ミノキシジルは外国製ジェネリックなら格安

ミノキシジルといえば「リアップ」や「スカルプD メディカルミノキ」などに配合されている発毛成分で、医療機関でも薄毛治療に使用されています。ミノキシジルは1ヶ月当たり外用薬で8,000円、内服薬で1万円が必要です。しかも、最低半年は使用しなければ、十分な効果は出ずお金の面から諦める人も。ですが、実は海外から安くミノキシジルを手に入れる方法があるのです。愛用者の僕が、格安な外国製のジェネリック医薬品の入手方法と、使用上のコツをご紹介します。

国内承認のミノキシジルジェネリックはない

ミノキシジルは大きく分けると、塗り薬と飲み薬があります。これは、もともとミノキシジルが血圧を下げるための内服薬として開発されたためです。

ざっくり説明すると、ミノキシジルは本来、血管を拡張して血圧を下げる薬でした。この薬を服用していた人に多毛症の副作用が出たため、試しに水溶液を頭皮に塗布してみたところ、髪の毛の成長力がアップしたのです。これによって、ミノキシジルがAGA(男性型脱毛症)をはじめとする薄毛の治療に使われるようになったのです。

実はミノキシジルのうち、AGA治療薬として認可されているのは外用薬のみで、内服薬は認可されていません。というか、内服薬のミノキシジルをAGA治療薬として認可している国は、どこにもありません。ただ、医師は正当な理由があれば承認薬以外でも処方できるので、効果の高い内服薬のミノキシジルをAGA治療に利用しているのです。このため、ジェネリック医薬品は存在していません。

また、外用薬については「リアップ」の大正製薬が独占的に販売できる時期が終了してから時間がたっていません。最近になってやっとメディカルミノキ、リグロの販売が始まりました。ただ、現時点ではまだ国内承認のジェネリックは豊富とは言い難い状況です。

海外にはジェネリックがたくさんあり通販で購入可能

ただ、ミノキシジルのジェネリックがないのはあくまで国内の話で、海外で承認されているものなら存在しています。そして、この海外の薬は、個人輸入代行業者を利用すれば手軽に入手できるのです。いくつか業者がありますが、その中でもよく名前が出てくるのがオオサカ堂です。

外用薬の場合フォリックスやカークランド、リグロースラボといった海外の商品は、日本の薬局では取り扱っておりません。リアップx5と同じミノキシジル5%の商品だと、オオサカ堂ならフォリックスが約4,000円、カークランドが約3,400円、リグロースラボが約2,000円です。医療機関での処方はもちろん、リアップx5と比較してもリーズナブルです。

↑哲也愛用のカークランド5% 60ml(2ヶ月分)3,422円

ミノタブ(内服薬)についても同様です。さまざまなジェネリックを取り扱っていますが、医療機関で処方されている4mgに近い5mgタイプだと3,000~3,700円といったところです。価格だけ見ると、AGAクリニックに1万円近いお金を払うのがバカバカしくなってくるレベルですね。

↑哲也の友人使用中ミノキシジル5mg(1ヶ月分) 3,700円

「関連記事:友人がヘアメディカルの処方をジェネリックで個人輸入したら3,778円だった」

        

海外製ミノキシジルは成分濃度が高すぎなので注意

ただ、海外製のミノキシジルを買うときに、注意しておかなければならないことがあります。それは、日本で使用されているものと比べて、濃度が高すぎる商品が多いことです。

例えばフォリックスの場合、ミノキシジル5%の商品だけでなく7%、10%、15%といった高配合タイプの商品が取り扱われています。リグロースラボについても、同様の商品がラインナップされています。医療機関で処方されるミノキシジルが5%であることを考えると、かなり濃度は高めです。

これは、ミノキシジルタブレットについても同様です。オオサカ堂で取り扱っている商品の中には10mgのものがあり、これはAGAクリニックの4mgの2倍以上になっています。

ミノキシジルは頭皮のかぶれや湿疹の副作用、ミノキシジルタブレットは動物実験で心臓破裂が確認されているほどリスクのある薬です。摂取量が多ければ多いほど、副作用のリスクは高くなります。しかも、個人輸入代行業者を利用した場合、副作用に自己責任で対応しなければならないというデメリットもあります。医療機関レベルならともかく、あまりにも濃度の高い商品はオススメできません。

効果が高いというクチコミに惑わされないでくださいね。

ミノキシジルだけではあまり効果がない人も

また、ミノキシジルがあまり効果を発揮してくれない人もいます。これは、AGA(男性型脱毛症)が進行している人です。

ミノキシジルはあくまでも髪の毛の成長力をアップさせるもので、抜け毛を抑える効果はありません。AGAが進行していると、髪の毛の成長力アップが抜け毛で帳消しになってしまうのです。

ミノキシジルの効果をアップさせるためには、プロペシアをはじめとするフィナステリド製剤との併用が必須です。AGAによる抜け毛の原因、DHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモンから作られないようにする薬で、これによって抜け毛を抑えるのです。

AGAによる薄毛が進行している人は、まずフィナステリド製剤によって進行を抑えたうえでミノキシジルを使わないと、髪の毛が生えてもすぐに抜けるという無意味なことになりかねないのです。

「関連記事:まずは薄毛の原理を理解しよう」

        

ミノキシジルは安全なクリニックでの入手がベスト

ミノキシジルはやはり医療機関で処方してもらうことがベストです。

ミノキシジルだけでなく、プロペシアにも精子減少などの副作用が数%の確率ですが報告があります。個人輸入代行業者を使って安く入手しても、医療関係者でなければ副作用に対処できません。また、入手した薬が偽物だったということは珍しくありません。

その点、医療機関による処方ならば、半年に1回の血液検査を行うなどして、副作用が出ないよう対処してくれますし、どのタイミングで薬を減らせばいいのか、効果が出ないときにはどう対処すればいいのかなどについても的確に教えてくれます。

医療機関での治療は、薬の個人輸入と比較すると割高ですが、ミノキシジルは海外のジェネリックで安くすませるよりも、医療機関による処方の安全性の方が重要だというわけです。

        

私のオススメは「まずはクリニック→ジェネリックでセルフ治療」

ミノキシジルは医療機関で処方してもらうことがベストですが、その当然費用面がネックになります。

効果のある薄毛治療は、月15,000円は必要で、治療には1年はかかりますし、その後も維持のために薬を8,000円程度出して毎日飲み続けないとなりません。

薄毛に深刻に悩んでいるのに、金銭面でクリニック通いを諦めている人もいます。

ですが、節約しようとしてひと月分8,000円のリアップだけを使っても、フサフサになるような発毛効果は見込めません。2年くらい使い続けて、産毛が濃くなって太くなる効果が出れば良い方です。

プロペシア無しではフサフサになるような発毛効果は見込めません。超高濃度のミノキシジルを塗っても、やはり同じですし副作用の危険も高まります。

そこで、私のオススメする薄毛治療は、まずは最低半年はクリニックに通い、その後自分で個人輸入したジェネリック医薬品で治療継続する方法です。

「関連記事:私が実践した一番効果的な方法」

   まずは、経験豊富な医師に自分に合う処方をしてもらうのが必須なのです。半年は初期投資です。これで薄毛の悩みから解放されるなら必要なことなのです。そこで安全で効果のある治療法を確立します。その後、通院を辞めて、自分でジェネリック医薬品で継続するという方法なら、安全で失敗の無い薄毛治療が出来ます。

節約も大事ですが、中途半端な治療をしてみても無駄な出費になってしまいます。自分にあった方法で早く、確実にフサフサになることをオススメします。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談