抜け毛予防の頭皮マッサージと生活習慣

将来の薄毛に備えたい人のための自分でできる薄毛予防策。頭皮マッサージと気をつけたい生活習慣や育毛シャンプーなど具体策を説明します。なお抜け毛がかなり進行している人に必要なのは「予防」ではなく「治療」です。誤解しないように注意してください。

「抜け毛予防」は薄毛の進行が無いうちに行うこと

抜け毛予防は、まだ薄毛が進行していないうちに行ってこそ意味があります。目に見えて薄毛が進んでから「予防策」を講じても改善は期待できません。まだ髪が元気なうちに対策を取り、抜け毛を未然に防ぐことこそが重要なのです。

抜け毛にはさまざまな原因があり、栄養不足・頭皮の血行不良・強いストレス・不規則な生活・ホルモンバランスの乱れなど、多くの問題が絡んできます。AGA(男性型脱毛症)の場合はクリニックでの専門的な治療が必要ですが、生活習慣にすでに問題があると思う場合、改善策をとることで生活習慣と絡んだ薄毛のリスクを減らすことができるのは確かです。

でも、抜け毛予防のためとはいえ、いきなり生活習慣を大きく変えるのは難しいですよね。できれば20代のうちから、少しずつ薄毛対策を講じておくといいでしょう。薄毛予防が自然に生活に取り入れられれば、本格的な注意が必要な30代以降になっても、負担を感じることなく薄毛を防ぐことができます。

抜け毛予防のためのヘアケア

抜け毛予防の基本は、頭皮の環境を整えることです。頭皮の衛生状態を保ち、十分な栄養を供給すれば、強い髪を育てることができます。普段から以下のヘアケアを試してみましょう。

頭皮マッサージを行う

頭皮に栄養を届けるには、頭皮の血行を促進する必要があります。頭皮は他の部分に比べて体温が1度~3度ほど低く、血管が収縮しやすいのが特徴です。他の部分は大丈夫でも、頭皮だけは血行不良になってしまうことも考えられます。

頭皮を触ってみて、固くゴワゴワした感触がすれば、頭皮が血行不良に陥っている証拠です。そんな時は、頭皮マッサージを行って血行を促進しましょう。末梢血管にまで十分な血液を行き渡らせれば、血行不良は解消できます。

頭皮を丁寧に洗う

頭皮を洗わずにいると、皮脂が頭皮の毛穴に詰まります。皮脂は雑菌の餌となるので、毛穴に雑菌が繁殖し炎症を起こしてしまうこともあるのです。皮脂詰まりを防ぐため、シャンプーは丁寧に行いましょう。髪を洗うだけではなく、頭皮全体を揉み込むように洗うのが効果的です。

頭皮への刺激を避ける

強い刺激は頭皮にダメージを与え、新陳代謝の機能を低下させてしまいます。頭皮を強くかきむしったり、髪を強く引っ張ったりすることは避けましょう。シャンプーや頭皮マッサージの際にも、あまり力を入れすぎないように注意してください。整髪料も、髪や頭皮に優しい成分のものを使用するべきです。

かきむしるのをやめられないほど頭皮のかゆみが強いのであれば、まずそちらを治療する必要があります。頭皮が炎症を起こしている可能性もあるので、必ず皮膚科へ行きましょう。特にアトピー性皮膚炎は、薄毛の重大な因子なので注意してください。

紫外線から頭皮を守る

紫外線が皮膚に大きなダメージを与える事実はよく知られていますが、頭皮も例外ではありません。仕事やスポーツの関係で屋外にいる時間が長い人は、頭皮のダメージが確実に蓄積していきます。帽子をかぶるなどして紫外線対策を行いましょう。夏はもちろんですが、冬場や雨の日でも紫外線は降り注いでいることを忘れないでください。

育毛シャンプーは効果的なのか

薄毛対策として有名なのが育毛シャンプーです。数多くの育毛シャンプーが発売されており、ドラッグストアなどで気軽に購入することができます。薄毛ではないものの、念のために育毛シャンプーを使用している人もいるでしょう。では、育毛シャンプーを使えば薄毛は改善できるのでしょうか。

結論から言うと、育毛シャンプーには薄毛予防として一定の効果がありますが、薄毛を治すことはできません。育毛シャンプーには発毛効果はないからです。一般的な育毛シャンプーには、主に以下の効果があります。

・毛穴の皮脂詰まりの解消
・頭皮の乾燥予防
・頭皮への栄養付加

これらの効果によって頭皮の環境を整え、薄毛を予防するのが育毛シャンプーの役割です。特に脂性肌や乾燥肌の人は、頭皮の環境が悪化しやすいので積極的に使いましょう。すでに薄毛が進行している人は、シャンプーで治そうとは考えず専門クリニックを受診してください。

抜け毛予防のための食べ物と生活習慣

抜け毛予防の中でも、最も大切なのは食事と生活習慣です。髪の生え変わりのサイクルは、体が健康な状態にあってこそ正常に保たれます。偏った食事や不規則な生活習慣が常態化していると、髪は大きなダメージを受けるのです。日々の生活の中で、以下のポイントに気をつけてみましょう。

食事

抜け毛を予防するには、頭皮に十分な栄養を送り届ける必要があります。何でもバランスよく食べるのが1番ですが、髪の材料となるタンパク質と、体の調子を整えてくれるビタミン・ミネラルは特に重要です。これらの栄養を豊富に含む食材を知っておきましょう。

・タンパク質
肉、魚、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト、納豆、豆腐

・ビタミン類
ビタミンA:うなぎ、レバー、ニンジン、ほうれん草、カボチャ
ビタミンB6:かつお、まぐろ、レバー、バナナ
ビタミンC:柑橘類、トマト、柿、アセロラ、イチゴ、ブロッコリー、ほうれん草
ビタミンE:アーモンド、たらこ、納豆、青魚、カボチャ、アボカド

・ミネラル類
亜鉛:生ガキ、うなぎ、レバー
鉄:レバー、アサリ、シジミ、ひじき、油揚げ、納豆
マンガン:生姜、日本茶、しそ、シジミ、油揚げ

睡眠

睡眠中は成長ホルモンが分泌され、全身の細胞が生まれ変わります。体の傷ついた部分も、睡眠中に修復されるのです。睡眠不足に陥ると、髪は十分に成長することができず、ダメージを受けた頭皮の修復も滞ってしまいます。睡眠時間は7~8時間は確保し、就寝・起床の時間も毎日一定に保ちましょう。

運動

適度な運動は血行を促進し、頭皮に栄養を届ける手助けとなります。また、程よく疲労がたまることでぐっすり眠ることができ、睡眠の質を高めてくれるのです。ストレス解消の効果も期待できるので、週に3回程度はジョギングなどの運動を行いましょう。

抜け毛がすでに進行している人は予防でなくて治療を

すでに薄毛が大きく進行しているのであれば、自力で何とかしようとは考えず、すぐに専門クリニックを受診することをおすすめします。進行した薄毛の人に必要なのは、予防策ではなく治療だからです。専門クリニックで受けられる薄毛治療には、主に以下のものがあります。

・内服薬の処方(フィナステリドなど)
・外用薬の処方(ミノキシジルなど)
・自家植毛(他の部分の毛を移植する)
・メソセラピー(治療薬や栄養成分などを頭皮に注入する)

薄毛には必ず原因があり、改善するためには原因を突き止めることが重要です。しかし、自力で原因を特定するのは難しく、あれこれ試している間に薄毛が進行してしまいかねません。それよりも、専門医のアドバイスを受けつつ、投薬治療や生活習慣の改善を行った方が確実なのです。

また、生活習慣に大きな問題がないにも関わらず薄毛になった場合は、AGAを発症している可能性があります。AGAは、投薬治療をはじめとする専門的な治療を受けなければ、進行を止めることができません。抜け毛に気づいたら、受診することを強くおすすめします。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

現在・通院中!
生の声! 通院体験談