薄毛なのに仕事でヘルメット着用の人のための
【4つの薄毛対策】

ひょっとして、仕事で被っているヘルメットが薄毛の原因なのかもしれないと疑っている方へ。ヘルメットはハゲる直接の原因ではありませんが、悪化させる原因の一つ。これ以上ハゲないための対策をまとめました。仕事中の対策と仕事の後のケア方法を実践してハゲ悪化を予防しましょう。

ヘルメット着用の仕事は薄毛の原因?

まず、ヘルメットはそもそも薄毛の原因なのだろうかということですが、答えはNOです。AGAクリニックのサイトを多く調査しましたが、多くの医師は、ヘルメットは薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)とは関係なく、頭皮を紫外線から守ることができるメリットもあると断言しているのです。

実際、ヘルメットを被っているにもかかわらず、全く薄毛にならない人もいます。差が出る理由は、AGAの原因のひとつに遺伝による体質があるからです。

ただ、一方で多くの医師がヘルメットによる蒸れや、ヘルメットの汚れが原因で頭皮の炎症につながる可能性があることも書いています。ヘルメットによる摩擦で頭皮がダメージを受けたり、ヘルメットが頭皮の血行不良の原因となったりしていることも考えられます。

つまり、ヘルメットは薄毛の原因そのものではありませんが、薄毛を悪化させる要因のひとつにはなるということです。既にAGAになっている人の場合、何らかの対策が必要だと言っていいでしょう。

私の友人で薄毛の人も製造業で毎日仕事でヘルメットをかぶっています。汗をかいて痒い時があるそうで、薄毛を気にして治療のカウンセリングに行ったことろ、皮膚に炎症がおこっていると指摘されてました。

「関連記事:てっぺんハゲの友人が薄毛治療を開始!ヘアメディカル通院レポート中!」

ヘルメット着用の仕事中にできる対策

薄毛をこれ以上悪化させないため、ヘルメット着用の仕事中にできる対策としては、専用のアンダーキャップを使うことと、自分に合ったサイズのものを選ぶことが考えられます。

対策1:アンダーキャップを使う

ヘルメットを被っていると蒸れて頭皮の状態が悪化しますが、蒸れる原因は頭皮の汗です。汗の水分によって雑菌が繁殖することも、頭皮の状態の悪化につながります。アンダーキャップは頭皮の汗を吸い取ってくれますので、ヘルメットによって頭皮が蒸れにくくなります。また、雑菌繁殖の原因である汗が減るため、必要以上に内部が不潔にならなくなります。

対策2:締め付けないサイズを選ぶ

また、ヘルメットのサイズが選べない環境もあるかもしれませんが、ヘルメットのサイズが小さすぎると頭皮が圧迫され、血行悪化の原因となってしまうのです。頭髪に栄養を届けているのは血液で、血行悪化は頭髪の栄養不足につながり、薄毛を悪化させる可能性があるからです。面倒くさがらず、ヘルメットは自分に合ったサイズのものを選ぶようにすれば、頭皮の血行悪化をある程度抑えることができるでしょう。

ヘルメット着用の後にできる対策

ヘルメットを脱いだあとでも、薄毛を悪化させないためにできることはあります。洗髪をすることと、ヘルメットそのものを洗うことです。

たとえアンダーキャップを被っていても、汗によって細菌が繁殖するのを完全に抑えられるわけではありません。このため、ヘルメットを脱いだあとは、頭皮の細菌がかなり増えています。

対策3:頭を洗う

ヘルメットを被るような仕事は、基本的に疲労度が大きいため、家に帰ってすぐに寝てしまい「頭を洗うのは朝起きてからでいいや」なんて人もいるでしょう。これだと頭皮の細菌がさらに増え、炎症につながりかねません。面倒くさくても、家に帰ったらその日のうちに洗髪をすませておくようにすれば、細菌の繁殖を防ぐことができます。

対策4:ヘルメットを洗う

また、頭皮で繁殖する細菌は、もともと住んでいたものだけではなく、ヘルメットに付着していたものもあります。この細菌を減らすためには、ヘルメットを洗ってしまえばいいのです。

まず、内部をタオルで拭き取りましょう。できる人は、内装を分解して拭いた方がいいでしょう。耳顎紐は取り外して、中性洗剤で洗います。このあと、殺菌を兼ねて直射日光で乾かし、最後に元通りに組み立てれば完了です。こうすればヘルメットに付着する細菌を減らすことができます。

対策をしても改善しないときは

ただ、これらの対策を行っても薄毛が改善しないことも考えられます。そもそもヘルメットは薄毛を悪化させる要因であっても、薄毛の原因そのものではありませんから、薄毛の進行を完全に抑えるなんて無理な話です。

AGA(薄毛)は進行性なので、放っておくとどんどん髪の毛が薄くなり、最終的には毛根が死滅して髪の毛が生えなくなります。このような事態を招かないようにするためには、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える必要がありますが、それができるのはAGAクリニックの薄毛治療だけです。

AGAクリニックで処方している内服薬のプロペシアは、3年間服用してAGAが悪化した人がわずか2%という臨床データがあり、効果については折り紙付きと言っていいでしょう。デメリットはED(勃起不全)をはじめとする副作用が数%の確認されていることですが、AGAクリニックならばプロペシアについてのノウハウが豊富なので、副作用が出にくい飲み方を知っており、万が一副作用が出たときの対処も行ってくれます。

ヘルメット由来とみられる赤みが消えないときは皮膚科のお世話になった方がいいですが、皮膚科の一種であるAGAクリニックに診てもらうのもおすすめです。AGAクリニックには1人ひとりの職業や生活習慣に合わせたアドバイスができる専門医がいますので、ヘルメットから来る問題についても適切なアドバイスが見込めるのです。

いずれにしても、ヘルメットがAGAの進行を加速させることは考えられますが、ヘルメットが原因で薄毛になることはあまり考えられません。ヘルメットを被って薄毛になったと思ったら、疑うべきはヘルメットそのものよりもAGAの進行なのです。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談