プロペシアを飲んで初期脱毛が起こるのは2人に1人。気になる脱毛具合を詳しく解説

プロペシアを飲むと2人に1人は初期脱毛が起こります。薄毛治療の効果が出ている証明とはいえ、一時的に抜け毛が増えるのは困嫌ですよね。実際どれくらいの脱毛のレベルなのか、今まで取材してきた20人以上院長たちの話や、私や友人の体験談を踏まえながら、初期脱毛について説明します。このページを読むと、初期脱毛が起こる理由・起こる確率・どの程度の脱毛なのかが分かります。

1. プロペシアの初期脱毛は2人に1人。避けては通れない

プロペシアを飲むと必ず初期脱毛が起きるというわけではないのですが、実際にどのぐらいの確率で起きるものなのでしょうか。

20~30代男性を専門に薄毛治療をしているAGAINメディカルクリニックの宮本駿院長に聞くと、実際に初期脱毛が起きている確率は50%だそうで、最低でも2人に1人は初期脱毛が起きる計算となるのです。

↑AGAINメディカルクリニックの宮本駿院長。現役医師であり芸人で、最近は「しゅんしゅんクリニック」としても話題になっている。

初期脱毛が起きない人はラッキーですが、プロペシアを飲み始めたら、まず初期脱毛は避けて通ることができないと考えておいた方が、精神衛生上良さそうです。

「関連記事:【リスクや副作用は?】宮本院長にガチの質問をぶつけてきました!」

2. 抜け毛は2週間以上続く。期間・量は個人差あり

では、初期脱毛が起きた場合にはどのくらいの期間、続くものなのでしょうか。これについては、これまで国内No.1の19万人の薄毛治療実績のあるヘアメディカルの意見が参考になります。

ヘアメディカルによると、初期脱毛が起きるのは早ければプロペシアを飲み始めた直後、遅くても飲み始めから1ヶ月ほどの時期です。

期間はだいたい2~3ヶ月です。つまり、初期脱毛が起こってしまったら、2ヶ月は続くものだと覚悟しておかないといけないのです。

抜ける本数については、1日当たり200~300本。ただ、AGAになっていない人でも1日に80~100本が抜けているので、これを多いとみるか少ないとみるかは判断の分かれるところです。

いずれにしても、こうした数字はあくまでも目安にすぎません。人によって初期脱毛の期間が長くなることもあれば、短くなることもあります。本数についても、目安の数字より多くなる可能性はあるのです。

「関連記事:国内実績No.1、ヘアメディカルの評判とは」

3.なぜ初期脱毛が起きるのか?

初期脱毛とは、薄毛治療を始めた際の初期段階で、それまで以上に抜け毛の本数が増える現象を言います。それでは何故、初期脱毛なんかが起きるのか。その仕組みを簡単に説明しますね。

髪の毛は「ヘアサイクル」という人間の生理機能によって、常に生えたり抜けたりしています。

髪の毛は一般的に(ハゲていなければ)、1人の頭に10万本生えていると言われています。でもこの10万本、どれも同じ状態で生えているわけではなく、次の3種類のいずれかに属します。

・成長期 … 髪の毛が生えてきて成長する期間(正常時は6年間)
・退行期 … 髪の毛の成長が急速に衰える期間(2週間)
・休止期 … 髪の毛の製造が完全にストップし抜けるのを待つ期間(3ヶ月間)

いろいろな状態の髪の毛が混ざっているということです。そして初期脱毛で抜けるのは、このうちの「休止期」にある髪の毛です。つまり、いずれは抜けてしまっていた運命の髪が、まとまって抜けるんです。

だから一時的に抜け毛の本数が増えたように見えるんですね。成長期や退行期にある髪が抜けるわけではありませんのでご安心を。

毛根は休止期が終わると、また成長期に入って新しい毛を生産します。プロペシアを飲むと毛根が活性化するので、休止期から成長期へ早く移り変わろうとします。その過程で、休止期の衰えた抜けそうな毛を、新しい毛が押し出すというわけです。

薄毛仲間の平均的な現象

・プロペシアを飲み始めて2週間目あたりから始まる
・抜け毛の本数が、それまでの倍になる
・それが10日間ほど続く

これは私の周りの薄毛仲間の平均的な初期脱毛です。あくまで目安として頭に入れておいてください。

ちなみに私(哲也)は、初期脱毛はプロペシアを飲み始めて10日目あたりから始まり、抜け毛は2倍ほどになりました(300本ほど)。 医師からは初期脱毛のことは聞いていたのですが、実際に抜けると焦りましたね。。

で、これが2週間ほど続いたと思います。その後は抜け毛の本数は正常に戻り、飲み続けるに連れ抜け毛が明らかに減るようになり、やがて抜け毛は止まりました。

気になるのは「脱毛中、見た目にどのくらいの変化があるか」ではないでしょうか。次で詳しく見てみます。

4. 脱毛しても、スカスカになるわけではない【体験談】

初期脱毛ってそこまでヤバいものじゃありません。このサイトでレポートしている友人の翔太くんの初期脱毛体験談でもそのことが分かります。

これは初期脱毛前の状態と、初期脱毛中の状態の比較です。髪の毛がスカスカになってしまうようなことは起こっていません。見た目には変化は分からないレベルです。

↓初期脱毛前の状態と、初期脱毛中の状態の比較 比較するとあまり大差ない   

翔太くんの場合、プロペシア服用を始めてから1ヶ月たった頃には初期脱毛が始まっています。2週間ほど枕元に結構な量の髪の毛が落ちているという感じで、本人も不安がっていました。

次に初期脱毛中の状態と、初期脱毛後の比較です。その後は産毛が生え出し経過は順調です。

↓初期脱毛中の状態と、初期脱毛後の比較   

半年後は、おでこの生え際が前進して狭くなり、治療効果が出ていることが分かります。詳しく見たい方は翔太くんの通院レポートを読んでください。

「関連記事:23歳M字ハゲ翔太くんの薄毛治療レポート」

つまり、初期脱毛が起きても、髪の毛がスカスカになるような事態は考えにくいのです。それでも、もともと髪の毛の量が少ない人は心配になるでしょうから、ミノキシジルのような発毛薬を併用し、新たに生える髪の毛の成長力を同時進行でアップさせていくのがおすすめです。

ちなみに私の初期脱毛はプロペシアを飲み始め、10日目あたりから始まり、抜け毛はそれまでの2倍ほどになりました(300本ほど)。で、これが2週間ほど続きました。

その後は抜け毛の本数は正常に戻り、飲み続けるに連れ抜け毛が明らかに減るようになり、やがて抜け毛は止まりました。脱毛は精神的にかなり焦りましたが、これは良くなる前兆だと自分に言い聞かせ辛抱しました。

5. その他さまざまな初期脱毛の報告

他にも初期脱毛を経験している人はたくさんいます。ここではいくつかネット上から集めた、初期脱毛の症状をまとめて紹介します。いろいろなケースがありますから事前に知っておくと不安も和らぎます。

俺はプロぺシア服用2週間目くらいだけど、明らかに抜け毛が増えた。。

数日前から,脱毛が激しくなった。入浴後には浴室の床に毛が産卵していて,家内が心配するほど。 でも,1週間ほどで脱毛数も急速に減ってきて,早くも脱毛期が終わりそうな気配。これから,いっぱい生えてこい!

服用開始3ヶ月弱でやっと初期脱毛収まった。

まー、心配するな。俺も最初ガクブルだったが効果出ればすぐ戻ってオツリもくる。末期で手の施しようがない状態でなければ。

確かに飲み始めて2〜3週間目からかなりの脱毛があった。 ただ、抜けた髪を見ると短いんだよね。以前、枕に付いていた髪やシャンプーの時に抜けていた髪のように長くて太い毛ではなくて。

このように人それぞれです。ですが共通しているのは、初期脱毛で抜けた毛は休止期の細い毛だということです。

6. 初期脱毛で心配な時は、主治医やカウンセラーに相談

とはいえ、実際に初期脱毛が起こってしまったら、心配するなという方が難しいかもしれません。そもそも抜け毛の増加を気にして薄毛治療を受けているのですから、仕方がないです。

心配な時は、AGAクリニックの主治医やカウンセラーに相談してください。医師やカウンセラーはこれまでに多くの初期脱毛の臨床例を見ていますから、どう対処すればいいか分かっていますし、心配するようなことではないのも理解しています。

初期脱毛はあくまでも薄毛解消への一歩にすぎないことが理解できれば、あとは安心して治療に臨め、効果アップにつながります。

7. プロペシアの初期脱毛を避けたい場合、植毛かHARG療法

実は、どうしても初期脱毛を避けたいという人には、プロペシアを使わない、別の治療法を選択する手段もあります。それはHARG療法と自毛植毛です。

HARG療法は髪の毛の伸びを促す成長因子と、髪の毛の成長に必要な栄養を頭皮に注入するものです。桜花クリニックの福岡大太朗院長らによって開発された独自の治療法で、現時点では副作用などは出ていないと説明しています。

「関連記事:HARG治療と他の治療の違い」

一方、自毛植毛は後頭部などに残っている髪の毛を、薄くなった部分に移植するものです。日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでも施術が推奨されており、移植された髪の毛はAGAで抜けにくくなるなどのメリットがあります。

「関連記事:自毛植毛クリニックの種類と選び方」

これらの治療法を選択すれば、初期脱毛が起きることはほぼないですが、問題は費用です。HARG療法も自毛植毛も、トータルで100万円を超えるお金が必要になってくるのです。よほどのお金持ちでもない限り、初期脱毛を避けるためにこれらの治療法を選択するのは抵抗があるでしょう。

その点、プロペシアをはじめとするフィナステリド製剤の処方ならば月6,000~1万円、これにミノキシジル外用薬をつけてもプラス5,000円前後が相場で、HARG療法や自毛植毛と比較すればかなりリーズナブルです。

こコスト面を考えるならば、初期脱毛の恐れはあっても、プロペシアが一番おすすめの選択肢です。たとえ初期脱毛が起きても、時間がたてば収まりますし、その後はちゃんと治療効果が出てきますので、必要以上に悩まないようにしましょう。

8. まとめ

このページでは、初期脱毛が起こる理由・医者にきいた実際に起こる確率・どの程度の脱毛具合なのかを説明してきました。

1.初期脱毛は、プロペシアを飲むと毛根が活性化するために起こる現象で、新しい毛が休止期の衰えた抜けそうな毛を押し出している

2.初期脱毛が起こる確率は50%で2人に1人

3.脱毛量は、他人からは分からないレベル

以上の点がポイントでした。どうしても初期脱毛が嫌な場合、他の治療法(HARG療法・自毛植毛)を検討してみると良いですが、治療費に100万円はかかるため、月6,000~1万円のプロペシアによる飲み薬の治療がやはりオススメです。

初期脱毛が起こっても、「薬が効いている証拠」と一定期間我慢し、服用を中断したりしないでください。必ず成果は出ます。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談