お金が無い若ハゲを救う!「月3,000円から薄毛治療は可能」

若ハゲだけどお金がないから、高額そうな薄毛治療を諦めている人は多いですよね。私もそうでした。でも若いからこそ、ハゲが辛く早く治したい! そこでお金がない人でも受けられる薄毛治療を、人気AGAクリニック・皮膚科35院に足を運び、徹底調査しました。

医療機関の薄毛治療は月額平均7,319円

AGA(薄毛)治療で最王手の「AGAスキンクリニック」の調べによると、医療機関で薄毛治療は、月額平均で7,319円必要だといいます。これは実際に通っている患者の平均金額です。思ったより高くはないですよね? でも確かに、20代にとっては負担になりかねない金額ではあります。

しかも、薄毛治療の薬「プロペシア」は、服用をやめるとAGAが再び進行してしまうため、一生飲み続けなければなりません。ずっとお金がかかるのも、20代が薄毛治療に踏み切れない原因のひとつです。

ただ、現時点で医学的根拠がある薄毛治療は、医療機関で行われているもののみなのです。お金がない人が使いがちな育毛剤とシャンプーの組み合わせは効果に医学的根拠がないうえ、月当たりの平均5,585円も必要という結果が出ています。これならば、医学的根拠のある治療を受けられる方が、効果が期待でき、AGAクリニックの方が良いはずです。

薄毛治療は、「現状キープで十分」という人と、「発毛させたい」という人ではかかる費用が違います。20代ならば「現状キープで十分」という人も多いでしょうから、上述の平均価格よりもっと安い可能性があります。

現状キープなら月3,000円から薄毛治療可能

「現状キープ」を目指す治療なら湘南美容クリニック場合、月に必要なのは税込み3,000円です。これは、医療機関平均月額の7,319円はもちろん、育毛剤とシャンプーの平均月額5,585円も2000円以上、下回っています。

また、AGAヘアクリニックの「守り」コースも現状キープを目指した治療方針で、月に必要なのは税込み5,500円です。

↓AGAヘアクリニックホームページより抜粋

最近では抜け毛を止める薬「プロペシア」についてはMSDの正規品だけではなく、より安価なジェネリック医薬品を処方してくれるところもあります。ジェネリック医薬品なら安く治療が受けられますので、ジェネリックのプロペシアを取り扱っていて、なおかつ多くの薄毛患者の症例を見ている、実績のある人気クリニックを利用するのがオススメです。

【安い順ランキング】
人気クリニックのプロペシアのジェネリック医薬品

1位:湘南美容クリニック 1,800円
2回目以降3,000円
沢井製薬
2位:AGAヘアクリニック 5,500円 ビタミン・ミネラルを加えた医院オリジナル開発薬
3位:AGAスキンクリニック 3,400円
2回目以降6,000円
ファイザー株式会社
4位:ヘアメディカル 6,000円 ファイザー株式会社

AGAは進行性なので、治療開始が遅くなればなるほど効果が出るまでに時間がかかりますし、最悪の場合は「手遅れ」ということも考えられます。逆に20代ならば進行の度合いが低いでしょうから、早期に治療を始めれば短期間で効果が出るため、コストが抑えられる可能性があります。

初期費用を高くすると1年で発毛完了

「こんなに安いなら自分も薄毛治療できそう」と思った方も多いと思いますが、プロペシアはあくまでもAGAの進行を抑えるだけの薬で、あくまで現状キープです。結構薄毛が進行している人は、プロペシア加えて、発毛効果のある薬も必要です。

仮に結構薄毛が進行している人が、プロペシアだけの治療だと、発毛完了まで2年以上かかるというデータがあります。実際、プロペシアの製造元MSD株式会社の臨床データによると、プロペシアを使って2年で78%の患者に発毛が認められています。

月3,000円のプロペシアで月々の支払いは抑えられても、治療に2年以上(24ヶ月)かかった場合、。2年以上も薄毛治療が必要です。

20代の若ハゲは治療効果を早く出したいものですよね。薄毛でいる期間を早く脱したいはずです。治療期間の短い、コスパが高い治療が良い場合を希望する場合、最初から「プロペシア」に「ミノキシジル」を組み合わせて使います。

髪の毛の成長を促すミノキシジルを加えることで、初期の費用は月平均15,000円になりますが、若い場合1年の短期間での発毛完了が見込めますので、結果として満足した結果につながるというわけです。

    

費用と治療期間の違い

●プロペシアのみ‥月3,000円×2年=72,000円
●プロペシア+ミノキシジル‥月15,000円×1年=180,000円
→ひと月の費用を抑えると、治療期間が倍になる。ひと月の費用を増やすと、治療期間が短く済む。

医療ローンで月々の支払いを1万円代に抑えることも可能

ただ、もっと高額な治療が必要となるレベルまでAGAが進んでいる人もいますし、急いで発毛させたい場合は、さすがにコストの安い「現状キープ」では満足できません。そのようなときはAGAクリニックが用意している医療ローンを利用して、月ごとの支払い金額を抑えるという選択肢もあります。

高度な医療を受ける際、一度に医療費を払うことは20代にとっては大変です。医療ローンを利用すれば、月々の支払いを抑えることが可能になり、高額医療が受けやすくなります。少しずつ費用を返済しているうちに手取りが増えていき、医療費の負担が若い頃ほどではなくなることも考えられます。

私は薄毛治療に約40万円かかったのですが、医療ローンを利用し、月々の支払いを15000円にしました。15000円を24回払いで支払いました。元々育毛剤に月1万円近く支払っていたので、そこからあまり大差無い金額で月々の費用を抑えました。

「関連記事:私の薄毛治療の費用のすべて」

人気クリニックで医療ローンを扱っている2院を紹介します。AGAスキンクリニックと、湘南美容クリニックです。ヘアメディカル・AGAヘアクリニックは、医療ローンを扱っていないため、現金払いかカード払いになります。

1円もお金が無い人は、無料カウンセリングで薄毛原因の特定をすると良い

ここまで紹介した治療法を行うほどのお金もない、自分は本当に金がないんだという人もいるかもしれません。治療行為にはお金が必要ですので、1円もかけない治療というのは、当然ながら不可能です。

ただ、そういう場合に利用すると良い方法が、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けに行くことです。カウンセリングでは、自分の生活習慣や家族の薄毛の有無など、細かい問診があり、薄毛治療の専門家に自分の薄毛の原因をおおよそ特定してもらうことが出来ます。

例えば生活習慣の乱れを指摘された場合、薄毛に良い生活習慣や食生活のアドバイスを聞き、その後の生活に取り入れて行くことでお金をかけない薄毛対策をしてみることが出来ます。生活習慣の改善だけでは発毛効果は期待できませんが、上手くいけば抜け毛を減らし、薄毛の進行を遅らせることは可能です。

若い頃は必ずしも金銭的に豊かとはいえませんが、AGA治療は若い時期に始めるほど、毛母細胞の活性が取り戻しやすいため大きな効果が見込めます。また、その後の人生における精神的な苦痛が少なく済みます。経済事情を考慮しつつ、後悔の無い選択をしてください。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談