「厚生省に認可されていない発毛剤ミノタブ」半年以上飲んだ結果

AGAクリニックの中にはミノキシジルタブレット(ミノタブ)を処方しているところが多いのですが、厚生労働省はミノタブをAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可していません。にもかかわらず、なぜミノタブ処方は可能なのでしょうか。ミノタブを半年以上服用経験のある僕たちの体験談も交えながら、ミノタブの実際のリスクと効果についてまとめてみました。

ミノタブが不認可な理由は、重篤な副作用の可能性があるため

ミノタブをAGA治療に使うことについては、医学界でも強い反対意見があります。日本皮膚科学会の脱毛症治療ガイドラインではミノタブについて、処方を行うべきではないとしています。

これはミノタブを服用することで、重篤な副作用が起きる可能性が否定できないからです。まず、犬を使った動物実験では、ミノタブ投与によって心臓破裂に至った臨床例が報告されています。

また、ミノタブの添付文書には、鬱血性心不全を起こす可能性があるので、必ず利尿剤を併用するように記載されています。ミノタブ服用によって心室肥大を起こした臨床例もあるなど、心臓への負担が大きいことがうかがえます。

そもそもミノキシジル配合の外用薬であるリアップですら、使用者が心不全を起こしたケースが報告されているのです(厚生労働省は因果関係を否定)。より高濃度のミノキシジルが全身に回るミノタブだと、心臓により大きな負担がかかることは想像に難くありません。

ここまで読んで「絶対にやばい薬だ!」と感じますよね。ではなぜ、病院で発毛剤として処方されるようになったのか、次で理由を説明します。

ミノタブはそもそも血圧降圧剤

そもそもミノタブは、AGA治療薬として開発されたものではありません。高血圧患者の血圧を下げるための、血管拡張剤として開発された薬なのです。

ミノキシジルがAGA治療薬に転用されるようになったきっかけは、ミノタブを服用している高血圧患者に、多毛症の副作用が出たことです。これに着目した医療関係者が、試しにミノタブの水溶液を頭皮に塗布したところ、毛細血管が拡張されて血行が良くなり、髪の毛の成長力がアップすることが分かりました。こうして、ミノキシジルはAGA治療薬となったのです。

ただ、こうした研究の経緯から、AGA治療で認められているのは、あくまでもミノキシジルの水溶液を外用薬として使うことです。「リアップ」のように、塗るミノキシジルは認可されていますが、ミノタブをAGA治療薬として使うことは、日本だけではなく、どこの国でも認可されていません。

それでもミノタブを医師が処方する理由は「発毛効果の高さ」

にもかかわらず、なぜ多くのAGAクリニックでミノタブを処方することができるのかというと、薬事法の規定が関係しています。医師は代替できる医薬品がないなどの正当な理由があれば、未認可薬であっても処方することができると定められているのです。

ミノタブについても同様です。発毛効果が高いとされ、他に代わりになるような薬がないと判断したうえで、AGAクリニックの医師が自己責任でミノタブを処方しているわけです。

もちろん、AGAクリニック側ではミノタブに重大な副作用が起きる危険性があることは把握しています。ただ、多くの場合、副作用については「ごく稀に起きる可能性がある」という形で説明されています。このため「まあ大丈夫なんじゃないの?」と、副作用のリスクをそこまで意識することなく服用している人が多いのが現状です。

友人2名がミノタブを飲んだ結果・半年で発毛効果あり

ミノタブの効果については、このサイトでレポートしている私の友人2人の実際の体験談が参考になります。一人は体毛が濃くなるの副作用は出ているものの、重篤なものはなく、いずれも良好な効果が出ています。

1人は会社の先輩である内村さんです。45歳にしてつむじハゲが気になり、遅まきながらヘアメディカルで薄毛治療を始めました。フィナステリドとミノタブ、外用薬のミノキシジル、亜鉛入りのビタミンサプリメントを処方してもらって治療した結果、4ヶ月目から頭頂部に産毛が生え始め、半年後には薄毛がほとんど目立たないレベルまで改善しました。

↑内村さんはミノタブの副作用が特に何も出ていません

もう1人は岡山在住の翔太くんで、M字ハゲの改善のため、23歳で薄毛治療を開始しました。AGAヘアクリニックの遠隔治療を受けています。

↑翔太くん

     

こちらも処方してもらったのはフィナステリドとミノタブ、外用薬のミノキシジル、亜鉛入りのビタミンサプリです。治療効果は2ヶ月目から出てきましたが、翔太くんは同時に手の甲の毛と腕毛が若干濃くなってしまっています。


↑手の甲の状態を比較。一般的にみて、普通〜薄い方なのではないかと感じるが、本人いわく濃くなったらしい


↑腕毛。1ヶ月前に比べると、太くなって伸びているのが分かる。

いずれもクリニック側がミノタブをはじめとする治療薬の副作用については十分に理解しているようで、半年に1回は血液検査を行い、薬の血中濃度を調べて副作用が起きないように細心の注意を払っています。

副作用があることが分かっている薬は、個人輸入で入手するのではなく、ちゃんと患者の安全面を重視する医師がいるクリニックに処方してもらった方が副作用のリスクが小さくなります。

「関連記事:二人のミノタブを含んだ治療経過を実況中!」
→ 【現在通院中!】翔太くんのAGAヘアクリニック通院レポートを読む
・【現在通院中!】内村さんのヘアメディカル通院レポートを読む

ミノタブを使わない治療も選択可能

いくら効果が期待できるといわれても、ミノタブは怖いから使いたくないという人もいますよね。上にも書いたように、医療関係者ですら処方について評価が分かれている薬なのですから。そういう場合には、ミノタブを使わない治療も選択できるようになっています。

以前私が直撃取材したAGAヘアクリニックの水島豪太院長のインタビューでは、ミノタブについて「飲み薬じゃないと効果がないわけではない」という見解を取っています。

↓AGAヘアクリニックの水島豪太院長。AGAヘアクリニックの水島豪太院長

インタビュー全文は→【ぶっちゃけ話】AGAヘアクリニックの院長にガチの質問をぶつけてきました!

外用薬のミノキシジルでも効果が出ている人もいれば、プロペシアやザガーロだけでも髪の毛が生えてきた人もいると説明しています。

外用薬のミノキシジルやプロペシア、ザガーロは、いずれもAGA治療薬として厚労省に認可されている薬です。もし、ミノタブを使うのが不安だというのでしたら、AGAクリニック側にこの3つの薬を中心とした治療を行ってもらえるように頼んでみるといいですよ。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

↑【半年経過中】現在・AGAヘアクリニックで遠隔治療中の友人。動画で嘘偽りない発毛具合をじっくりご覧下さい。半年でここまで改善、今後も治療を継続。遠隔治療で岡山県の自宅にいながらの成果です。 治療を受けているクリニックはAGAヘアクリニック

哲也と薄毛友達が、総額100万かけて通院・評価した結果↓

現在・通院中1
現在・通院中2
生の声! 通院体験談