【滋賀県版】失敗しない薄毛治療ができる人気の病院3選【2017】

薄毛治療を滋賀でお考えへの方へ。現在、滋賀県にはオススメ出来るほど実績の高いAGAクリニックはありません。 しかし、自宅にいながら通院しているのと同じ治療が可能な「AGAヘアクリニック」があります。 このクリニックの利用をオススメします。
1位・AGAヘアクリニック

所在地:スマホのTV電話で自宅から診察治療が可能 

スマホのTV電話を利用した遠隔治療が可能

AGAヘアクリニックは東京でも人気の最先端の薄毛治療を行うAGAクリニックです。 このクリニックは地方で薄毛で悩んでいる方向けに、自宅にいながら「通院しているのと変わらない治療」を行うサービスを行っています。

スマートフォンのTV電話を利用して月に1度、東京の医師が診察し、後日薬を郵送するというシステムです。 これで治った人が大勢いますので、通院が難しい方はこちらのサービスの利用を強くオススメいたします。

間違っても皮膚科や育毛サロンに行ったり、育毛剤を買ったりしないでください。理由はこのサイトで散々説明している通りです。

AGAヘアクリニックで薄毛治療をした
「松本さん」の体験談

『ーー最初の1年間はフィナステリドだけだったんですよ。
で、1年間、薄毛の進行を止めることは出来てたんですけど、発毛にはあんまり効かないなっていうので。。 そこからデュタステリドとミノキシジルで生やすようになって。あと塗るやつ、ミノキシジルの塗るのもやって。この3つをやってたら、半年でもう、伸びました。』

AGAヘアクリニック水島院長へのインタビューより

『ーー当院の患者さんは比較的若い方が多いので、だいたい90パーセント、もしくはそれ以上の効果は間違いなく出ていると思います。』

もしくは、滋賀から大阪まで出れば、実績と最新技術のAGAクリニックがあります

滋賀県の大津駅~大阪駅までは、電車で片道約1,000円・40分程です。往復でも2,000円程度です。通院頻度は月に1度です。 大阪まで出れば、実績と最新技術のAGAクリニックがあります。(大阪のおすすめクリニックランキングはコチラ

県内で探すよりも、月に1度だけの通院に交通費2,000円をプラスするだけで、最先端の薄毛治療を受けることが出来ます。ですので私なら大阪のクリニックに通院することをオススメします。

大阪は東京に匹敵するほど、薄毛治療の最先端クリニックが集まっている都市です。なので県外から通院している人も沢山います。このあたりは住んでいる地域にAGAクリニックが無い場合も参考にしてみて下さい。

滋賀でAGAクリニックを選ぶポイント

薄毛治療は、長期の定期的な通院が必要です。治療を完了してフサフサに生えそろってからも、維持のための定期通院が必要です。なぜかというと、AGAの症状を抑える薬の効果はひと月で切れてしまうため、定期的に薬を処方してもらう必要があるからです。ですからクリニック選びは慎重に決める必要があります。それでは以下に説明していきます。

立地・診察時間は自分に合っているか

薄毛治療は月一回の通院が必要です。個人差がありますが、半年から2年間の通院で薄毛治療は完了します。しかし、治療後も維持のために定期的な通院が必要なため、長期通院可能であることが大前提となります。診察時間と休診日も含め、通えるか確認してください。

費用・治療法は自分に合っているか

一番ベーシックな投薬治療の場合、治療費は5,500~32,000円/月です。
軽度の薄毛で処方薬がフィナステリドのみの場合、ひと月5,500円~8,000円です。中度以上の薄毛には処方薬が内服と外用薬の2種類になるケースがあり、その場合はひと月3万円ほどかかりますが、薬を組み合わせるほど効果が高まるため、結果的に半年から一年間ほどで治療を終えることができます。

その後、その状態を維持するために5,500~8,000円/月が必要です。 上記で紹介したAGAヘアクリニックは、支払いが一月分ごとも可能ですが、クリニックによっては半年分を一括で契約するケースもありますので、事前に確認してください。 また、費用を抑えたい場合、投薬治療を行わない、高額な注入治療や植毛しか扱っていないクリニックを選んでしまうとニーズとマッチしませんので予め確認してください。

無料カウンセリングがあるか

治療を始める前には必ずAGA専門クリニックで無料カウンセリングを受け、効果はどのくらい期待できるのか、費用はどのくらいかかるのかとことん相談の上進んでください。カウンセリングの結果ほかのクリニックへ行くことになった場合、お金と時間の無駄になります。人気のあるAGA専門クリニックはほぼ無料カウンセリングを用意しているはずです。それ以外の病院の内科や皮膚科の場合、ほとんどで初診料3,000円程度が取られてしまいます。

病院の皮膚科や内科のAGA治療はおすすめしません

内科はもちろん、皮膚科もそもそもは皮膚の病気や疾患を専門とする診療科目であり、頭皮や髪に関するAGAの症状については、専門ではありません。皮膚科の薄毛治療はそのほとんどがフィナステリドを処方するだけの処方ワンパターンです。

フィナステリドには様々な含有量の錠剤があり、医師は患者に最適な含有量を処方する必要がありますが、副作用のリスクも比例するため、充分な経験による判断力が必要です。薬には薬効というものがあり、薬を飲み始めて耐性がついてくる間の2年が一番効果が出る時期に一番効果的な治療薬を飲むことが大事です。

一日何人もの薄毛患者と接し、薄毛治療に関する最新の知見を得て研究開発している専門医との二人三脚で、結果的に早く薄毛から解放され費用面も安くなるはずです。

AGAの原因を知ろう

クリニックへ行く前に、ここで基本知識をざっくりと掴んでおいてください。AGAの主な原因は、遺伝と悪玉男性ホルモンの影響です。「DHT(ジヒドロテストステロン)」という「悪玉男性ホルモン」が体内で髪の毛の発毛を抑えるためです。AGA治療は、この悪玉ホルモンDHTを作らせないようにすることでヘアサイクルを通常化していきます。

     

本来、新しい髪の毛は生まれた後、太く長く成長して、数年後に抜け落ます。しかしAGAの場合は、新しい髪の毛は生えるが、細い産毛の状態のまま成長が止まり受け落ちてしまいます。しかも本来髪が育つ成長期間は本来2~6年だが、AGAの場合は最短で100日前後まで短縮されてしまっているのです。 薄毛が起こるメカニズムについては、こちらでも詳しく書いています。

  

AGAの特徴と進行について

AGAの人は額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から抜け毛・うす毛がゆっくりと薄くなります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。ヘアサイクルが通常は2~6年で生え変わるのに対し、 髪の毛が太く長く育たない100日前後のうちに抜けてしまいます。進行性なので、数年をかけて薄毛が進行して行きます。しかし、毛包が生きている限り、髪の毛は復活する可能性があります。毛包が無くなると残すは人工毛の植毛かカツラの選択肢になります。一日でも早く対処をすることが重要です。

     

育毛剤とAGA治療薬の違い

上記のメカニズムを理解すると、育毛剤との違いが簡潔にわかると思いますが、育毛剤は頭皮の血行を促進することで、頭皮環境を改善し、「抜け毛を抑えようとするもの」です。AGA治療は「発毛を目的」としています。発毛させたいなら、体内の根本的な薄毛の原因を抑えないと意味がないことが上記のAGAの原因からお分かりいただけたと思います。毛根が生きている限り、AGA治療を受けると、髪の毛のへサイクルは確実に正常化し生えます。

  

なお、混合されがちですが、「リアップ」は育毛剤でなく「医薬品」です。リアップはAGA治療で使われる医学会で「発毛効果」が認められている成分「ミノキシジル」が含まれているので、発毛効果はある意味お墨付きです。リアップと他の育毛剤は全く別物ですので、効果があるような見せかけに注意してください。

    
このページは、滋賀で薄毛やAGAの治療にお悩みのあらゆる地域の方向けに、情報提供しています。例えば、 大津、甲賀、栗東、草津、近江八幡、東近江、彦根、米原、長浜、高島 など多くの地域に対応しています。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談