AGAクリニック通院後は、ジェネリック薬に切り替えるのがおすすめ

私が考える最も賢い薄毛治療法を紹介します。 まず半年~1年AGAクリニックに通院します。そこで自分に最も効果のある治療を確立し、通院をやめます。 ジェネリック医薬品に切り替えて同じ治療を継続します。これが効果・費用面共に最強だと断言できます。

私も実践中。一番賢いAGA治療法

私の場合は、AGAスキンクリニックに1年4ヶ月通いました。その後、それまで医師のもとで処方されていたプロペシアとミノキシジルをジェネリック医薬品に変えました。

現在、私が使用しているAGA治療薬と、薄毛治療にかけている1月あたりの費用をご紹介します。

フィナステリドは「フィンカー」を使用

フィンカー(Fincar)はプロペシアの代わりに使用します。プロペシアと同じ製薬会社(アメリカのメルク社)が出しているプロスカーという商品の、ジェネリック医薬品になります。フィンカー1錠あたりフィナステリド5mgを含有しています。

フィンカー(Fincar)

私が利用しているフィンカー輸入代行ショップ

フィナステリドは1mgでも効果があるので、この5mgをそのまま飲む必要はありません。費用を抑えるために1錠を半分に割って飲んでいます。

つまり1回(=1錠の半分)あたり2.5mgのフィナステリドを摂取しています。これを1日に2回、朝と晩に服用します。半分に割るのはピルカッターを使うと便利です。

ちなみにこの配分は、私がAGAクリニック通院中に先生と話し合った中で、私自身に合う方法として固まってきたやり方です。

人によっては1錠を4分割してそれを1日1回飲む人もいれば、同様に4分割を1日2回の人もいます。

なぜ私が朝晩の2回に分けて服用するかというと、フィナステリドは1回飲んで1日ずっと同じ血中濃度になるわけではないから、です。

フィナステリドは、服用後3時間で血中濃度が最も高くなります。そして約12時間ほど経つと血液内から消えます。

でもこれでは困ります。DHTが5αリダクターゼと結びつかないようにするために、フィナステリドには24時間ずっと活躍してもらいたいところです。

朝晩の2回に分けて服用することで、フィナステリドの効果を24時間受けることが出来ます。

コスパですが、フィンカー(5mg)の100錠入りで4,400円程です(輸入代行手数料や送料も込み)。価格はUSドルの為替の影響で多少変動します。

これで100日持ちますので、1日あたり44円です。月にすると 44円 × 30日 = 1,320円 です。めちゃくちゃ安いです(笑)フィナステリドに関しては月に1,500円未満でOKなわけです。余裕で払えます。

私がフィンカーを購入しているのはこちらの輸入代行ショップからです。

疑り深い私が何故このショップを選んだかというと、有名大手だから偽物を扱う不正はリスクのほうが大きいだろうという憶測と、専門機関の成分鑑定証明書がついているからです。(リンク先から鑑定証明書を見ることができます)

ミノキシジルは「カークランド」を使用

カークランド(Kirkland)は、アメリカの製薬会社大手であるファイザー製薬が発売している「ロゲイン」という商品の、ジェネリック医薬品です。ミノキシジルは5%配合されています(=100ml中に5mg配合)。

カークランド(Kirkland)

私が利用しているカークランド輸入代行ショップ

カークランドは、アメリカのカークランド社という製薬会社が製造しています。1本60mlの容量で、2本セットで購入しています。頭皮に塗るタイプのミノキシジルは、リアップx5、リアッププラス、ロゲイン、カークランドと試してきましたが、私にとっていずれも効果の実感は同じです。

であれば、カークランドは断トツで費用が安く(5分の1から6分の1の料金!)、AGAクリニック通院終了後はこれを利用しています。

コスパですが、2本で3,600円ほどです。つまり1ヶ月1,800円です。これもめちゃくちゃ安いですよね。私がカークランドを購入しているのはこちらの輸入代行ショップからです。

AGAクリニック通院終了後の、維持費用

では、まとめます。プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬は、生涯飲み続ける必要があります。その間も毎月ずっと何万円もかかっていたのではたまったものではありません。

そこで現在私はジェネリック医薬品を利用しています。つまり、AGAが改善した頭髪の維持費用といったことになるかと思います。私の維持費用は

フィナステリド — 1,320円
ミノキシジル — 1,800円
毎月の維持費 合計 3,120円

為替相場の影響で変動はしますが、だいたい3,000~3,500円ほど毎月の維持費用です。おどろくほど安いです。安くて、かつ、おそらく最高の治療方法だと思います。

ちなみに飲むミノキシジル(ミノキシジルタブレット)は、一時期少し飲んだ期間はありましたが、現在は飲んでいません。無くても維持できているので渡しの場合は問題無いようです。

まずはAGAクリニックに1年ほど通院する

とは言え、最初からジェネリック医薬品を使用して自分で治療を始めるのは、個人的にはオススメしません。何故なら、それは治療薬が市販の育毛剤から医薬品に変わっただけだからです。

AGAクリニックに通院し、医師の正確な判断のもとで自分の症状や体質がハッキリと確認できてから、それまで行った治療の薬部分をジェネリック医薬品に置き換える、という作業が大切なんです。

私は結果的に1年4ヶ月通院しましたが、最低でも1年位はAGAクリニックに通院することをオススメします。逆に言えば、これが最も間違いない治療法だと断言できます。

現在自毛植毛やかつら以外の最高のAGA治療をしようと思えば、

AGAクリニックに通う →
結果が出る治療法が分かったらジェネリックに置き換える

これが黄金の流れです。この流れ以上に費用対効果が高く、確実な治療法は現状、無いと思います。

これ以外のことをすると失敗した時(=改善しなかった時)に時間とお金を大きく失うことになります。私は5種類の市販の育毛剤を使用して改善しなかった経験がありますから、これは本当に伝えたいことです。

医薬品は初めて使う1~2年が一番効く

もうひとつ非常に重要な事があります。プロペシアやミノキシジルといったFDAに認可された正式な薄毛治療薬は、初回に使った時に最も効果を発揮するということです。

つまり、1~2年治療薬を使用して、2年ほど間を空けてまた使いはじめると、前ほどの効果を感じられない、ということがよく起きるんです。

これは私の知人でもそういうことが起きたケースが有ります。医学的な理由はよくわからないのですが、何事も初体験のインパクトが大きいということなのかもしれません。

特に飲む治療薬は体内に取り込むわけですから、耐性か何かと関連している可能性も否定出来ません。

要するに、自分で最初からジェネリック治療薬を選択して1年間治療して、思ったように改善しないのでAGAクリニックに行くとします。

すると、最初からAGAクリニックに行くよりもおそらく効果が薄いだろうということです。下手に自分で治療しないほうがいいと思います。

私は幸い、5種類もの市販の育毛剤を使用していましたが、その中に医薬品のAGA治療薬は含まれていませんでしたので、湘南美容外科クリニック(旧AGAルネッサンスクリニック)に通い始めた時はプロペシアやミノキシジルは初体験でした。

さらに、専門医から処方される医薬品はほぼ間違いないと言えるので、自分で個人輸入して成分が薄い偽物を使用し続けるといった失敗もありえません。

通院を止めると同時に、ジェネリック医薬品を利用する

通院を止めると同時に個人輸入代行業者を利用してジェネリックに置き換える。それまで医師のもとで行っていた治療法と同じやりかたで、ただジェネリックに切り替える、という感じです。

AGAクリニックに通院する費用は安いものではありませんが、確実な方法を選ぶのは、回り道をして上手く改善しないよりも結果的に時間もお金も髪の毛も無くならないと、私は実体験を通して思います。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談