ミノキシジルの副作用やリスク

ミノキシジルの副作用やリスクを解説します。ミノキシジルは現在最強の発毛成分です。ですから副作用を過度に恐れることで発毛の機会を逃すことになります。 どんな副作用の可能性があるかは頭に入れた上で、使用することをおすすめします。

塗るミノキシジルと飲むミノキシジルで副作用のリスクが違う

ミノキシジルは現在最も著効を感じられる発毛成分です。リアップ、ロゲイン、ポラリスのように塗るタイプのミノキシジルと、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とよばれる飲むタイプの2種類があります。

最も一般的な副作用は頭皮の痒みです。その他の副作用としては、確率は低く一般的ではありませんが以下の副作用があります。

・薬液の使用箇所におけるニキビの発生
・頭痛、意識朦朧
・多毛症
・性的不能
・重い低血圧
・不整脈、動悸
・皮膚の紅潮
・霞み目
・手、足、顔のしびれや痛み
・性欲減退
・胸の痛み
・急速な体重増加
・下肢、手、足、顔のむくみ

塗るタイプより飲むタイプは血液から直接、毛細血管を通して毛母細胞に働きかけますので効果は絶大です。その分、塗るタイプよりも副作用のリスクが高くなります。

最強の発毛薬、飲むミノキシジル「ミノキシジルタブレット」

飲むタイプのミノキシジルは、ミノキシジルタブレットという商品になります。略してミノタブとよばれています。この薬は非常に効果が高いです。

体内から直接毛母細胞に働きかけます。その分副作用のリスクが高いとされていますが、では飲むべきなのでしょうか?やめておくべきなのでしょうか?

もちろん最終的には各自の自己判断になりますが、私は最終手段としては試す価値がスゴくあると思います。

最初からミノキシジルタブレットを使用するのではなく、まずはフィナステリドや塗るタイプのミノキシジルなどを使用します。私もこの方法でした。

塗るタイプのミノキシジルであれば、副作用の発症率もかなり少ないです。塗るタイプのミノキシジルに一番多いのが頭皮のかゆみですが、これはミノキシジルの基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応ですので、 かゆみがひどくなった時点で使用を停止すれば問題ありません。重大な副作用になはりません。

塗るタイプのミノキシジルやフィナステリドを併用して改善しなかった時に、ミノタブを使用してみるという順序です。ただ、これらは自分で判断するよりもAGAクリニックの医師に判断を任せるのが一番リスクが低いです。

飲むタイプのミノキシジルでよく懸念されるのが、体毛が濃くなる多毛症です。ですが濃くなると言っても毛むくじゃらになる訳ではなく、あくまで以前と比べてという程度です。

ミノキシジルを使用するごく一部の人に副作用が発生し、それは医師のもとで行うことで重大なリスクにはならない、というのが私の体感です。

やはり個人輸入で自分で医薬品だけを購入すると、副作用が出た時の対応が自分一人になってしまいます。ここが通院治療との大きな違いです。

ミノキシジルを避けて育毛剤を使用するリスク

確かに市販の育毛剤は副作用のリスクは無いかもしれませんが、効果があると本当に思いますか?「いくら可能性が小さいからと言って、副作用のおそれがあるんだったら、副作用のない市販の育毛剤から試してみよう」とお考への場合。

市販の育毛剤はAmazonのレビューを見れば真実が分かるを読んで下さい。いかに育毛剤で薄毛が著しく改善したという、本当の口コミデータが見当たらないかが分かります。

効果のないものに時間とお金を使って、さらに治るはずの薄毛が治らなくなった人が後を絶ちません。

AGAクリニックの医師も、市販の育毛剤を使いまわしているうちに薄毛が進行して、手遅れになる人が多いと嘆いています。これを踏まえて自己判断してみてください。

薄毛はAGAクリニックで治療すれば本当に治ります

「薄毛は治らない」とか「産毛が映える程度で治ったことにされる」などは過去の話です。 ここ数年でAGAクリニックが躍進し、薄毛は治る時代になりました。著しく発毛し克服する人が後を絶ちません。

こんな時代に、育毛剤で時間を浪費するのは非常に勿体ないです。 無料カウンセリングを利用すればタダで自分の症状を診てもらえますので、行かない理由はありません。 手遅れになる前に、1日も早くお勧めします!

私がお勧めする、間違いない3つのAGAクリニックです

生の声! 通院体験談