薄毛治療は保険外!総額いくらかかる?費用を安く抑える方法も紹介

薄毛治療をやりたいけど、費用はいくらかかるのか?やはり高額なの?そんな疑問を抱える方へ、平均的な費用をまとめました。費用面・実力のバランスが良い人気クリニックの費用を治療法別に比較。最後に私が実践する費用を安く抑える方法も紹介します。

薄毛治療は保険が適用されない

薄毛治療は、直接命に関わる病気でなないので、 AGAの治療は美容整形と同じ分類に分けられており、残念ながら保険は適用されません。 病院の皮膚科でも同じくAGAの治療は保険適応外となります。

ちなみにAGAの治療は、以下の場合医療費控除が受けられます。

医療費控除を受けられるケース

施設 内容
AGAクリニック ・プロペシアやミノキシジルなどの処方を受けた場合
・HARG療法(ハーグ治療)を受けた場合
・注入治療(メソセラピー、グロースファクター再生療法など)を受けた場合
・自毛植毛を受けた場合
皮膚科 ・プロペシアやミノキシジルなどの処方を受けた場合

医療費控除を受けられないケース

施設 内容
ドラッグストア ・育毛シャンプーを買った場合
・育毛剤を買った場合 (例:バイタルチャージ、カロヤンガッシュ、アデノゲン、モウガ、ゼロスカルプ ダイレクトエッセンス、薬用不老林 ライブXGブラックNなど)
・医薬品を買った場合(例:リアップシリーズなど)
インターネット ・育毛シャンプーを買った場合
・育毛剤を買った場合 (例:チャプアップ、薬用ポリピュアEX、ブブカ、薬用プランテル、イクオス、REDEN、THE SCALP5.0Cなど)
・医薬品を買った場合
・個人輸入代行業者を利用し、海外からAGA治療薬を買った場合

薄毛治療にかかる費用は2ステップに分かれる

薄毛治療の費用は2ステップに別れます。まず第1ステップは発毛をさせ髪の毛をフサフサにする治療のための費用。第2ステップは治療後のフサフサを維持していく費用です。各ステップの治療費用をみていきます。

ステップ1 フサフサにする治療の費用

まずは薄毛をフサフサにする治療を行います。


薄毛治療の平均月額 5,500~32,000円/月

5,500~32,000円と金額に幅がある理由は、人により必要な処方が異なるためです。
軽度の薄毛ならフィナステリドのみで5,500~8,000円。中程度以上の薄毛ならフィナステリドに加え、ミノキシジルの内服薬と外用薬で最大で32,000円程度です。

人によってフサフサになるまで個人差があり、治療を終えるまで上記の月額が三ヶ月~二年程度かかります。 中程度以上の薄毛治療は月々32,000円で2年もかかるのかというと、そうではありません。この組み合わせは発毛効果が非常に高いので、半年〜1年もあればかなり毛が生えてるはずです。

2年程度かかる人は、最初の1年はフィナステリドだけで費用を抑えて発毛させたいと考えたが発毛効果が実感できず、次の1年でミノキシジルと併用して発毛できたという、いくつかの治療を試した人のパターンがほとんどです。このような個人差があります。      

ステップ2 フサフサを維持する費用

フサフサになり薄毛治療を終えた後、薬を飲むのをやめると薬の効き目はひと月で切れるため、次第にまた薄毛になってしまいます。維持のために薬を飲み続けなくてはなりません。


治療後の維持費 平均月額 5,000~8,000円/月

いきなりこれらの費用を見ると高い!と感じる方がほとんどかと思いますが、 費用の安いクリニックや、毎月の維持費を合計3,120円に安く抑える方法もこの後あわせてご紹介します。

2つの治療方法の費用相場

AGAクリニックの薄毛治療の内容は大きく分けて2つあります。 投薬治療と、注入治療(メソセラピーなど)による治療です。薬のみ、注入治療のみ、また二つを組み合わせる方法があります。

AGAの薬は、保険の適応がないため国で決められた薬価がなく、薬の販売価格はクリニックが決めています。そのため価格が異なります。それぞれの費用を人気クリニックで比較してみました。

投薬治療の費用相場

飲み薬と塗り薬での治療です。薄毛の原因の悪玉男性ホルモンを薬で抑制することで、抜け毛を抑え発毛サイクルを正しくします。早期であればあるほど、飲む薬だけで早く治療できます。

飲むAGA治療薬 フィナステリドなど
塗るAGA治療薬 ミノキシジルなど

■クリニック別投薬治療の相場 /1ヶ月


AGAスキンクリニック 6,000~21,000円
ヘアメディカル 11,000~32,000円
湘南美容外科 3,000~34,020円
AGAヘアクリニック 5,500~31,000円
銀座総合美容クリニック 7,020~18,900円

注入治療による治療

発毛に有効な成分を混ぜ合わせて直接頭皮に注射器等を用いて注入する方法です。注入する成分の種類、成分量は、クリニックによって異なっています。少なくとも6回以上の注入治療を行うのが一般的です。


■クリニック別注入治療の相場 /1ヶ月


AGAスキンクリニック 50,000~70,000円
ヘアメディカル 行っていません
湘南美容外科 68,850円
AGAヘアクリニック 行っていません
銀座総合美容クリニック 19,440円

薄毛の度合いで費用は変わるの?

AGAの進行程度は初期・中度・重度に分類されます。初期段階の方のほうが、治療期間が短く完了する傾向にあるため、当然費用面は抑えられます。また若い方の方が発毛効果が早く出ます。

支払い方法は分割払いも選べるの?

ほとんどのクリニックで料金の支払いにはクレジットカードが使えますので、分割払いを選択することが可能です。またクリニックによっては分割払いのプランを用意しています。

育毛剤とAGA治療費を比較

AGAクリニックは費用面のリスクが高いため、まずは育毛剤を使ってみる方がほとんどではないかと思います。そこで育毛剤とAGA治療の費用面で比べてみたいと思います。


AGA月額平均 5,500~32,000円/月
育毛剤月額平均 5,000~10,000円/月

単純に価格面だけを比較すると育毛剤の方が安いです。 ですが、育毛剤と薄毛治療は、根本的にそもそも全く異なります。 育毛剤は頭皮環境を整え「抜け毛を少なくする」のに対し、薄毛治療は医薬品を用いて根本的な体の内側の問題を解決した「発毛」を目的にしています。毛を生やしたい方にはそもそも育毛剤の選択が間違っています。発毛効果を得るためにはAGAクリニックの一択になるのです。

ジェネリック医薬品活用で維持費用を安く抑える方法

私が実践する薄毛治療の一番賢いオススメの方法です。 まず半年~1年AGAクリニックに通院します。そこで自分に最も効果のある治療を確立し、通院をやめます。その後フサフサを維持するための薬をジェネリック医薬品に切り替えて継続するという方法です。
ジェネリック医薬品は現在日本で入手できませんので、個人輸入しかありませんが通販サイトで購入可能です。 ただし、自己責任において治療を継続するためには充分な知識が必要です。

こちらの関連記事もあわせてご覧ください。
AGAクリニック通院後は、ジェネリック薬に切り替えるのがおすすめ

究極の格安方法は、「最初からいきなり自分でジェネリック医薬品を個人輸入し、薄毛治療を行う」というもの。これは、薬さえ飲めば毛が生えるという極端な考えの手段ですが、AGA治療薬には副作用が起こるケースがあるため必ず事前に血液検査などが必要です。また薬が一番効きやすい時期に自分に合わない薬を選んでしまうと、薄毛治療に失敗する可能性があります。体調を崩したり治療に失敗しては元も子もない話です。あまりにもリスクが高すぎますので絶対にやめてください。

まとめ

私自身、AGA治療は決して安くはありませんでしたが、薄毛が治ったことでコンプレックスが解消し、今では精神的な苦痛が取り除かれました。そういう面で考えれば費用を払っただけの満足が得られています。

薄毛に悩んでいるが金銭的に余裕がないという方は、予算感も含めて無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。 早ければ早いほど薄毛治療の効果も早く、料金も抑えることができますので、ぜひ行動へ移すことをオススメします。

近くにクリニックがないという方へ、遠隔治療で無料カウンセリングが可能なAGAヘアクリニックもあります。   

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談