薄毛治療に育毛サプリメントは必要か?

すでにAGAを発症した人が、育毛サプリメントだけで薄毛を治療することは難しいです。あくまで補助的に使用して効果を見込めるのが育毛サプリです。ただ、自己判断で選択することは非常に難しく、気分的に満足するだけで薄毛は改善しません。

育毛サプリだけで薄毛が治った人はいない

育毛サプリは補助的に使用すれば効果的です。でも、育毛サプリで薄毛の予防はできても、AGAが発症してから育毛サプリだけで薄毛が改善した人はいません。

何故なら、AGAの一番大きい直接的な原因は男性ホルモンに関係しているからです。

サプリメントの中にもDHTを抑制するものもありますが、あくまで補助的に使うもので、サプリだけで薄毛を著しく改善させるのは無理があります。

まず医薬品での治療があって、補助的にサプリを使うと有効

まずフィナステリドやミノキシジルといったFDAが認可している正式なAGA治療薬を服用することが大切です。その上で、さらに効果的に発毛を促す目的で育毛サプリメントを利用するのであれば効果的です。

その人に合わせたサプリメントを、オーダーメイドで補助的に処方するAGAクリニックも多いです。

サプリには3つのタイプがある

育毛サプリメントには3つのタイプがあります。

・DHTを抑制して抜け毛を防ぐタイプ
・血行を促進し発毛を促すタイプ
・髪の材料となる栄養素を補給するタイプ

ただサプリメントの難しいところは、これらの栄養素は相互に関係しあって正常に働くということです。何かひとつの栄養素があっても、それと一緒に働く栄養素が足りてなければ上手に働かないんです。

自分に必要な育毛サプリを判断するのは難しい

何の栄養素が足りないから薄毛になっているのか。これを自分で判断するのは容易ではありません。この事実はアスリートなどのスポーツ選手を考えると分かりやすいです。スポーツ選手は專門のスポーツドクターがついています。

ドクターが選手の体内の栄養状態を事細かにチェックし、データをとって、選手は必要なサプリメントを補給します。

素人のように「何となくこのサプリが良いと聞いたから」という理由で摂取したりはしません。

それに、「○○は髪の毛に良い」という話は沢山聞いたことがあると思います。それもそのはずで、「育毛に効果的な栄養素」って物凄く沢山の種類があるんです。

このあたりは薄毛治療に効果のある栄養素一覧にまとめてあります。

でも、これらの栄養素は毎日の食事から摂取することが出来ます。よって、自分に不足しがちな栄養素を摂取しないと意味がありません。

また、多く摂取しているつもりでも、頭皮の細胞に行き渡る前に他の器官で使用されてしまう性質の栄養素もあります。栄養素ごとに消費される特徴が違うんですね。

さらに、過剰摂取してはいけない栄養素も多く、過剰摂取で逆に抜け毛が増加することさえあります。

つまり、なんの体内データも持ってない私達素人が、何となくの感覚で育毛サプリを使用しても、お金を使うだけで大した効果は見込めません。

王道のノコギリヤシや亜鉛でさえ賛否両論

例えば、亜鉛やノコギリヤシといった栄養素は育毛サプリとして定番のものです。でもこれらのサプリメントで全く効果を感じなかっただけならまだしも、抜け毛が増加した人もいます。

体臭がきつくなったり、摂取を辞めた途端に顔の皮脂がとても増えたなど、ネガティブな反応も多く、素人が自己判断で使用したところで「人による」としか言いようがありません。

またサプリメントには吸収率というものがあるため、同じ栄養素を摂取しているつもりが、実際細胞に取り込まれている量が全く違うということも頻繁に起きています。

自分にとって何のサプリに何が必要かは、専門医が判断してくれる

私がこのサイトで再三お伝えしていることですが、AGAクリニックの専門医はあなたに必要なサプリメントを判断してくれます。もちろん必要ないと判断すれば、無駄にサプリを薦められることもありません。

薄毛治療に育毛サプリは必ずしも必要ではありませんが、場合によってはとても有効に働きます。

しかし「どの栄養素を取り込むことが、自分の育毛にとって良いのか」を、自分自身の体内データを持っていない私達が判断することは非常に難しいです。

もし自分で判断したいなら、まずは自身の体内データを採血や毛髪採取で取得してからです。

データも無いのにむやみに育毛サプリを購入するのは、飲み始めは精神的に安心出来るかもしれませんが、数カ月後に何の効果もなかったと落胆するのがオチです。

こういった事を繰り返すのはハッキリ言って時間とお金の無駄です。避けたほうが賢明で、他にするべきことがあると思います。