40代のM字ハゲ・生え際の後退は「目立たない髪型に変える」か「治療をする」

40代になり恐れていた「M字ハゲ」になり始めて、焦っている人も多いのではないでしょうか。年齢的も微妙で、どう対策しようかと悩んでいる人も多いでしょう。あまり進行していない場合、目立たない髪形へ変える。隠しきれない程度なら隠さず潔く短髪に。でもそうならないために出来る治療もあります。

40代からM字ハゲ・生え際の後退に悩む人も多い!

40代になると、社会人ならそろそろ立派な肩書が付いてくる人もいるでしょうし、学校の先生だとベテランと呼ばれるようになる頃ですよね。

私の知人にもそんなベテラン教師がいるんですが、先日「相手に悪気はないんだろうけど、生徒から額が広くなってきてるねと笑われてしまった。昔は三歩下がって師の影を踏まずだったけど、今は三歩下がって師の禿を笑うだな」と、絵に描いたようなオヤジギャグを聞かされてしまいました。

この知人のギャグセンスの古さはさておき、教え子に薄毛を笑われてしまうのは結構、こたえたことだけは理解できます。

AGAスキンクリニックの調査によると、薄毛が気になる部位で「生え際」と答えた人は全体の55%にも上るのです。それだけ前頭部は、薄毛になりやすい場所だということの証明だと言っていいでしょう。

生え際を気にする人は55%

40代でM字・生え際の後退が進んできた場合、もう歳だしいいかと受け入れるか立ち向かうかの選択になります。受け入れる場合は、ベリーショートなどに髪型を変え、頭皮と髪のコントラストが目立たないように工夫をしましょう。前髪で無理やり広いおでこを隠すと「スダレ」のように見えて余計に薄毛を隠していると気がつかれるため、避けるべきです。

薄毛は自然に止まることは有り得ませんので、いずれは隠しきれなくなってきてしまいます。大正製薬が行なった20〜30代の女性へのアンケートによると、「薄毛を無理やり隠しているのは許せない」と回答した女性は9割にものぼります。女性は同じ薄毛でも、隠そうと必死なあまり、バーコードにしている男性は嫌いなのです。目立たないように短髪にしているほうが、清潔感を持たれて好まれるのです。勇気がいることですが、薄毛は隠すよりもスキンヘッドか短髪にして堂々と薄毛を受け入れる方が好印象を持たれます。

そうは言っても自分は薄毛はやはり隠したい。と思った人は、確実な治療をオススメします。同じ調査では、薄毛治療に通う人のうち、21%が40代だということも分かっています。40代でも十分に回復できる薄毛治療を行うことが確実な方法です。

「関連記事:AGAヘアクリニックの遠隔治療を開始したM字ハゲの友人。費用は経過を詳しくレポート中!」

40代のM字ハゲ・生え際の後退はAGA

M字ハゲは典型的な男性型脱毛症(AGA)のハゲ方なのです。AGAはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモン由来物質が原因ですが、頭部でのDHT生成には偏りがあるのです。

DHTの生成には5α-リダクターゼという酵素の働きが必要ですが、この酵素は頭部全体に均等に散らばっているわけではなく、前頭部と頭頂部に集中しており、側頭部や後頭部にはほとんどないのです。

つまり、AGAによってM字ハゲになるのは、DHTが生成されやすい場所から薄毛になっているためなのです。逆に、DHTがほとんど生成されない側頭部や後頭部の髪の毛は、いつまでもしぶとく残り続けます。サザエさん一家の波平さんの髪の毛のようになると言えば、分かりやすいのではないでしょうか。

上で「40代になるとM字ハゲが増えてくる」と書きましたが、実際にそのようなデータがあります。30代でAGAになっている人は12%しかいませんが、40代になると32%と3人に一人AGAになっているのです。そりゃ、M字ハゲに悩む人も一気に増えるというものです。

脱毛症という名前はついていますが、AGAは病気ではなく、薄毛になりやすい体質だと言えます。ただ、AGAの人の頭皮ではずっとDHTが作られ続けていますので、放置しておくと薄毛がどんどん進行し、最終的には毛根が死滅して髪の毛が生えなくなってしまうという問題点があります。

40代のM字ハゲ・生え際の後退を食い止めたいなら

薄毛はAGAだけによって引き起こされるわけではありません。40代になってくると、若い頃からの不摂生の影響で、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病を発症している人も増えてくるでしょう。この生活習慣病からくる血行不良も、薄毛の進行につながる可能性があるのです。

血行不良は全身に起こりますので、毛根に届く血液の量も減ります。これによって髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなり、髪の毛の成長が阻害されてしまうのです。これが薄毛につながるわけで、実際、キャスターの小倉智昭さんは糖尿病による血行不良が原因でカツラのお世話になっていることをカミングアウトしています。

このため、生活習慣病にならないようにするために、生活面に気を使っている人は多いです。代謝低下に伴って太らないように運動をしたり、糖尿病にならないためにお酒を控えたりといった具合です。

もちろん、このような生活習慣の改善は薄毛だけではなく、健康増進という面でも必要なことでしょう。ただ、生活習慣の改善は薄毛の進行を抑えることには役立っても、薄毛そのものを治すことにはつながりません。なぜなら、DHTの生成という根本的な問題が全く解決されていないからです。

上にも書きましたが、AGAはDHTが生成され続ける限り進行するもので、DHT対策をしなければ毛根の死滅は避けられないのです。本腰を入れて薄毛対策をしようと考えているのなら、絶対にDHT対策が必要になってくるのです。

「もっと早く通院しておけば良かった」と後悔しないように

DHTの生成を抑える方法はひとつしかありません。医療機関でDHT生成阻害剤であるプロペシアを処方してもらうなどの治療を受けることです。AGAを専門に診察しているクリニックに診てもらう方がいいでしょう。

プロペシアは皮膚科でも処方してくれますが、皮膚科では基本的にそれ以上のことは行いませんし、プロペシアの扱いに慣れているとも言い難いです。AGAクリニックならば、AGAの人を専門に診ていますので、知識が圧倒的で、副作用を起こさないよう、安全のために血液検査を事前に行ってくれ、プロペシアの扱いに慣れてます。また、プロペシアだけでは不十分だと判断したら、ミノキシジルの外用薬を処方したり、より高度な治療法を提示してくれたりするのです。

プロペシアだけなら一月8,000円程度で治療可能で、一番効果の強い薬の組み合わせた処方は月30,000円程度が相場です。高度な治療法はその分お金もかかります。プラス注入治療で頭皮に直接注射器で成分を与える治療もクリニックによって選択することができます。

「関連記事:M字と頭頂部Wハゲだった私の薄毛治療にかかった費用・内容すべて。」

AGAスキンクリニックの調査によると、こうした薄毛治療を受けている人のうち「もっと早く通院しておけば良かった」と思っている人が、全体の8割を占めているのです。また、治療経過6ヶ月目で56%が「かなり満足している」、44%が「満足している」と答えているのです。

AGAに悩んでいる人のうち、医療機関で治療を受けている人が6.6%しかいないのが、もったいなく感じます。私は28歳の時に薄毛治療を受けて、その後の人生が変わりました。なので薄毛仲間にもぜひオススメしたいんです。

同じ調査では、AGA治療を受けていない人のうち6割が、治療を受けてみたいと思っているのです。つまり、興味はあっても踏ん切りがつかない状態だということだと思います。このような人におすすめしたいのが、AGAクリニックが行っている無料カウンセリングです。

カウンセリングはAGAのエキスパートとも言える医師が担当していますので、さまざまなメリットがあります。現在の頭皮の状態を調べてもらえること、最適な治療法を提示してくれること、薄毛改善のための期間と月当たりの費用が分かること、クリニックで行っている治療内容が分かることなどが、メリットとして挙げられます。

繰り返しますが、AGAは放置しているとどんどん進行していき、最後に待っているのは「波平さん」です。M字ハゲを何とかしたいと思っているのなら、まずはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けた上で、実際に診てもらうかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

現在・通院中!
生の声! 通院体験談