薄毛治療しても治らなかった人の具体例

AGAクリニックに行っても治らなかった人がいるらしいけれど、診てもらっても大丈夫なの?」という不安から、治療をためらっている人もいるでしょう。実は早く治療を始めれば、私がそうだったように薄毛は治るのです。なぜ治らなかったのか、理由や対策などについて解説します。

AGAクリニックで薄毛治療をしても治らない人はいるのは事実

AGA(男性型脱毛症)が原因で薄毛になってしまった人の中に、AGAクリニックで治療を受けても治らなかったという人がいるのは、残念ながら事実です。なぜそのようなことになるのかというと、治療を始めるのが遅すぎて「手遅れ」になっているからなのです。                  

早期に治療をすれば治る病気であっても、治療開始が遅れると治らないというのはよくあることで、その典型的な例が癌です。AGAは癌のように命まで奪われてしまうものではありませんが、それでも手遅れになるとAGAクリニックによる治療効果が期待できなくなります。                  

これは、AGAが進行すると毛根が死滅してしまうことが原因です。何も植えていない畑に水と肥料をふんだんに与えても、何も生えてこないのと同じことです。治療可能な薄毛は、まだ辛うじて毛根が生きており、何も生えていないように見えても、産毛のようなものが生えているのです。この毛根に活力を与えることによって、髪の毛を元通りにしようというのがAGAクリニックによる治療なのです。毛根が死滅していては、手の施しようがありません。                  

AGAの症状が出始めてまだ時間がたっていない時期ならば、毛根が死滅するほど薄毛が進行していることはほとんどありませんので、高い治療効果が期待できます。逆に症状が出始めてから時間がたっているAGAは、初期に薄毛になった部位については毛根が死滅している可能性があります。早期のAGA治療をおすすめするのは、毛根が死滅する前に手を打てということでもあるのです。

薄毛治療をしても治らなかった具体例を紹介

では、実際に薄毛治療を行ったにもかかわらず、治らなかった臨床例を紹介しましょう。いずれも、早い時期からAGAクリニックで治療を受けていれば、何とかなった可能性があるものばかりです。                  

まず、発毛実績が99.3%を誇るアゲインメディカルクリニックの例です。哲也のクリニックへの取材で明らかになったのは、治療効果がなかった人は、過去2名。輸入薬を使って独自に治療を行っていた経験がある人だといいます。                  

その薬がどのようなものだったかは分かりませんが、正規のプロペシアでない場合、同じ成分のフィナステリド製剤であっても効果に不安があります。また、日本経済新聞によると、2015年に行った調査では、輸入バイアグラの4割が偽物だったといいます。フィナステリド製剤も、同様の問題が潜んでいる可能性は否定できません。もっと早くからAGAクリニックに通っていれば、違う結果が出たかもしれません。                  

AGAヘアクリニックへの取材でも治療効果がなかった臨床例がありましたが、この人は高齢だったといいます。上にも書きましたように、薄毛治療はあくまでもAGAの症状が進んでおらず、毛根がまだ生きている人でなければ効果が期待できません。                  

高齢の人は既に毛根が死滅しているケースが多く、治療効果が見込めない可能性が高いのです。この人も、若い時期に治療を始めていればどうなったか分かりません。                  

プロペシアの処方のみを希望した人で、治療効果が出なかったという例もあります。プロペシアはあくまでもAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるもので、髪の毛の成長を促すものではありません。ミノキシジルと併用することで、目に見える効果が出るのです。

        

薄毛治療をしても治らなかったら?AGAクリニックが行う対処法

では、薄毛治療をしても治らなかった場合、AGAクリニックはどのような対処法を取るのでしょうか。まず考えられるのは、薬そのものや容量を変更することです。                  

プロペシアで効果がなければザガーロに替える、ミノキシジル溶液の濃度をより高いものに変えてみることなどが考えられます。                  

それでも期待したほどの効果が出ない場合は「手遅れ」ですから、自毛植毛を行ったり、かつらを利用したりすることになります。日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでは、1年間にわたって外用薬と内服薬を続けても効果が出ない場合、自毛植毛やかつらを推奨しています。                  

「関連記事:23歳M字ハゲの友人がAGAヘアクリニックの遠隔治療を開始!まさかの3週間目で産毛が生えてきた…」

結局薬をやめると元どおりって本当?

そして重要なことは、AGA治療は継続が必要だということです。たとえ早い時期から治療を始めて、十分な効果が出ていても、薬をやめると元通りというのは、残念ながら本当のことです。                  

そもそもAGAによる薄毛が治っているのは、プロペシアやザガーロによってDHTの生成を抑えているからなのです。薬をやめれば元通りにDHTが生成され、AGAが進行するようになるのです。もちろん、そのまま放置すれば毛根が死滅して手遅れになります。                  

例外は自毛植毛で、移植した髪の毛はDHTの影響を受けにくいので抜けません。抜けてもまた生えます。ただ、その周辺の髪の毛についてはDHTの影響を受けるので、薬をやめると植毛を行った部位だけが残り、「離れ小島」のようになってしまいかねません。                  

「関連記事:AGA(薄毛)治療ってやめたらリバウンドするの?一生続けないとダメなの?」

自分で薄毛治療をしても効果は出ません

いずれにしても、自分で薄毛治療を行っても効果が出ないことだけは断言できます。まず、育毛剤の多くは日本皮膚科学会のガイドラインで「効果あり」とされている成分が含まれておらず、髪の毛が生えるかどうかは未知数です。しかも多くは医薬部外品に指定されており、医薬品ほどの効果が見込めません。                  

第一類医薬品に指定されているリアップは、AGAクリニックで使われているミノキシジルが含まれていますので、一定の効果が見込めます。ただ、DHTの生成を抑えるプロペシアを服用していないとAGAの進行が止められませんので、リアップのみでは不十分です。                  

そして、プロペシアやミノキシジルには数パーセントの確率で副作用が起こりえますので、個人輸入はリスクが高すぎます。AGAクリニックならばこうした薬の使用法について、豊富なノウハウを持っていますので、個人輸入より安全です。あらかじめ血液検査を行なってからの処方を行うので安心して治療に取り組めます。手遅れになる前に、AGAクリニックに診てもらうのが薄毛解消への第一歩なのです。                  

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談