40代の頭頂部・つむじの薄毛は薄毛治療で治る

【薄毛治療体験談あり】45歳つむじ・頭頂部の薄毛治療をしている友人をレポート中。40代でつむじの薄毛が気になってきた方へ。20~30代で発症していた人なら、さらに症状が悪化しているのではないでしょうか。つむじハゲの原因はAGA(男性型脱毛症)です。薄毛治療で大きな改善が期待できます!

40代で頭頂部・つむじの薄毛を気にする人は多い!

最近は晩婚傾向にあるため、40代でもまだ子供が小さいという人も少なくありません。子供のためにかっこいい父親でいたいと思う人や、まだ結婚をして居なくて婚活中の人もいて、外見に気を使う人は多いですよね。

職場の上司も43歳で子供がまだ3歳と1歳なのですが、頭頂部の薄毛が進行しています。その子供から「パパの頭って、なんだかカッパみたい」と笑われてしまったそうです。多分、幼稚園かどこかでカッパの出てくる本を読んだのでしょうが、知人は「やっぱり子供に言われるとグサリとくるね」と悲しそうな顔をしていました。つむじの薄毛をきにしているだけに、余計にこたえたのでしょう。

上司のように、つむじの薄毛を気にしている40代は、意外と多いのです。AGAスキンクリニックの調査によると、つむじ周辺の薄毛を気にしている人は20%で、前頭部のいわゆる「M字ハゲ」の55%に次いで2位となっているのです。

後頭部を気にする人は2位

また、同じ調査によると、医療機関で薄毛治療を受けている人のうち、40代の占める割合は21%だとしています。40代になれば薄毛になっている人も増えますが、やはり年齢を重ねても薄毛は別物で、気になりますよね。

40代の薄毛の原因はストレスでは無い

40代の薄毛というと「最近ストレスが増えてきているし、もしかしてストレスが原因なんじゃないの?」と思っている人もいるでしょう。確かに、ストレスと薄毛の進行が無関係と言い切れない部分はあります。ストレスによる血行悪化の問題です。

ストレスを受けると、自律神経のうち交感神経の働きが活発になります。交感神経には末梢血管を収縮させ、血行を悪化させる働きがあるのです。これはストレスを受けたことで、交感神経によって体が「攻撃モード」になっているためで、戦ってケガをしたときの出血を抑えるという目的があります。

ただ、この血行悪化は全身に起きることが問題で、頭皮も例外ではありません。頭皮の血行が悪化すると、毛根に届く栄養が減少し、髪の毛の成長にマイナスとなる可能性があります。これが薄毛の進行につながっているというわけです。

確かに40代は仕事上の責任が増えてきたり、人によっては子育てに深くかかわったりしたりするため、ストレスが増える時期ではあります。薄毛につながるストレスと同時に運動不足を解消しようと、ウオーキングをはじめとする有酸素運動を行っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、血行改善は薄毛に一定の効果があるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。つむじの薄毛はAGAが原因であり、血行改善はAGAの原因の解消にはつながっていないためです。

        

40代の頭頂部・つむじの薄毛の理由

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質によって抜け毛が促されることで起きるもので、病気ではなく、体内でDHTが作り出されやすい体質のことと言っていいでしょう。特徴としては、必ずと言っていいほど前頭部の生え際が後退するM字ハゲか、つむじハゲのどちらかになるというものがあります。

これはDHTの生成される部位が、前頭部と頭頂部に偏っているからです。男性ホルモンからDHTを生成するためには5α-リダクターゼという酵素が必要ですが、この酵素が前頭部と後頭部に偏在しているのです。AGAはDHTが生成される前頭部と頭頂部から薄毛になっているわけで、逆にDHTがほとんど生成されない側頭部や後頭部の髪の毛はしぶとく残り続けます。

40代はAGAになる人が増える時期で、30代でAGAになっている人の割合が12%だったのに、40代になると32%と2倍以上になっているというデータもあるのです。40代は薄毛が増えるのは印象論ではなく、裏付けがあると言えます。

問題はAGAを放置しておくと、DHTが生成され続けますので、間違いなく進行してしまうということです。最終的には毛根が死滅し、どのような治療も効果が期待できなくなってしまいます。そうなる前にDHT対策が必要ですが、上にも書きましたようにそれはストレス対策ではありません。最も確実なのは、AGAクリニックをはじめとする医療機関でDHTの生成を抑えるプロペシアを処方してもらうなど、ちゃんとした治療をしてもらうことです。

対策は早めにスタート。育毛剤も薄毛治療も時間がかかります

AGAスキンクリニックの調査によると、医療機関で薄毛治療を受けている人はわずか6%です。ですが実際に治療を受けた人の8割は「もっと早く通院しておけば良かった」と感じているのです。

私も身をもって感じたのですが、薄毛治療に通って効果が出だすと嬉しい反面「薄毛治療にもっと早く通っていれば良かった」と激しく後悔してしまうんです。薄毛治療をした人によくある「薄毛治療あるある」です。

育毛剤は最低でも半年は継続して様子を見る必要があるとされていますが、これは医療機関の薄毛治療でも同じです。満足できる効果が出るまでには、1年ほど必要だとされているのです。時間がかかるなら、早く通院しておけば、もっと早くフサフサになれたのにということです。

しかも、育毛剤については、仮に半年間継続しても、ちゃんとした効果が出るかどうかは疑問です。これに対して、医療機関での治療ならば、効果が認められた医薬品を用いての治療ですので、高い効果が期待できます。

薄毛治療薬「プロペシア」を製造販売するMSD株式会社の資料によると、プロペシアを3年間にわたって服用した場合、AGAが改善した人が78%、症状が進まなかった人が20%で、悪化した人はわずか2%なのです。これほどの効果が確認されている薬は、現時点ではありません。どちらが確実でお金の節約になる方法かは、言うまでもないでしょう。

そして、薄毛治療を受けるなら、おすすめはAGAを専門に診察しているクリニックです。プロペシアには精力減退などの副作用が数%の確率で起こり得ることは事実ではありますが、AGAクリニックならばプロペシアに対するノウハウが豊富なので、副作用が出ないような使い方を熟知していますし、万が一のときでも副作用の対処法を知っているからです。

そして、多くのAGAクリニックでは無料カウンセリングを行っています。カウンセリングによって薄毛の現状や最適な治療法、。予想される月当たりの治療費などについて知ることができるのです。もしあなたがつむじハゲの治療を真剣に考えているのでしたら、まず無料カウンセリングを受けてから、AGAクリニックで治療を受けるかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。                  

【体験談】45歳頭頂部・つむじはげの薄毛治療

私の学生時代のバイト先の社員だった内村さん。管理人の私は今から4年前に薄毛治療を受け前頭部の薄毛が回復したのですが、頭頂部の薄毛に悩む先輩もヘアメディカルで薄毛治療をしてみることを決心。

薄毛仲間に薄毛治療を勧めたい私は、薄毛治療を疑ったり迷っている方へ、リアルな情報を発信できるチャンス!とレポートさせてもらっています。45歳のてっぺんハゲ治療。ぜひ参考にしてください。

45歳でも4カ月経過した時点で産毛が生え始め、半年経過した段階でかなり改善しています。

内村さんヘアメディカル通院レポート。詳しい費用や経過レポート詳細ページはこちらでまとめています。

↓まず、結果はこの通り順調です↓

↑【半年経過】45歳てっぺんハゲ治療中!

↑【治療前】正面から見ると気づかれないが頭頂部の薄毛がかなり進行

↑内村さん5ヵ月経過。ツルツルだった頭頂部に毛が生えてきた!

↑内村さん半年経過の自撮り動画。45歳でも半年でここまで改善。治療継続中です!

内村さんは治療継続中で、元どおりの状態に戻るまでにはあと半年は必要と思われます。薄毛で過ごす時間は取り戻せません。これを読んでくださった方も、悩んでいるなら即行動を起こしてみてくださいね。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談