50代のM字ハゲ・生え際の後退を食い止める確実な方法

50代になると薄毛の人が増えてくることもあり、額の生え際が後退しても「もう年だから仕方ない」と諦めてしまう人も多いでしょう。そんなあなたにぜひ、知っておいてほしいことがあります。薄毛治療をすれば、いつまでも若々しい髪型でいられる可能性があるのです。

50代からM字ハゲ・生え際の後退を確実に治すなら

50代ともなれば薄毛が若い頃から徐々に進行している人も多く、治療を行っても十分な効果が得られるどうかについては、何とも言えないところがあります。ただ、サザエさん一家の波平さんのようなレベルでなく、M字ハゲと呼べるレベルの生え際が後退してきている状態であれば、十分に治療効果が期待できるのです。

では、薄毛治療の中でも最も効果が期待できるのはどの方法でしょうか。答えは、薄毛を専門に治療しているような医療機関です。M字ハゲに高い効果が認められている医薬品をオーダーメイド処方してくれるなど、高い確率で効果が出る治療法を行ってくれるからです。

50代の人の中には、医療機関での治療はお金がかかるというイメージから、先ずはお金がかからないとされている育毛剤で済ませている人も多いでしょう。実際、AGAスキンクリニックの調査によると、薄毛治療に通っている人のうち、50代の占める割合はわずか8%にすぎません。

ただ、育毛剤に配合されている成分の多くは、アデノシンのような例外を除けば、日本皮膚科学会から効果があると太鼓判を押されているようなものではなく、薄毛治療につながるかどうかは分かりません。その点、医療機関の治療で使われる薬は、日本皮膚科学会も処方を強く推奨しているものですし、これまでの治療実績も十分です。少なくとも確実な期待できる効果という点では、医療機関による治療に軍配が上がります。

また、薄毛治療に通うのをためらっている50代の中には「もう年だから治療をしても効果は期待できない」と考えている人もいるでしょう。そんなことありません。実際に薄毛治療専門で170万人が利用実績がある医療機関・ヘアメディカルのサイトでは、50代の治療例が掲載されており、50代でも治療を行うのは「手遅れ」ではないということが分かります。

↓この症例はいずれも、M字ハゲが進行し頭頂部の薄毛と繋がった状態ですがここまで改善しています。
薄毛患者の通院治療後

薄毛患者の通院治療後

50代のM字ハゲ・生え際の後退の理由は老化だけではない

上にも書きましたように、50代のM字ハゲとなると「もう年だから」と、老化が原因であるかのように考えている人もいるでしょうが、違います。M字ハゲの原因はほぼ間違いなく男性型脱毛症(AGA)です。   

AGAは体内で生成されるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモン由来物質が原因で、髪の毛が抜けてしまうものです。「症」という名前はついていますが、病気というよりも体質だと言った方がいいでしょう。

AGAになっている人は30代では12%にすぎませんが、40代だと32%、50代だと44%というふうに、40代以降は一気に増えていくというデータがあります。50代でAGAになるのは「ありがちなこと」と言っていいでしょう。

では、なぜM字ハゲはAGAだと断言できるのでしょうか。それは、AGAによる薄毛はM字ハゲかつむじハゲのどちらかになるからです。AGAの原因であるDHTの生成には5α-リダクターゼという酵素が必要ですが、この酵素は前頭部と頭頂部に集中しているのです。つまり、DHTが生成されやすい場所から薄毛になっているというわけです。

もし加齢が原因で起きる老人性脱毛症ならば、一部が薄毛になるのではなく、髪の毛全体が薄くなっていきます。このため、M字ハゲは加齢が原因ではなく、AGAが原因だと断言することができるのです。

M字ハゲとつむじハゲは、進行して行くと徐々に薄毛の部分が広がり、やがて繋がります。前頭部が禿げ上がり両サイドの髪は残る状態になります。薄毛レベルは6段階に分かれますが、だいたい、5年間かけて1段階薄毛レベルが上がると言われています。

AGAの怖いところは、放置しておくと間違いなく進行し、最終的には毛根が死滅して髪の毛が生えなくなってしまうことです。上で「手遅れ」と書いているのはまさにこの状態のことで、そうなる前にAGAクリニックをはじめとする医療機関でDHTの生成を抑えるプロペシアを処方してもらい薄毛の進行を食い止める必要があるのです。

プロペシアは3年間服用した人のうち、AGAが悪化したケースがわずか2%という薬で、効果については折り紙付きです。ただ、数%のわずかな確率ですが、精力減退などの副作用がありますので、プロペシアについて熟知しているAGAクリニックで処方してもらうのがベストです。

「関連記事:ヘアメディカルに通う45歳の友人の薄毛治療レポート。半年でどこまで良くなるか?!」

実は手軽に通える薄毛治療専門のAGAクリニック

「でも、医療機関での治療って高いんじゃないの?」と思っている人も多いでしょう。50代ともなれば子供が成長し、教育にお金がかかるようになっている人も多いでしょうから、お金の問題にシビアになるのも無理はありません。AGAスキンクリニックの調査では、医療機関でAGA治療を受けている人は、わずか6.6%にすぎません。

薄毛治療は保険適用外の治療のため、全額負担となります。安くはありません。ですが実際のところ、AGAクリニックをはじめとする医療機関での治療にかかる費用は、育毛メソセラピーや植毛など、高度なものを選ばなければそれほどでもありません。

同じ調査によると、月当たりの費用平均は育毛剤とシャンプーが5,585円なのに対し、医療機関は7,319円と1,734円しか差がありません。リーブ21などの育毛サロンだと7,772円、かつらだと8,159円で、医療機関よりも割高です。同じ調査では、実際に治療を受けた人のうち54%が「思ったよりも出費がなかった」と答えています。

効果についても、治療から半年で56%が「かなり満足している」、44%が「満足している」と答えています。「もっと早く通院しておけばよかった」と答えている人が79.5%に上っており、期待した効果が得られている人が多いことが分かります。

それでも踏ん切りがつかない人は、多くのAGAクリニックが行っている無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。カウンセリングを受けることであなたの薄毛の現状や適した治療法、予想される月額費用が分かります。また、カウンセリングを通じて、実際に通うクリニックの雰囲気が自分に合うかどうかも分かります。

50代ともなれば、AGA治療は年齢的に「最後のチャンス」になるかもしれません。60代になると薄毛治療を行なっても効果が薄くなるため、クリニックは60代以降は治療ターゲットから外しています。まずはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けたうえで、実際に診てもらうかどうかを決めるというのがおすすめです。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談