【ミノキシジルの育毛剤】フサフサになる人と無理な人

ミノキシジルは医療機関で処方されている外用薬の主成分で、大正製薬の「リアップ」をはじめ、さまざまな市販の医薬品にも配合されています。ミノキシジルは発毛効果が認められている成分ですが、フサフサになる人と無理な人がいます。これは、ミノキシジルだけでは薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)対策としては不十分だからです。

薄毛にはミノキシジルだけでは無理な事実

ミノキシジルは医療関係者も高く評価している薬ですが、ミノキシジルだけでは薄毛対策としては不十分です。なぜなら、薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)に対して、ミノキシジルは無力だからです。

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張して血流を促進させ、毛根に栄養を与える薬です。DHTの生成を抑える効果はありませんので、頭皮が透けて見えるレベルの薄毛のだと髪の毛が生える以上に抜けてしまうのです。つまり、AGAの進行が激しい人は、まずDHTの生成を抑える必要があるのです。

医療機関ではDHTの生成を止めるために、まずプロペシアを処方します。それでも十分な効果が得られないようならば、より強力なザガーロの出番となります。ミノキシジルにこれらを併用することで、DHTを減らして抜け毛を止めながら、髪の毛を成長させるのです。

ちなみにミノキシジルやプロペシア、ザガーロは育毛剤ではなく、発毛剤と呼ばれています。これは、この3つが医薬品に指定されているためです。育毛剤と呼ばれている商品は医薬部外品、もしくは化粧品に指定されています。いずれも医薬品ほどの効果は期待できないということです。

日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでは、最高のA評価を得ているのはこのミノキシジルとプロペシア、ザガーロの3つだけです。医療機関がこれらの薬を処方するのは、高い発毛効果があると学会が認めているからなのです。

ミノキシジル発毛剤がオススメな人

では、リアップをはじめとするミノキシジル配合育毛剤は、どのような人にオススメできるのでしょうか。まず、薄毛が軽度で、AGAがあまり進行していない人です。DHTによる抜け毛が激しくなっていなければ、ミノキシジルによって髪の毛の成長力をアップさせるだけで、十分に対応できるためです。

ただ、AGAは進行性なので、いずれ抜け毛が激しくなってくるでしょう。そうなるとミノキシジルだけでは不十分で、プロペシアやザガーロを医療機関に処方してもらうことになります。

オススメできるもうひとつの条件は、赤くなったり、湿疹ができたりするなど、頭皮トラブルがないことです。ミノキシジルはこうした頭皮トラブルを引き起こすという副作用があり、メーカー側もそれを把握しています。副作用が出ると薄毛治療どころではなくなりますので、副作用が出ない体質であることもオススメできる条件となるのです。

3つの人気ミノキシジル発毛剤

現在、ドラッグストアやネットショップで販売されているミノキシジル配合の発毛剤は次の3種類について、どのような商品なのか簡単に説明します。

・リアップx5プラス
・スカルプD メディカルミノキ5
・リグロEX5
それぞれ、どのような商品なのか簡単に説明します。

「元祖発毛剤」リアップx5プラス

大正製薬が販売しているミノキシジル5%配合の商品の元祖で、60ml入りで税込み定価は7,611円です。 長い間、ミノキシジル配合の発毛剤はリアップのみでした。これは先発のリアップがミノキシジル配合育毛剤として特許を持っており、他社はそもそも販売することができなかったためです。

後発第1弾の「スカルプD メディカルミノキ5」

アンファーが販売している商品で、60ml入りで税込み価格は7,800円です。大正製薬の特許が切れた後に発売された初の後発品ですが、価格設定はリアップよりやや高めになっています。販売形態も通販が中心です。リアップとの大きな違いは、医療関係者のサポートが受けられることです。このサポートの差が200円近い価格差につながっているとすれば、必ずしも高いというわけではないでしょう。

リグロEX5

こちらは目薬などで有名なロート製薬の商品で、ミノキシジル配合発毛剤としては3番目です。税込み定価は7,560円で最も安く、容量は同じ60mlです。ミノキシジル配合の発毛剤は、配合成分がほぼミノキシジル一本槍で、大きな差がないことが特徴です。価格設定についてはやや差がありますが、せいぜい数百円といったところです。

どれも同じ効果が見込めるが、最低半年は使用しよう

上記の3商品はミノキシジル配合量が5%と同じで、配合成分にも大きな差はありません。このため、どの商品を使用しても、期待できる効果はほぼ同等だと考えていいでしょう。

ただ、ミノキシジルを塗ったからといって、すぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。大正製薬のデータによると、リアップは使用開始から24週間ほどで、効果が出た人が全体の9割になります。つまり、ほとんどの人に効果が出るまでには、半年は必要になるということです。その間、ずっと継続使用しなければならないわけで、月7,600~7,800円は痛い出費です。

しかも、ミノキシジルは使用を中止すると頭髪の成長力が元に戻り、薄毛が進行してしまう可能性があります。このため、さらに長期間にわたってミノキシジル配合の発毛剤を使用する必要があるわけで、経済的負担がどのぐらいになるかを考えると、頭が痛くなってしまいます。

ミノキシジル発毛剤の単独使用は、どちらかといえばAGAがあまり進行していない人向きの方法です。ただ、ミノキシジルに副作用があること、効果が出るまでに半年は見ておかないとならないこと、長期にわたって使用するため経済的負担が小さくないことなどは、留意しておきましょう。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談