛患者松本さんの全身

ネットの情報では、ミノキシジルとかはものすごく副作用があるとか書かれてて

●●● ↑インタビューを受ける松本さん(奥)

哲也:初めまして、よろしくお願いいたします。

松本:こんにちは、よろしくお願いします。

哲也:早速ですが、アプリ、ちょっと見ていいですか。

松本:はい。

発毛前の頭髪 ↑通院前の状態

哲也:これは、通院前のですかね?

松本:はい。

薄毛治療の体験談、アプリ画像 ↑AGAヘアクリニックでは、アプリに治療経過が記録される

哲也:で、これは1年経った後ぐらい?

松本:そうですね。でも最初、最初の1年間はフィナステリドだけだったんですよ。

で、1年間、薄毛の進行を止めることは出来てたんですけど、発毛にはあんまり効かないなっていうので。。 そこからデュタステリドとミノキシジルで生やすようになって。

あと塗るやつ、ミノキシジルの塗るのもやって。この3つをやってたら、半年でもう、伸びました。

哲也:もうすごいですね、これ。

発毛後の頭髪 ↑通院1年半後、完全に薄毛が治った状態

松本:生えました(笑)

クリニックカウンセラー:はい、もともとはフィナステリドによる予防をされており、途中からデュタステリド+ミノキシジルによる増毛治療に切り替えられた形ですね。

哲也:へえ。でもそれなら、最初からデュタステリドにしたら良かったなあ、みたいな気持ちもあるんですか? 今から考えると。

松本:すごい半信半疑だったんですよ、正直、最初は。

で、ネットの情報では、ミノキシジルとかはものすごく副作用があるとか書かれてて。結構、すごい体に悪いとか書かれてたので。

じゃあ、一番軽いやつでやりたいなと。それでまずは、伸ばせるものだったら伸ばしたいなっていうのがあって。

そしたら、「あれ、効かないぞ」みたいな。なので、そこから一気に(ミノキシジルやデュタステリドに切り替えて)やってもらいました。

ネットで1人で情報を読んでいた時とは全然違う感覚で、安心感がありました

哲也:ネットで読んでいた副作用とかは怖くなかったんですか?

松本:はい、その辺は先生と一緒に相談しながら、量とかタイミングとか。 先生からも、そういうトラブルを起こさないことに対する「プライド」を感じられました。

哲也:なるほど。。そこって本当に大事ですよね。ネットの情報だけでは伝わりきらない部分。

松本:この人たち本気だな、真面目だなと。当たり前なんですが(笑) ネットで1人で情報を読んでいた時とは全然違う感覚で、安心感がありました。

哲也:実際に医師と会うのと、一人でスマホやPCの前で悶々としてるのの差というか。

松本:そうです、そうです。

哲也:どれだけ医師が本気で、リスク無く薄毛治療を成功させることに向き合っているか。 伝わり切ってないもどかしさを感じることはあります。

それで、現在もまだ通院されているんですか?

松本:はい。ただ、今月で一応もう大丈夫かなって思って。

哲也:治療完了ですか。

松本:完了。自分の中でもう完了にしちゃったんですけど、はい。

哲也:もう全然薄毛じゃないですもんね。ちょっといいですか(頭を触る)、いや、これはバッチリですね(笑)

薄毛が治った松本さんの頭頂部 ↑改めてうつ向いてもらい頭頂部を激写

クリニックカウンセラー:こちらにも治療前の画像がございます。こちらが最初で、こちらが最近のものです。15日のものですね。やはり最初と比較致しますと変化が出ているのが分かるかと思います。

哲也:全然違いますね。

クリニックカウンセラー:そうですね。もともとあった「透け」というものがほぼ無くなりつつあります。

哲也:すごいですよね。分かるなぁ。体験してみないと分かんないですよね、この感動は。

まずは育毛剤を使ったけれど全く効果がなかった

哲也:ちなみに、通院しようと思ったキッカケっていうのは何だったんですかね。

松本:モテたいから。

哲也:直球ですね(笑)そうですよね。今、ご年齢って?

松本:35です。

哲也:35歳。で、薄毛が気になりだしたのって、何歳くらいの時ですか?

松本:27、8だったと思うんですけど「薄いね」って言われて、友達に。「そろそろやばいね」って言われので気付きました。それまで自覚はなかったんです。

哲也:あ、自覚はなかったんですね。それは上(頭頂部)から禿げてきてたから?

松本:上だったからもありますし「自分はまさかハゲないだろう」って、ずっと思い込んでたので。 そしたら徐々に徐々に30超えてから、ハゲが、あれ、あれっと、おかしいなって思って。完全に自覚したのは30過ぎですね。

哲也:ああ。でも、いきなり「AGAクリニックに通おう」っていう感じではないですよね。まずはどういう動きをされたんでしょうか?

松本:まずはサクセス。

哲也:ああ、薬用育毛トニックの。はいはい。

松本:はい。ヘアトニック系のものをちょっと。ドラッグストアのやつで試しました。

けど、あんま効果があるかどうか分かんないし薄毛は治らないままだったので。

哲也:どのくらい使われたんですか?

松本:2、3年ですかね。

哲也:おお。2、3年サクセス使ってたんですか。結構、頑張りましたね。

松本:頑張った。使ってたんですけど、自分の生活が不規則なのかどうか分かんないですけど、全然、全然効果なくって。 じゃあ、どうせなら通院してみるかと。

哲也:もうじゃあ、「サクセス」からの「AGAクリニック」ですか。

松本:実はサクセス止めたその時、一度諦めたんです。 ですけど「いや、やんないとこのまま結婚できないぞ」って思うようになって。 そろそろちょっと考えようかなっていうので。じゃあ、本気出してやってみますか、で来ました。

僕、増毛番長になってて、LINEとかで「今、何やればいいんですか?」とか来るようになって(笑)今、番長です

●●●

薄毛で「真剣に悩んでる」とか、周りに相談できないじゃないですか

哲也:「AGAクリニックに通院して治療」という選択肢があるっていうのは、ネットで知った感じですか?

松本:はい。情報はいろいろ何か、ネットでは知っていて。でも、どれがいいのか全然分かんないので。

まあ、当たりはずれの記事もあるけど、どの記事がウソで、どれが本当かも全然分かんないんで。 若干「やらせかな」みたいなのとかは思ってました。

哲也:ですよね、分からないですよね。そしたら、どうしたんですか。もう「行ってみよう」って?

松本:もう体当たりです。

哲也:周りに相談とかはしましたか?

松本:できなかったですね、はい。これで「真剣に悩んでる」とか相談できないじゃないですか。

哲也:じゃあ通院中も、通院してることを隠してたんですか?

松本:最初、隠してました。隠してたんですが、ミノキシジルに変えて3カ月ぐらいで、頭頂部の髪の毛が全部生えそろったんですよ。

そしたらもうこれは、これからはちょっと自慢しなくちゃいけないなと思って(笑) アプリで全部、今までの経過書いてあったから、それを周りの友人に見せて。

哲也:おお、自分から。

松本:ちょっとこれ見てよと。俺、もうハゲじゃないですって。

哲也:周り、びっくりじゃないですか?

松本:びっくりされましたね。あ、「治療やってたんだ」みたいな。そのあと、「教えて教えて」って逆に言われるようになって。

友達の友達とか、悩んでるやついるんだけどさ、教えてやってくんない? とか。 僕、増毛番長になってて、LINEとかで「今、何やればいいんですか?」とか来るようになって(笑)今、番長です。

薄毛が治った頭部の斜め写真 ↑周りの友達に、薄毛の相談されることが多くなったという松本さん

「ハゲ治療をしたら俺は負けなんじゃないか?」とか思ってた

哲也:結果出した人物ですもんね(笑)

松本:何かヒーロー扱いですよ。

哲也:確かに。生還した。

松本:生きて帰ってきたって言って。

哲也:なかなか周りにそういう人いないですもんね。ご自身以外にいますか?

松本:いなかったです。隠してて治ったのかもしれないですけど、気付かないことも多いので、周りでやってるっていうのは聞いたことなかったんですね。

同じ年代で、この年代で通院治療やってるっていうのも聞いてなかったので。 AGAクニックって、もうちょっと上の年齢の人が通うイメージがあったんですよ、40代50代のイメージがあって。でも、僕30代なので。

哲也:はい。35歳。

関連:→松本さんが通院した、長友のCMで有名なAGAヘアクリニックの評価・評判や詳細は?

松本:35なんですけど、通院始めたのが34とか3とかそこら辺だったので。 何かまだ「これでハゲ治療するのか?」みたいな。「ハゲ治療をしたら俺は負けなんじゃないか?」とか。

哲也:ああ、そうか、認めてしまうのが。

松本:はい、プライドがちょっと許さなかったんだと思いますね。そういう抵抗感はありました。

でも一旦通い出したら何でもっと早く来なかったんだろうって。年齢にしたって、普通に若い人も沢山治療に来てるようだし。

哲也:薄毛が改善していく過程で、友達に気付かれたりはしませんでしたか? 「あれ、お前って昔ハゲてなかった?」みたいな。そういうのはありましたか?

松本:それが、もともと薄毛はバーコードで隠してたんですよ。

頭頂部を横に流す形で髪の毛を持ってきて隠してたので、あんまり気付かれない。 気付いた人がいても軽く「何かちょっと薄いね」ぐらいの。でもほとんど言われなかったですね。

ほとんど言われないぐらいだったんですけど、風呂から上がると大変なことになってるっていう(笑)

哲也:(笑)

有名な大きい所だったら「もし知り合いに会ったらどうしよう」っていうのが怖くて。メジャーすぎる所はちょっとって

笑顔で、通院する時の事を思い出して話す写真

知り合いに出会う心配がまず無かったので、すごく良かった

哲也:通院先のAGAクリニックを決めるにあたって、無料カウンセリングはいくつか受けましたか?

松本:それが、AGAヘアクリニックが最初に検索でヒットしたので、ここだけです。

哲也:あ、AGAヘアクリニックだけなんですね。でも、ネット上には他のクリニック情報も沢山出てますよね?

松本:ええ。出てました。ただ、場所が代々木だったからっていう。ここ(秋葉原)の前、代々木だったんですけど。 (※AGAヘアクリニックは以前は代々木にありました。現在は移転して秋葉原)

哲也:代々木が自宅から近かったんですか。

松本:そういうわけじゃなかったんですけど、帰り道だったっていうのがあって。

あと、有名な大きい所だったら「もし知り合いに会ったらどうしよう」っていうのが怖くて。メジャーすぎる所はちょっとって。

哲也:なるほど。そういう点ではここ(AGAヘアクリニック)は待合室もないし、来院したらすぐに直接診察室に入る仕組みだからいいですよね。

松本:はい。部屋数も多いし、知り合いに出会う心配がまず無かったので、すごく良かったです。

哲也:ちなみにメジャーなクリニックのイメージってどこでした?その時。

松本:何だっけな、爆笑問題ですかね。

哲也:爆笑問題。MSDですね。 (※プロペシアを販売する製薬メーカー。万有製薬とシェリング・プラウ株式会社が統合し、2010年に誕生)

松本:違うか、分かんない。GACKTかな。

哲也:あ、GACKT。じゃあAGAスキンクリニックですね。

松本:何か爆笑問題のイメージがすごく強かったのは覚えてるんですけど、たぶんその時GACKTだったかな。 分かんないですけどGACKTのイメージが、お金かかりそうって。

哲也:GACKTをイメージ広告で使ってるということが?

松本:GACKTが行くとかだったら「すごい高い所なんだろうなぁ」みたいな。

哲也:ああ「セレブが通うクリニック」的なイメージがあったってことですかね。 AGAスキンクリニックは特にセレブが通うクリニックではないですけどね(笑)

AGAが治った患者さんの後ろ斜めからの写真 ↑「これでだめだったら、俺はこの運命を受け入れるしかない」

治療費は通院前にネットで把握していたのと
あんまり変わらなかった

哲也:ちなみに、AGAクリニックの治療費は、総額でどのくらいかかると想定してました? そして想定通りでしたか?

松本:最初にネット情報で把握していたのと、あんまり変わんなかったです。

哲也:その金額はきつかったですか?

松本:多少きついですけど、まあ清水の舞台を飛び降りたと思えば(笑) 治ればリターンもそれだけ大きいというか、そう簡単に治るものじゃないから。

ただ、最初本当に1年を。。維持で、まあ確かに抜けはしないですけど増えもしないっていう。その時期は、何か葛藤はありましたけどね。

哲也:その葛藤の中で「もう止めようかな、金もかかるし」みたいなのはあったんですか?

松本:はい。もう、薬を切り替えた時にこれで効果出なかったら、もうお金かけるのもったいないと思って、止めよう。と。

これでだめだったら、俺はこの運命を受け入れるしかないって。あとはカツラを探そうとか。

哲也:あ〜、カツラに行くしかないと。

松本:分かんないですけど。そうなってみないと分かんないですけど、多分。

哲也:スキンヘッドにしようとか思わなかったですか?

松本:あ、思います思います。もう最終的には諦めてスキンにはしようと思って、スグにではなく、ゆくゆくですよ。 50歳ぐらいになったらスキンにしようと思ってました。

(通院前は本当に改善すると思ってました?)半信半疑で、思ってなかったです、正直

服のコーディネートも変わってきます

哲也:職業的にはどうなんですか。スキンにしても大丈夫? または薄毛であることが不利に働くとか。

松本:職業的には全く問題なくて、内勤なのでパソコンいじってる仕事なんで。 特に営業するわけではないから、あんまり気にはならないんですけど。

哲也:何のお仕事をされているんですか?

松本:デザイナーですね。

哲也:デザイナーさんなのですね。なんのデザインをしているんですか? 独立されているとか?

松本:WEBデザインとグラフィックデザインをやってます。フリーランスとかではないです、会社員です、はい。

哲也:なるほど。服のコーディネートとかも、薄毛なのとそうでないので変わってきますか?

松本:はい、全然ちがいますね、変わってきます。だから、もう最終的にはスキンにしてアロハとか着ないといけないのかな、とか(笑)

哲也:(笑)でも、デザイナーさんだったらその風貌もアリな職業なんじゃないですか。

松本:アリっちゃアリな職業なんですけどね。ただそれは本当の最終手段ですよ(笑)

横向のAGA元通院患者 ↑「前はちょっと自信なかったからか、自分からは声を掛けづらかったです」

以前は自信がなかったからか
自分からは声を掛けづらかった

哲也:実際どうですか、モテるようになりましたか? というか「これからガンガン行くぜ」みたいな。 今はどんな心境ですか?

松本:いや、恋人はできましたよ。

哲也:え? 早速! すごい!

松本:先月。

哲也:マジっすか(笑)

松本:マジで。

哲也:すごいですね。

松本:はい、はい。

哲也:話が出来すぎですね、それは(笑)実は私も経験してるからすごく分かりますけども。 それは何なんですかね、何が変わって恋人ができたと思いますか?

松本:自信付いたからですかね、何か自分から声掛けれるようになりましたね。

前はちょっと自信なかったんですかね。あんまり声掛けづらかったですね、自分からは。

哲也:その彼女には言ったんですか?(薄毛治療をしていることを)

松本:言ってないです。今の俺を見てくれ、と(笑)

哲也:(笑)

ちなみに、このAGAヘアクリニックには遠隔治療のメニューがあるのは知ってましたか?

松本:知ってはいたんですけど、そういうのがあんまりちょっと、対面じゃないと何か「せっかく金払ってるのに」みたいな。

哲也:確かに、感覚としては育毛剤っぽくなっちゃいますもんね。

松本:うん、そうですよね。

哲也:もちろん遠隔治療でもしっかりと効果を出せるので心配ないんですけどね。 ただその感覚は分かります。で、通院前は本当に改善すると思ってました? 半信半疑でした?

松本:半信半疑で、思ってなかったです、正直。

で、1年間のあの、停滞期があるので、通院後も途中までは思ってなかったです。で、もう止めるか止めないか、最後の賭けに出たって感じ。

哲也:賭けに出て。通院期間中って、毎日薬を飲んだり塗ったりするわけですが、薬を飲み忘れたこととかってありますか?

松本:それが一度もないんですよ。

哲也:一日たりともない?

松本:一日たりともないです。そこは何か意外と生真面目で、何か信じたら大丈夫だろうみたいな。

哲也:朝飲むとか、そのルーティーンが習慣化した的な?

松本:ルーティーンで、そうです。私は、朝飯を食うタイプの人間だったので、そこで一緒に。一週間分を全部入れて、ケースにパカパカと。

言っていいですか。恋人ができるってことです

●●●

もう、ああ、これ塗っときゃ生えるんだ!みたいな

哲也:内服薬のみで、塗り薬はしてなかったんですか?

松本:してますしてます。はじめの1年目まではフィナステリドのみ。で、1年目以降はデュタステリドとミノキシジルを使用しました。

哲也:ミノキシジルは外用薬と内服薬の両方?

松本:両方です。

哲也:毎日塗るのはちょっとベタついたりとか、そういうのは気にならなかったですか?

松本:気になりましたね。気になったんですけど、もうそこはぐっと、こういう整髪料使ってるんだ、今、俺はって。

哲也:慣れましたか、それは。

松本:いや、最後まであんまり慣れなかったんですけど、ただ癖になってたので、塗ってました。

哲也:濃度は何パーセントのものだったんでしょうか?

松本:いや、俺、何パーセントかまでは知らないです。もらうものを付けてました。

哲也:途中で「濃度上げましょう」みたいな話はなかったってことですか?

松本:1回上がったような気がするんですけど。あんまり気にしてなかったですね。 何か、もう生えてきた時期に1回変わったと思うんですけど、もう生えてきてたので、もう、ああ、これ塗っときゃ生えるんだ!みたいな。 「あ、分かりました」みたいな感じで。

哲也:なるほど。今は薄毛が改善した状態を、維持してる段階なんですよね?

松本:はい、キープの状態ですね。

哲也:薬の量が減ったりなど、変化はありますか?

松本:今、まだ最後に処方された薬を使い切ってない状態なので、これからですよ。ちょっとこれからかな。

哲也:これから薬を調整していくってことですね。

松本:はい。

ミノキシジルやデュタステリドなどAGA治療薬について話す松本さんの写真 ↑「薄毛が治ったうえに恋人も出来た」と本当に嬉しそうに話していました

ある日「あれ、触った感覚が違くないか?」
っていうのを感じた

哲也:あと、治療前と治療後で一番変わったこととかありますかね。何が一番変わったか、その生える前、後で。

松本:いや、言っていいですか。

哲也:はい。

松本:恋人ができるってことです。

哲也:断言(笑)いや、そればっかりは運やタイミングも必要でしょうけれど。 松本さんのケースは素晴らしすぎるんですが、逆に出来すぎてこのインタビューがウソくさくならないかが心配です(笑)

でも、本当に嬉しそうですね。思い出して欲しいんですが「最初に生えてきた時」って、どんな気持ちでしたか?

松本:最初に生えてきた時は、これ、(薬を)変えてから1カ月2カ月だったと思うんですよ。

ある日「あれ、触った感覚が違くないか?」っていうのを感じて、けどこれを誰かに相談なんか言えることでもなかったので。

「あれ、違うけど、あれ、どう、あれっ?」っていうのが初めて実感しました。

哲也:(笑)うれしい気持ちと。

松本:うれしいっていうか、あれ? 違う。これ(頭頂部)を確認できないけど「違うよね、きっと」っていう。

哲也:で、クリニックに来てちゃんと頭頂部の写真撮ったら「明らかに違うぞ!」みたいな。

松本:最初の1カ月目はあんま、そこまで変わってなかったと思うんですけど。 2ヶ月目くらいには、もう完全に違うだろうって思って写真撮ってもらったら、もう完全に生えてた(笑)

哲也:次の日の朝、目が覚めて起きた時も「あ、俺生えてるんだ。夢じゃなかった」みたいな?

松本:はい。生えてるんだって。頑張ってるな、毛根って。毛根も生きてるんだなって。リアルに思いました。

関連:→松本さんが通院した「AGAヘアクリニック」がガチでおすすめな3つの理由

最初の1年はちょっと、あれ、だましてんじゃねえのかって思った

AGAが発毛で治ったのが何よりの証拠、と話す写真

自分が結果が出てくると、もうそれが何よりの証拠なんで

哲也:でも今って嬉しい反面「また戻らないか」っていう不安はないですか?

松本:いや、それがあんまりないんですね。何か、これやり始めて、やっぱ生えてきたら今度、何か生活サイクルをきちんとしようと思って。

哲也:維持のために。

松本:維持のために。で、ちゃんと睡眠時間をとったりとか、朝までお酒飲むとか、深酒するとか、そういうのは止めるようになりました。

哲也:止めて「なんだよ、付き合い悪いじゃん」みたいな感じで言われたら、どう返してますか?

松本:彼女がいるからって。

哲也:ああ、そっか(笑)

松本:っていうので、何かあんまりそこまで気にしてないですね、今のところ。けど、またちょっと何かなり始めたら、もう1回、何度でも来ようかな。

哲也:治療中、辛いことはありましたか? まぁ最初生えてこないっていうのはあったと思うんですけど。それ以外で何か。

松本:いや、それ以外は全く何もなく、ただ生活の中で何か一つ増えただけで、習慣が。

哲也:やっぱ生活習慣もアドバイスされてるわけですよね。そういう食べ物だったり、総合的な。

松本:はい。あとは自分でも積極的にネットとかで調べていたのもあって。自分からも情報取ってたので。で、抜け毛も本当減ったので。

哲也:うんうん。でもやっぱネットっていろんな情報があるじゃないですか?

松本:ええ。だけど自分が結果が出てくると、もうそれが何よりの証拠なんで。だから自分と近い話は信じるようになりましたね。

哲也:ですよね〜。でも結果が出てきても、そういう情報を探すのは何故?

松本:探しますね。自慢したいから、できれば書きたいんだけど。

哲也:書き込みたいんですね(笑)

松本:書き込みたい。掲示板だったら書き込みたいし、まとめだったらそこの感想みたいなところに書きたいし、何なら自分でブログとか立ち上げたいぐらい。

哲也:発信したいと。メチャクチャ分かります。私もう何年も発信してる先輩です(笑)

松本:はい(笑)そういう気持ちもなきにしもあらずなんですけど。

哲也:ですよね。だって2ちゃんねるとか見たら、結構ディスってる、「生えねえよ」みたいなのあるじゃないですか。

松本:そうですそうです。それを、いや、こいつら、あ、マジ昔の俺だな、腐ってんなって。

哲也:(笑)

病院に通院を決断するまでの話をする写真 ↑「とりあえず扉を叩かないと開かないぞ、みたいなので、数年間そこら辺でやってたような気がする」

もう自分も歳とってきちゃったので結婚の2文字がチラつき始めて、やんなきゃいけないねっていう

哲也: では、「通院して良かったと思ってるか、満足度は?」っていうストレートな質問にはどう答えますか?

松本:それはもう完璧です。

哲也:完璧。

松本:生えたので、結果出してくれたので。もう結果オーライです。

哲也:ですね、うん。

松本:最初の1年はちょっと、あれ、だましてんじゃねえのかって思った。

哲也:はいはい、なるほど。

松本:結果オーライです。

哲也:クリニック行こうかどうしようかなって迷ってた期間って、どのくらいありますか?

松本:サクセス止めてからしばらく、まあ2、3年だと思うんですけどね。よく覚えてないですけど。

哲也:クリニックの存在は知ってて、「行こうかな、でも本当に治るとは思えない、ちょっと分かんないし。。」って感じですか?

松本:そうそう、分かんないしって。

哲也:それでたくさん情報を調べて。

松本:でも、その情報が正しいかどうかも分かんないしって。 まあ、けど「とりあえず扉を叩かないと開かないぞ」みたいなので、数年間そこら辺でやってたような気がする。

哲也:結構悶々と、長い期間ですよね。2、3年っていったら。

松本:悶々としてます。長い時間です。もう自分も歳とってきちゃったので結婚の2文字がチラつき始めて、やんなきゃいけないねっていう。

哲也:決心させた出来事が何か具体的にあったんですかね? それとも危機感を感じて自分で決心をしたのか。

松本:決心する直前はもう、何も言われてないです。もう「このまま結婚できなかったらどうしよう」としか考えてなかったです。

哲也:じゃあもう自分で決めたんですね。

松本:そうですそうです、自分で決めました。

哲也:もし今、同じようにその頃の自分みたいな人がいたとして、友達で。そしたらその友達にどういう風なことを言いますかね?

松本:髪の毛あると彼女できるよって(笑)

哲也:やっぱりそこですか(笑)

松本:はい。大丈夫、大丈夫、生えるよって。半年で生えるよって。これ見せて(アプリを見せる)。

誇大広告って、みんな思ってますからね

ネットの薄毛や病院の情報を沢山見た、と話す写真

ここ来るまで本当、結構見たんですけど、もう本当に何を信じていいのか分かんないので

哲也:いや、すばらしいですね。ありがとうございます。生の喜びが伝わって、やりがい感じました、私も。

松本:ああ、そうなんですか。

哲也:ええ、患者さんにお会いして。元々、自分自身の体験から情報発信を始めたんですが、すごい何か。

松本:何か生の声が。

哲也:はい。私もあの頃の嬉しさがまた蘇ってきました。生の喜びが伝わって、本当に。

私もいっぱい記事書いてるんですね、ああいう。広めたくて。 ただ「薄毛の治療」という性質か、なかなか簡単には信じてもらえないこともあって。 どう伝えたら信用されやすいと思いますか?

松本:ああ、それ分かんないですね。ここ来るまで本当、結構見たんですけど、もう本当に何を信じていいのか分かんないので。

哲也:分かんないですよね。でもビフォーアフターとか言って出てるじゃないですか。

松本:出てる出てる。出てるんですけど、それでも別人とか。

ビフォーとアフターちょっと違わないか?これ違う人だよねって。似てる人よく探してきたねって思ったり。

哲也:ああ、なるほど。大体、顔は出てないですからね。

松本:そうなんですよね。大体もうここ(おでこから上)だけなので。これ一緒な人じゃなくてもよくね?みたいな。

哲也:なるほど。

体験談のインタビューを終える寸前の写真 ↑「難しい、難しいですね。ほんと、治るのに勿体ない」

僕は治ったことを言いふらしてるので(笑)

松本:だから、もし本当だったら、これめっちゃすごいぞって。ダイエットとかと一緒で、ダイエットでも同じようなのを見ていたので。 そうそう、それで何かもう全部うそっぱちだろみたいな、世の中全部うそっぱちだって(笑)

哲也:そうですよね。なりますもんね。たとえ100パー生えますって書いてあっても、信用できないですもんね。

松本:信用できない。何ですかね、ただ、ちょっとでも自分が実感したら信用しますよね。

哲也:うん、そうですよね。UFOみたいなもんですかね。

松本:そうなんですよね。自分が見かけたら、あっ!マジでいたんだ!って(笑)

哲也:今はまだ、世間の多数派は「薄毛が本当に治る」なんて思ってないんですもんね。

松本:ないない、なかったんで。

哲也:周りの友達もそうですよね、多分。

松本:思ってないと思いますね。治るって思ってないですよ、本当に。

哲也:薄毛は治る時代に変わっているのに。

松本:誇大広告って、みんな思ってますからね。

哲也:。。うん、難しいですね、そこは。

松本:難しい、難しいですね。ほんと、治るのに勿体ない。

哲也:うん。

松本:けど僕は治ったことを言いふらしてるので、番長のところには相談はいっぱい来ますよ。

哲也:ええ(笑) そこはリアルで信じれますよね、本当に。彼女さん大切にしてくださいね、今日はありがとうございました。

インタビューを終えて

松本さんとお話をして、一番印象深かったこと。終始本当に嬉しそうでハイテンションだったことです。私もかつての自分を思い出しました。 「育毛剤であんなに長年苦戦していたのに、こんなに見事にAGAが治るとは!」と、とても嬉しくて興奮した事を覚えています。

そして何より重要なポイントを繰り返します。この体験は、松本さんが「特別運が良かった」訳ではありません。 沢山の患者さんの中で「たまたま上手く行った人を取り上げた」訳ではありません。

AGAクリニックに通院して起きる、ごく一般的なケースということです。これを強調しておきたいと思います。

なお、今回取材した松本さんが通院したのは、当サイトでもオススメのAGAヘアクリニックです。

明確な料金プラン

では気になる料金プランを徹底解説します。AGAヘアクリニックは、私も大好きなクリニックです。 多くのAGAクリニックと比較しても志が非常に高いからです。 注入治療といった費用が高額になる治療は選択せず、投薬治療のみでとても質の高い治療を行い、多くの薄毛患者さんを救っています。

松本さんもインタビューで「最終的な費用は、最初に把握していたものとそんなに変わらなかった」と話していたとおりです。 不明瞭な費用や、最初に話していた金額と違う!などと言うことは今時ありません。それは古い薄毛治療のイメージです。

5つの料金プランがあります。金額は全て税込です。

5,500円プラン/1通院あたり

治療費(料金価格)5,500円コース ↑このプランはフィナステリドの処方になります。

8,000円プラン/1通院あたり

治療費(料金価格)8,000円コース ↑このプランはデュタステリドの処方になります

15,500円プラン/1通院あたり

治療費(料金価格)15,500円コース ↑このプランはフィナステリド、ミノキシジル(内服薬)の処方になります

18,000円プラン/1通院あたり

治療費(料金価格)18,000円コース ↑このプランはデュタステリド、ミノキシジル(内服薬)の処方になります

31,000円プラン/1通院あたり

治療費(料金価格)31,000円コース ↑このプランはデュタステリド、ミノキシジル(内服薬・外用薬)の処方になります

どのプランが良いかは、医師と相談の上で決めます。通院は基本的に月に1回ペースです。

遠隔治療なら月に1度テレビ電話での診察・カウンセリングを行った後に、薬を郵送する形になります。 (※ただしずっとテレビ電話のみということはできず、医師の判断により来院が必要になるようです)

例えば今回インタビューした松本さんは通院治療でした。最初の1年間は5,500円プランで、その後の半年間を31,000円プランで治療しました。

つまり、5,500円×12ヶ月 + 31,000円×6ヶ月 = 総額252,000円。これを18ヶ月で支払ったので、1ヶ月の治療費平均は14,000円ということです。

これが高いと見るか安いと見るかですが、私はとても安いと思います。 このサイトで何度もお伝えしていますが、育毛剤は一見やすく見えますが、そもそも18ヶ月使ってもまず発毛なんてしません。

また育毛シャンプーなど育毛剤以外の費用もかさみますし、結果としてAGAクリニックに通院するよりも多くのお金がかかってしまいます! これは私の体験談です。この辺りはトップページに詳しく書いてあるのでご覧ください。

そして何より、育毛剤は改善しないその間もずっと薄毛のまま過ごさねばならないということです。 あまりにもお金と時間の無駄だと思いませんか?

このサイトは「ハゲを治すなら絶対AGAクリニックに行ってくれ!」という私の実体験による心の叫びから作られています。私と同じ失敗をしないでくださいね。

AGAに悩んでいる多くの方へ、一人でも多く生還されることを望みます!

関連:→松本さんが通院した、AGAヘアクリニックの院長が語る想いや実情など

AGAヘアクリニック

所在地:スマホのTV電話で全国どこでも自宅で遠隔治療が可能(※通院の場合は秋葉原(電気街口)徒歩3分) 

生の声! 通院体験談