プロペシアのジェネリック、国内製と海外製は何が違うのか

価格の安いプロペシアのジェネリック。クリニックでもらう薬と成分が同じならクリニックに通わず通販で購入して済ませたい。そんな風に考える人も多いでしょう。ですが費用だけ重視することはデメリットも。各社ジェネリック医薬品の違いを調べてみました。

プロペシアの「ジェネリック」とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、有効成分の特許が切れたあとに、他の製薬会社が製造した薬のことです。プロペシアの有効成分は「フィナステリド」で、アメリカのMSD社が開発しましたが、日本では2015年に特許が切れました。その後、いくつかの製薬会社がプロペシアのジェネリックを発売しているのです。

新たに開発する薬と比べ、研究や開発のお金がかかっていない分、ジェネリック医薬品の価格は非常に安くなります。そのため、長期間薬を服用しなければならない患者にとっては、医療費が節約できてとても助かるのです。AGA治療薬のように保険が利かない薬を使う場合は、特に大きな意味を持ちます。

なお、ジェネリック薬品はあくまでも「有効成分が同じ薬」です。薬の製造方法や効果・効能までが同じというわけではありません。薬のコーティングの方法を変えただけでも、効果に差異が生じることはありえるそうです。まったく同じ薬ではないことに注意してください。

各社プロペシアジェネリックの効果はどれも同じ?

ジェネリック薬品はあくまでも「有効成分が同じ薬」です。薬の製造方法は、メーカーごとに違うんです。成分が一緒なら同じ効果があると思うますよね?ですが、そうではないんです。フィナステリドを錠剤にする製剤方法が異なると、薬の溶ける速度が変化したり、有効成分の分解に違いが出てくるそうです。

国内製のプロペシアジェネリックは、国の承認を受けています。日本のジェネリックはかなり厳しい承認基準を設けています。先発品の薬と比べた効果について、誤差の許容範囲が定められており、先発品と比べて「若干効きすぎる」または「若干効かない」の差はあっても、その誤差は許容される範囲と保証されてます。

海外製ジェネリックは日本での承認は受けていません。有効性や安全性について、日本の基準による確認が取れていないことから販売も許可されていません。ただし、個人で使用するために海外製の薬を輸入することは認められています。

海外製も製造方法はメーカーによって異なるため、やはり効き目に若干誤差はあるはずです。海外のジェネリックの誤差の許容範囲がどのくらい調べてみたものの、見つけることが出来ませんでした。

国によってジェネリックの基準に違いはあるといえ、主成分は同じなので効果がでる仕組みは同じです。ジェネリックには若干の効き目の誤差があることを理解した上で、利用しましょう。

国内製のプロペシアジェネリック

国内製のプロペシアジェネリックを入手するには、医師による処方が必須となります。つまり、通販などでは購入できず、病院で処方してもらう必要があるのです。皮膚科でも構いませんが、できればAGAの専門クリニックを受診するのがいいでしょう。

また、AGA治療薬は保険の対象外ですが、その代わりに販売価格に関する法的な縛りがありません。そのため、各クリニックがある程度自由に値段を決めて販売できるのです。主な国内製プロペシアジェネリックの相場は以下の通りですが、クリニックでは大量に仕入れている分、これよりの安く処方してくれる可能性もあります。

         
ファイザー株式会社「ファイザー」 6,000円
沢井製薬「サワイ」 4,800円
東和薬品「トーワ」 3,800円
クラシエホールディングス「クラシエ」 4,760円
シオノケミカル「SN」 4,000円

※すべて1mg、28錠の価格です。

クリニックによって、ジェネリック医薬品を扱っていないところもあります。また、扱うジェネリックもそれぞれ異なります。

多くのプロペシアジェネリックには、100錠以上入ったボトルも用意されています。最初は効き目を確認するために少数購入するのがおすすめですが、長期間薬を使っていくと決まったら、ボトルに切り替えてみましょう。1錠あたりの価格が安くなってお得です。

海外製のプロペシアジェネリック

プロペシアジェネリックは海外でも多数発売されています。国内製に比べると、価格が非常に安いのが特徴です。生産コストの安い国で製造しているためです。しかし、それらは日本で承認は受けておらず、有効性や安全性について、日本の基準による確認が取れていないため日本での販売が許可されておらず、一般に流通していません。

ただし、個人で使用するために海外製の薬を輸入することは認められています。そのため、プロペシアジェネリックの入手は個人輸入の通販で買うことになります。この場合は、医師による処方も必要ありません。

ジェネリック医薬品の個人輸入サイトは、メーカーから正規のルートで確保されたものではありません。そのため偽物が混ざっている可能性もあります。成分鑑定書を表示して品質を証明しているサイトもありますが、数年前の鑑定書だったりします。

錠剤全ての検査をしている訳ではないですし、結局は購入者の口コミの内容を見て、それらを信用して購入するしかありません。私もアメリカのメルク社の「フィンカー」を服用していますが、そうしたリスクを承知の上、自己責任で購入しています。

主な海外製プロペシアジェネリックの相場は以下の通りです。

         
シプラ社「フィンペシア」 1,980円(30錠)
シプラ社「エフペシア」 2,800円(100錠)
インタス社「フィナロ」 2,200円(100錠)
ドクターレッディーズ社「フィナックス」 1,700円(30錠)
ロイド・ラボラトリーズ社 2,000円(30錠)
ティーオーケミカルズ社「ハリフィン」 3,100円(30錠)
メルク社「フィンカー」 2,316円(30錠)
 

※すべて1mg、ものによって100錠入りしかないものもあります。

素人がいきなり通販で薬を購入するリスク

海外製のプロペシアジェネリックは非常に安く、しかもクリニックを受診することなく購入できるため、「これですませよう」と考える人も多いでしょう。実際、通販サイトを使えばすぐにでも購入することは可能です。しかし、素人がいきなり通販で薬を購入するのはおすすめできません。以下のような問題があるからです。

通販サイトは信頼性に欠ける

個人輸入の代行業者は、信頼できるところばかりではありません。注文した商品が届かなかったとか、違う商品が届いたとかといった苦情はよく報告されています。何かトラブルが発生したとしても、業者が責任を持って対応してくれるとは限らないため、大手の通販サイトのように安心して使うことはできないのです。

私が利用するのは「オオサカ堂」で、独自に薬の成分鑑定を行なっていることと、購入者の口コミの多さで人気がありますが、たまにショップのURLが変更されているので、絶対的な安心感はありません。

また、先ほども述べましたが、メーカーから直販されたものではないので、見た目が本物と同じでも、有効成分が十分に配合されていないこともあるのです。本物かどうかを個人レベルで確認するのはまず不可能でしょう。偽物だと気づかないまま薬を使い続ければ、いくら安くてもお金の無駄になるだけでなく、健康被害も考えられます。

医師の指導なしに薬を使うのはリスクがある

フィナステリドは、薄毛の進行を抑える効果が医学的に認められている薬です。しかし、すべての人に十分な効果があるとは限りません。発毛を促進するミノキシジルなど、他の薬に切り替えた方がいいケースもあるでしょう。そういった判断には専門的な知識が必要で、個人が正しい判断を下すことは難しいのです。

また、フィナステリドには副作用もあります。稀なケースですが、なにか不都合があった時のことを考慮すると、医師の受け皿があるクリニックが安全です。一度もクリニックへ行ったことのない人が、いきなり検査も受けずに個人の知識だけで薬を服用するのは推奨できません。

費用を抑えた安全で確実な薄毛治療を

費用や安全性などの問題を考えると、AGA治療の理想的な方法は、ジェネリック医薬品を扱っているAGA専門クリニックを受診することです。AGA治療薬の処方自体は皮膚科や内科でも可能ですが、詳しい検査は受けられませんし、薄毛治療の経験が少ないです。

AGA専門クリニックでは、血液検査に血圧チェック、アレルギーや持病の有無の問診を受けてから初めて薬が処方されます。本来はこのくらい慎重に扱う薬なのです。その後もカウンセリングしながら専門的な治療を行なってくれます。

AGA治療は効果が現れるまで時間がかかるため、費用はどうしても高くなりがちです。ジェネリック医薬品を使えば、費用の問題もある程度解決できます。しっかり効果が出ているかを定期検査で判断してもらえれば、別の薬に切り替えるなどの対応も可能でしょう。結果的に効率よく治療が可能なのです。

不安があるのなら安易に通販で薬を購入しないことをお勧めします。大事なことは「発毛すること」です。お金をケチって健康被害や中途半端な結果に終わったら失敗です。安全で確実な結果を得るために、AGAの専門クリニックを受診してみることをお勧めします。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談