AGA治療薬の効果と費用相場。
安全に安く服用したい人へ

AGA(男性型脱毛症)の治療薬の特徴は、服用をやめると頭髪が元に戻ってしまうこと。つまり、ずっと薬を飲み続けないといけないのです。AGAクリニックなどで処方してもらうと、長期的にはかなりのお金がかかってしまいます。だからといっていきなり個人輸入の薬を試すのは失敗のリスクが大きすぎます。安全性を確保しながらも、薬の料金を抑える私のオススメの方法を紹介します。

AGA治療薬の特徴と効果

医療機関で処方されるAGAの治療薬のうち、主なものはプロペシア、ザガーロ、ミノキシジルです。それぞれどのような効果を持っている薬なのか簡単におさらいです。

プロペシア

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質です。男性ホルモンをDHTにするためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要です。5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、プロペシアの有効成分・フィナステリドはⅡ型5α-リダクターゼの働きを抑えるものです。薄毛の原因を抑えることで毛が生えるというわけです。

プロペシアの効果は高く、3年間服用した人のうち、AGAが悪化したのはわずか2%という臨床データもあります。半面、ED(勃起不全)や精子減少など、AGA以上に深刻な悩みとなりかねない副作用があるのが問題点です。また、女性の場合、お腹の子供が男の子だと、男性器の成長に悪影響を与える可能性があるため、服用はもちろん、手で触ることも禁止されています。

  

ザガーロ

AGAの原因となるDHTの生成は長い間、Ⅱ型5α-リダクターゼによるものだとされていました。ところが最近になって、Ⅰ型5α-リダクターゼも関係していることが分かってきたのです。5α-リダクターゼにはⅡ型とⅠ型の違いがあることがポイントです。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドはⅠ型、Ⅱ型両方の5α-リダクターゼの働きを抑えるもので、最近になってAGA治療薬として認可されました。これによってプロペシアでは十分な効果が出ない人もAGAの治療効果アップが期待できるのです。

EDや精子減少などの副作用がある点、女性の利用認められていない点については、プロペシアと同じです。

ミノキシジル

頭髪の成長には栄養素が必要です。ミノキシジルは頭皮に塗布することで血管を拡張し、血行を促進させる薬剤です。もともとは内服薬だったのですが、水溶液を塗布することで発毛効果が確認されたため、外用薬としての処方が主流となっています。医療機関によっては「より高い効果がある」として、内服薬を処方しているところもあります。

ミノキシジルにも副作用があり、頭皮のかぶれや湿疹が起きる可能性があります。血管拡張によって血圧が下がりすぎる可能性もあり、心臓疾患を抱えている人などは処方してはいけないことになっています。

ミノキシジルの内服薬については副作用がより強く、低血圧の場合血圧低下によって命にかかわる事態になる可能性もあります。このため、日本皮膚科学会ではミノキシジルの内服については行うべきではないとしていますが、AGAクリニックでは血圧や血液の検査をあらかじめ行なうため、医師が心配が無いと判断した上で内服薬も処方されることが多いです。

AGA治療薬の費用相場

上述のようにAGA治療は健康保険の適用外で自由診療となっており、医療機関によって料金が違っています。AGAクリニックで一般的に行われているプロペシアとミノキシジルによる治療の場合、経験上月額1万5,000~3万円が必要となります。薄毛の程度がひどいほど、薬を組み合わせて処方するため、料金は高くなります。

ちなみに、治療薬でも十分な効果が出ない場合・早く発毛させたい場合、頭皮に薬剤を注射する育毛メソセラピーが行われます。私の場合、3回のメソセラピーを受けました。この治療法はクリニックによって結構差があります。私の場合AGAスキンクリニックで12万円でしたが、これ以上かかってしまうことも珍しくありません。

月額1万5,000~3万円の薬代が1年半くらいはかかると思っておけば間違いないです。

AGA治療薬は飲み続けないと効果が現れない

上述のように、AGA治療薬はずっと服用を続けていないと、頭髪が「元のはげ状態」になります。これはDHTの生成が抑えられるのは、プロペシアやザガーロを服用している間だけだからです。

プロペシアやザガーロの服用を中止すると、DHTが元通りに生成されるようになり、治療開始以前のように抜け毛が増えていきます。最終的には治療前の状態に。さらにAGAが進行すればそれを上回るような薄毛になってしまうというわけです

月に3万円程度でも1年半ならば何とかなると思っても、それを一生続けるとなると「一体、どのぐらいお金がかかるのだろうか」と不安になるのも仕方がないところです。

ですが、安心してください。ある程度発毛してきたら、フィナステリドとミノキシジルのの塗り薬だけでキープできる状態になるので、ミノキシジルの内服薬は辞めるので薬が減ります。さらに、その頃には自分に合った治療法や薬が分かっているはずなので、クリニックにかようのを辞めて通販の薬に切り替える手段もあります。後ほど詳しく説明します。

AGA治療薬を通販サイトで安く購入するリスク

「通販で薬が買えるんだったら最初からそれを試せば良いじゃないか」そう思う人は多いです。だからといって、個人輸入代行業者を利用してAGA治療薬を入手するのも、リスクが伴っています。確かに純正のプロペシアで5,000円台、インド製のフィナステリド製剤ならば2,000円で入手可能ですが、2つの問題があるのです。

ひとつは副作用が起きた場合、自己責任で対応しなければならなくなるということです。医療関係者でない限り、薬の副作用に自己責任で対応するのは難儀です。プロペシアやザガーロ、ミノキシジルの場合、公式に副作用があることが認められている薬なので、厄介です。

AGAクリニックはまず最初に検査を行います。血液検査と血圧チェック。また持病の有無やアレルギーの問診。さらに頭皮環境のチェックがあります。そうして薬の処方に問題がない状態が確認してからでないと薬は処方されません。ちなみに友人は頭皮の状態が悪く、改善されるまでミノキシジルの処方をしてもらえませんでした。

そのくらい慎重な検査を受けた上で処方されるから副作用がなく治療ができるんですが、いきなり通販で購入して服用を始めることは、これらのリスクを抱える分、安く買えるということを認識してください。

もうひとつは、業者によっては偽物を掴まされる可能性があることです。ED治療薬のバイアグラの場合、ネット購入のうち4割が偽物だったというデータがあるぐらいです。プロペシアなどについても、同様の危険性が否定できません。

一番オススメな「クリニックに通院後、通販で薬を買って治療継続する方法」

では、どのようにすれば医療費を抑えられるのでしょうか。それは「最初だけ医療機関で診てもらい、しばらくしたら個人購入に切り替える」というものです。私が実践し、安全にフサフサ頭をキープしている方法です。

AGAクリニックでまずは検査を受け投薬を受けていると、副作用の出ない「自分に合った薬」と最適な量が見つかるでしょう。フサフサになるまで医師のノウハウを利用しながら通院を続けます。

フサフサになると治療は完了になり、その後は維持になるタイミングがきます。そこでクリニックに通うのを辞めて、その薬を個人輸入代行業者を利用してネット購入して服用を続けます。そうすれば、副作用が出る可能性は低く、安全に維持できるのです。

ただし、長期による服用が原因で副作用が出た場合に、自己責任で対応しなければならなくなる点については同じです。また、インド製の安価なフィナステリド製剤の場合、製法の違いがあるため、どのような副作用が出るか分からないところがあります。購入するならば、純正プロペシアもしくは正式なジェネリックのフィナステリド製剤にしておきましょう。

   いずれにしても、個人輸入の薬は自己責任になります。私が通ったころはまだ少なかったのですが、今は日本製・外国製のジェネリック医薬品を用意しているクリニックも増えています。自己責任で長期に薬を服用するのが不安な人は、最初から医師にジェネリックを利用して費用を抑えていきたいことを相談すると良いでしょう。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

現在・通院中!
生の声! 通院体験談